「K-1 WORLD GP」6.30(日)両国大会の対戦カードをどどん!と発表しました。というわけで各試合を3回に分けて見所解説します!


(1)村越優汰vsフォー・シャオロン
3月のタイトルマッチで卜部弘嵩選手を完封して初防衛したフェザー級王者の村越選手。今回の両国大会では中国GOHで8連勝中のシャオロンと対戦。会見ではブルース・リーが好きな“キャラクター”について話しましたが、超アグレッシブで一撃必殺の飛びヒザ蹴りを得意にしたファイトスタイルは村越選手にとっては危険そのもの。スーパーファイトで王者の強さを見せられるかどうかの一戦です。




(2)西京春馬vsホルヘ・バレラ
K-1ではフェザー級王座決定トーナメント決勝で敗れ、KRUSHでは1月にタイトルを失って、格闘家人生初の連敗を喫している西京選手。そこであえてフェザー級のトップ外国人バレラとの一戦が決まりました。僕は何度か話していますが、こういう追い込まれたところからどう巻き返すか?という西京選手を見たいと思っていて、この崖っぷちの状況で西京選手がどう変わるかがポイントでしょう。逆にバレラは小澤、村越、芦澤と戦ってきて、西京選手を撃破すれば、VS日本人の大きな壁になるはず!

 

Part.2に続く!

[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
【閲覧中】最速最強、両国決戦!スーパーファイト見所Part.1
2019年04月26日  [Web全体に公開]
・「K-1 KRUSH FIGHT.100」でした!
2019年04月20日  [Web全体に公開]