改めまして、昨日は後楽園大会ありがとうございました。

色々ありましたけども、ダイヤの大阪からの2連勝が気になりますね。

なんだか最初は技も安定してなかったし、キッドとの師弟関係も見え辛かったし「ドラゴンの名が泣くぞ」と思ってましたね。

もちろん密かに人知れずトレーニングを積んだのかもしれないけど、やっぱりウルティモ・ドラゴン校長がいる部分が大きいのではないでしょうか。

だってダイヤも「ドラゴン」なんだよ?!

直系の孫弟子!

名前引き継いじゃったんだから。

そりゃー気合い入るだろ!

よくよく考えたら、4日の大阪大会も、ほとんどの試合を20代が勝った。

箕浦、ダイヤ、マシンJ、石田、Eita&清水、Ben-K…

8試合中6試合も。

この事実は大きいね。

あと2か月半で50歳になるワタクシは…

うん、なんかまた自分なりの感覚として「次のステージ」というか「これからのあるべき姿」というか…

見えつつあります。

これもね、校長という「先輩」を間近に感じれるようになったからですよ。

何せ、この15年間、俺には「先輩」も「年上」のレスラーも近くにいなかったからさ。

このタイミングでまた校長が同じ団体にいるのも、全ては必然じゃないのかな〜…

って、思ったりしてる。
iPhoneから送信
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
【閲覧中】マサに時代が動き始めてる
2019年11月08日  [Web全体に公開]
・マサに三週間ぶりの自宅
2019年10月28日  [Web全体に公開]
・マサにプロレスラー冥利に尽きる
2019年10月09日  [Web全体に公開]