もう一昨日のゲームになりますがダルビッシュVS涌井の壮絶な投手戦が見れました。昨年のアジア予選の1戦目と3戦目を日本代表として投げた両投手が意地をかけて投げ合いました。





立ち上がり少し気合いが足りないかなと思えるダルビッシュと、最初から素晴らしいピッチングをしてた涌井。6回からは気持ちもボールも乗ってきたダルビッシュ、終始切れのあるストレートと最高のコントロールをしてた涌井。

見ててこのまま引き分けで終わって欲しいと思うぐらいの投手戦・・・初めて見ました。


明暗を分けたのは10回です。先頭スレッジに四球、小谷野送りバントの後、西武ライオンズ・小野ピッチングコーチがマウンドに行きバッテリーに話しかけました。内容は想像ですが、「ファーストが空いてるから広く勝負しろ」もしくは歩かすかどうかを相談したはずです。

放送席にいた僕は「このタイミングで出て行かない方がいいな」と思っていました。これが第一の疑問。

結局勝負しに行ったのですが、ワイルドピッチで1アウトランナー3塁。ライオンズベンチはサヨナラのケースなんで満塁策を取りに行き、1アウト満塁。これが第二の疑問。

逆にファイターズベンチは代打に高橋信二を送りました。これが第3の疑問。放送で「工藤がいいと思う」と言ってたのですが、結果サヨナラヒットを打ちファイターズがサヨナラ勝ちしました。





僕なりの観点で解説させて頂くと、まず第一の疑問は、あの緊迫したゲームをあそこまで投げているエース・涌井にたいして失礼だと思いました。ベンチの仕事といえばそれまでなんですが、投げてるのが涌井ですから「お前に任せた」という「声」だけでよかったと思いました。

第二の疑問なんですが、放送でも言いましたが、サヨナラのケース=満塁策というのは古いしおかしいと思います。そこには満塁にするとインサイドに投げにくいピッチャー心理と体の近くに来たら当たってでも・・・というバッター心理が介在しません。そして四球を出してもいい状況でピッチングが組み立てられる配球ができます。

どんな形でもホームベースを踏まさなければ良いわけですから、ある一定のパターンにこだわらなくていいはずです。勿論、満塁策も一つの良い選択肢であります。


第3の疑問。これはファイターズ側なんですが、1死満塁でダブルプレーが最悪のケースで高橋信二。三振も内野ゴロゲッツーもありえる打者を送りました。僕ならバットに当てることができて、ダブルプレーの可能性が低い工藤を選ぶでしょう。結果1塁線を抜けてのサヨナラタイムリー。セオリーより梨田監督の勘が冴えてたという事になりますが・・・。





でも、1番の問題はあの1死満塁で何故涌井がストレート3球続けたかという事です。それまであんなに丁寧に変化球を使って、両サイドを使ってたのに最後の最後の場面で真ん中にストレート3球・・・2ストライク後に「次は外に変化球でボール、振ってくれれば儲けもののところに投げます」と話してたのですが・・・想像ですが悪い意味の開き直りがあったと思います。


それは最初のベンチがマウンドに行った場面や、満塁策がベストではないという涌井の気持ちがあったのかもと考えてしまいます。


勿論、全員が全員勝つ為にいろいろ考えてベストの選択だと思ったことを実行してるのですが・・・難しいですね。選手の気持ちばかり考えてもいけないし、といってそこをないがしろにしては長いシーズン乗り切れる筈もないし、ほんとに野球は難しく、奥深く、だけどそこが面白く、楽しく、多くの人の感動を呼ぶんでしょう。


僕自身も放送席で岡目八目的に野球が見れますから、色んな勝手な事を言えますけど、いざベンチに入ったら
その時の感情が入ってしまってセオリーもなんもない、わけの分からない野球をやってしまうと思います。


最高の投手戦な中で「まだまだ勉強せなアカンな」・・・そんな事を考えてました。








[dW50aXRsZWRswA.bmp]







[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・卒団式
2008年04月03日  [Web全体に公開]
・日本ハム本社
2008年03月30日  [Web全体に公開]
【閲覧中】ダルビッシュVS涌井
2008年03月29日  [Web全体に公開]
・元祖ラーメン横丁・「けらあん」
2008年03月28日  [Web全体に公開]
・田中賢介
2008年03月27日  [Web全体に公開]