12月8日のK-1大阪大会に向けて武尊選手と皇治選手が公開練習を行いました。どちらも取材に行ったのですが武尊選手は試合に向けた感情を抑えている印象で、皇治選手は「タケポンはパンチじゃなくて蹴り」と分析しているところが印象的でした!

 

試合前のお互いのやりとりがクローズアップされていますが、1つの勝負としても興味深い一戦です。というかもう来週は大阪か~

 

[Web全体に公開]
| この記事のURL

 

K-1大阪大会まで2週間を切りました!

試合順も発表されて…今回はライト級世界最強決定トーナメントの決勝戦がセミファイナルで、王者・武尊vs挑戦者・皇治のスーパー・フェザー級タイトルマッチがメインイベントという形に。

 

これまでK-1ではトーナメントの決勝がメインという形だったので、それが今回は変わったことになります。それだけ武尊vs皇治への期待感があり、責任重大ということでしょう。2人がリングで拳を交える姿を見たいような…見たくないような…でもこういう大勝負こそ“K-1”ですね!!

[Web全体に公開]
| この記事のURL

11月Krushも終わったということで今日はおつかれラーメンいきました!……あまりに食べた過ぎて写真撮るの忘れました(笑)

 

というわけで今日は充電完了!12月K-1大阪、Krush後楽園に向けてがんばるぞーー!おおーー(笑)!!

[Web全体に公開]
| この記事のURL

 

昨日はKrush10周年記念大会、生中継を見ていただいたみなさん、ありがとうございました!!

 

メインイベントでは新世代の里見柚己選手がレジェンド山本真弘選手をKOするという形で大会を締めました。僕は2009年1月からKrushの解説を担当させてもらっているのですが、Krushはただの勝ち負けじゃなくて勝負を見せる場なんだと感じます。

 

Twitterにつぶやいたのですが「白星が一個増えることが勝ちじゃないし、黒星が一個増えることが負けじゃない。勝ち負けを味わえるのは「勝負」した人間だけだ。私は「勝負」する人間を尊敬するし、これからもそんな「勝負」で人が魅了される場所であり続けるだろう」と。

 

これからもそんな勝負をみなさんに楽しんでいただける解説をしていきたいと思います!

[Web全体に公開]
| この記事のURL

 

KHAOSが終わって、あっという間にKrush10周年大会。今回は記念大会ということもあり、タイトルマッチがなかったり、10周年にゆかりのある選手やカードが並ぶ大会となりました。

 

最近のKrushを見ているファンの人たちにとってはKrushっぽくないように見えるかもしれませんが、もともと何もないところからスタートしたのがKrush。キャリアがある選手も若い選手もごちゃまぜだったし、そこに初参戦の血気盛んな選手たちが飛び込んでいくのもKrush。そういう意味で僕はKrushらしい、10周年記念大会になったと思います。

 

というわけで明日はGAORAでも生中継!がっつりしゃべるぞーー!!!

[Web全体に公開]
| この記事のURL

12件中 1~5件目を表示


1 2 3 >>