A.クレイバノバ/F.スキアボーネ組が
64 62でD.ハンチュコバ/杉山愛組を破り優勝しました。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
元世界ランク1位のマリア・シャラポワ(22=ロシア)が約1年6カ月ぶりのツアー優勝で復活を証明した。世界ランク8位のエレナ・ヤンコビッチ(セルビア)に立ち上がり2ゲームを奪われたが、力強いストロークで攻勢に出て5ゲームを連取した。第8ゲームの途中で相手が右手首痛で棄権し、優勝が決まった。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
女子テニスの東レ・パンパシフィックオープンは第6日の2日、東京・有明コロシアムでダブルス準決勝があり、今大会を最後に現役を引退する杉山愛(フリー)はダニエラ・ハンチュコバ(スロバキア)と組んで、ヒセラ・ドゥルコ(アルゼンチン)、ナディア・ペトロワ(ロシア)組を7-6、7-5で降した。

日本選手のダブルスでの決勝進出は初めて。
3日のダブルス決勝が現役最後の試合となるたらーっ(汗)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
女子テニスツアーの東レ・パン・パシフィック・オープンは大会6日目の2日、シングルス準決勝が行なわれ、第7シードのJ・ヤンコビッチ(セルビア)が、第15シードのN・リー(中国)を6-4, 6-3のストレートで下し、決勝進出を果たした。

第1シードのD・サフィーナ(ロシア)をはじめ、上位陣が次々と早期敗退を喫している今大会において、勝ち残っている選手では最高位となる世界ランク8位のヤンコビッチは、同16位のリーに2度のブレークを許したものの、それぞれのセットで2度ずつのブレークに成功、1時間58分で決勝進出を決めている。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

ぴかぴか(新しい)東レ・パンパシフィック・オープンぴかぴか(新しい)


シャラポワ圧勝で準々決勝進出へexclamation×2


有明コロシアム、有明テニスの森公園コートで開催されている東レ・パンパシフィック・オープンは29日、女子シングルス2回戦で、M・シャラポワ(ロシア)が第12シードのS・ストザー(オーストラリア)を60、61と圧勝し、準々決勝進出を決めましたexclamation×2

[Web全体に公開]
| この記事のURL

40件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 6 7 8 >>