全米で優勝して、まだまだ興奮冷めやらず、です。

モヤさんがラジオのインタビューで「ボクシングの試合の後ボクサーのように疲れ切っていた。痙攣していた。一人でジーンズも穿けなかったから、手伝った」と言っていたようです。

痙攣ってどこが痙攣?わからないけど、心身ともに疲れ切っていた。
というのが理由のようです。

そして、「ジーンズで会場行ってるの?」っていうのが一番の感想なんですけどあせあせ(飛び散る汗)

ウェアで行ってるんじゃないですか?

それはともかく、疲れ切っていたっていうのを言いたかったんですよね。と自分の中で理解してます。

それから、インスタでラファはホテルに戻る車の中からファンに向けてスペイン語と英語でメッセージを送ってくれましたね。

両方見ましたが、スペイン語のメッセージの最後に一際大きい声で「バモース!」って叫んだのが印象的でした。

なんだか嬉しかったハートたち(複数ハート)


[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・レイバーカップで練習
2019年09月18日  [Web全体に公開]
・しばらくのんびり
2019年09月17日  [Web全体に公開]
【閲覧中】ジーンズが一人で穿けないほどの疲労
2019年09月11日  [Web全体に公開]
・痺れる試合でした
2019年09月09日  [Web全体に公開]
・良い試合でした!
2019年09月07日  [Web全体に公開]

2件のコメント


  1. byラッキーポン on 2019年9月11日 @18時33分

    本当に、今回の優勝はドラマチックでしたね。最後の方はグランドスラムの回数なんてどうでもいいから、絶対勝ち切って!とさけんでました。どうしても、大逆転負けは避けたかったので。本当に最後の最後までラファ魂で頑張ってくれました。
    その演出に一役かったメドべ君w。将来が末恐ろしいですね。ラファは最後の方は、体力的にもやばい感じでしたが、彼はまだまだファイトできそうな感じでした。あんなといったら失礼ですが、細い体でスタミナがあるんですね。初めてのグランドスラムの決勝の場というのに、堂々とプレーしてもいました。

    なにはともあれ、しばらくはラファの優勝の余韻にひたって幸せな気分です。ラファもしばらくはゆっくりしてほしいですね。と思っていたら、マヨルカでゴルフしてるお写真?がでてたような。ホントじっとしてない性格なのでしょうかw。

  2. by柴子 on 2019年9月12日 @10時16分

    ラッキーポンさん、こんにちは。

    メドベーデフ、飄々とプレイしてましたよね。なんですか、23歳であの落ち着き。すごいです。でも、第3セットで負けた時のこと考えてたって言ってました。そんなことはおくびにも出さず、本当、末恐ろしい。それでもラファにはずっと勝ち続けてほしいです。
ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。