2008.4.12デイファ有明

この日のメインは〜THE WIZARD OF OZ〜
OZアカデミー認定無差別級選手権試合
(王者)カルロス天野 対 尾崎魔弓(挑戦者)

この試合は、ザ・ドレスアップワイルドファイト&カベジェラ・コントラ・カベジェラ=敗者髪切りマッチ。

そう!タイトルマッチでもあり、ストリートファイト(凶器、反則自由)でもあり、更に負けたら丸坊主というとう条件に、更に「尾崎が負けたら校長の座を降りる」という、前代未聞のクリスマスツリーのようにキラキラ輝く冠だらけの、史上最大のタイトルマッチでもあった。


結果は勝者がカルロス天野(防衛に成功)
敗者は尾崎魔弓


リング上で尾崎は公約通り丸坊主になった。
そして尾崎は叫ぶ!

尾崎「髪の毛もな!校長もな!チャンピオンもな!みんな、お前(天野)にくれてやるよ!そのかわり、これから覚悟しておけよ!」

尾崎は坊主になってリングを降りた。
リング上には凶器として使われた蛍光灯の破片と、切り裂かれた尾崎の髪の毛が寂しそうに散乱していた。


さて、時は過ぎて
2008.8.10後楽園ホール
この日のメインは、OZアカデミー認定タッグ選手権試合
(王者組)カルロス天野&ダイナマイト関西組 対 尾崎魔弓&KAORU組(挑戦者組)

この試合はカベジェラ・コントラ・カベジェラ=敗者髪切りマッチ。
前代未聞の髪切り3本勝負。

負けたら1本1本その時点で髪の毛を切るという、最高3人が坊主になる可能性を秘めたサバイバルマッチだ。


結果は勝者が尾崎組。
敗者は1本目も2本目もダイナマイト関西。


2本連続で関西はフォールをとられ、坊主になり、その後引退が囁かれる程の精神的ダメージを負い、長期欠場となる「大事件」に発展してしまった歴史的な試合であった。


この日の尾崎の叫びはこうだ!


尾崎「やっと校長の座とベルトが、私の所に戻って来たよ!やっぱりOZは私が仕切らないと面白くないだろう!」

これは、尾崎魔弓の全てを物語る史上最高のマイクパフォーマンスである。



んっ!?


しかし、この名言には、1つの未だに明かされてはいない「大きな謎」が含まれている。


そう。


この髪切り3本勝負には、最初から「校長の座」なんてかかっていなかったという事。

そして、尾崎が戻ったと発言したベルトはシングルではなく「タッグ」のベルトだった事。



これは、尾崎の計画的な先を見越した発言であったのだろうか?

だったら凄い自信とプライドを秘めた最高のビッグパフォーマンスである。


それとも尾崎は間違えちゃったのだろうか?

だったらオザキではなくオチャメだ!


ありがとう
尾崎魔弓



いずれにせよ尾崎の大暴走はまだまだ続く。

そう誰かが尾崎を止めない限り、尾崎は危険なOZの国をまだまだ走り続けていくのであった!



つづく?
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・1月11日対戦カード決定!
2008年12月27日  [Web全体に公開]
・今日写メ! 「美香」
2008年12月26日  [Web全体に公開]
【閲覧中】尾崎魔弓 大暴走の歴史5
2008年12月25日  [Web全体に公開]
・今日写メ! 「メリークリスマス」
2008年12月24日  [Web全体に公開]
・今日写メ! 「笑顔」
2008年12月23日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。