「僕の携帯を使いたまえ」

警備員は私に向かっていったのです。

「リアリー?!」

私は思わず叫びました。
一体どこの国に、道に迷ったバカ日本人にやすやすと自分の携帯を貸す人がいるでしょう。
いました。
ここにいました。
日本の交番は、トイレも貸さない決まり事があるのに。
なんという親切な人。
あなたは道に迷った見ず知らずのタイ人に携帯を貸しますか?

私はまたもバカみたいに「サンキューサンキュー」を連発し、電話を借りました。

「もしもし?さくらだよ」
「へ?誰の携帯からかけてるの?」
「その辺にいた警備員の人」

貸してもらいながら“その辺にいた”とは失礼ですが、
長く説明している場合じゃありません。
とにかく自分の居場所を伝え電話の相手と落ち合うことが先決です。

「今何が見える?」、
「セブンイレブンとコダックがある!」
「う〜ん、タイにはセブンイレブンとコダックはそこらじゅうにあるんだよ。他には?」

私は十分な目印だと思ったんですが、相手にこう聞き返されてしまいました。
私は他の目印を探す前に“タイってそんなに開けてるんだ…コンビニなんてほとんどないと思っていたのに…”と、タイに失礼な感想を抱いたのでした。

「え〜…サブウェイがある」と、とにかく目に入ったモノをいうと、
「サブウェイね!サブウェイはそこしかないから!よし、そのまま携帯持ってサブウェイにいて。近くなったら電話する」

ああ、ありがとうサブウェイ。
オンリーワンのサブウェイ。
『カウサンロードでのお待ち合わせは、ぜひサブウェイで』
思わずタイ観光に来る日本人向けの宣伝文句を思いつきました。

やっと会える。
でも相手は簡単に“携帯持って”といいましたが、携帯は私のではありません。
とっさの英語も思い浮かびませんでしたが、
ここはとにかく警備員に頼むしかないので、私は振り向きざまに
「お願いお願い、もう少し電話貸して、友達がここに来るの、ココに、ココに」と、
拝みポーズと携帯を握り締めるポーズと自分の足元を指差すポーズをひたすら繰り返しました。
警備員はあからさまに顔を歪めましたが、この変なジェスチャーをしている日本人をこれ以上興奮させたらヤバイと思ったのか、渋々「OK、OK」と携帯を貸してくれました。

なんていい人なんだ!
私はまたバカみたいに「リアリー?!」を繰り返し、
自分のもののように携帯を握り締めていました。
ちなみに、その警備員の携帯の待ち受け画面は“ガンダム”でした。

→続く
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・タイ在記 入国〜カウサンへの道-4
2007年06月19日  [Web全体に公開]
・タイ在記 合流−1
2007年06月24日  [Web全体に公開]
【閲覧中】タイ在記 合流−2
2007年06月30日  [Web全体に公開]
・公式サイト更新
2007年07月04日  [Web全体に公開]
・選挙特番もお忘れなく
2007年07月04日  [Web全体に公開]

5件のコメント


  1. byほげ〜 on 2007年6月30日 @23時57分



    ガンダムおじさん(笑)




  2. by〆鯖 on 2007年7月1日 @4時19分



    必死さが伝わったんでしょうな(;´Д`)




  3. byみのっきー on 2007年7月1日 @6時43分



    ニュータイプか。




  4. byクロ on 2007年7月1日 @15時59分



    シャアのセリフの一つでも言えば、その警備員も喜んで貸しただろうに……




  5. byポンスケ on 2007年7月3日 @1時35分



    広田さんに似たタイ人なら、携帯貸しますよ(笑)。



ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。