Numberの7月29日号にWmbledonの決勝についてチョットだけ書いてありました。わーい(嬉しい顔)

内容的には
「決勝で、ナダルはベルディヒの後ろにいるフェデラーと戦っていた。
フェデラーに対して『君の勝てなかったベルディヒに勝ったよ』と言ってるようだった」
みたいなことが書いてありました。
あとは、フェデラーに対抗するようなことをいつも言ってるとか…。

そうかなー?
私の印象だと、ナダルはどっちかって言うとフェデラー信者みたいなところがあると思うんだけど…。
たとえば、決勝でフェデラーを意識してたとしても、それはどっちかって言うと
「仇をとったようれしい顔」的な、意識の気がするんだけどなー。

ま、使われてる写真がけっこう可愛いので是非チェックしてみてください。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・テニスコートにて
2010年08月01日  [Web全体に公開]
・エビのパスタ
2010年07月30日  [Web全体に公開]
【閲覧中】Numberの記事
2010年07月26日  [Web全体に公開]
・サマーバケーション
2010年07月25日  [Web全体に公開]
・木曜から練習再開!!
2010年07月21日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。