こんにちは!今シーズンのプロ野球が全て終了しました。

西武ライオンズの日本一という開幕前には誰も予想しなかった結果で幕を閉じたわけですが、僕のシリーズ予想も外れてしまいました。内容は皆さんも知ってると思うのでここでは省きますが、とにかく良いシリーズでした。松坂、川上の両エースがしっかり抑えてカブレラ、和田、立浪、谷繁と打つ人が打ってほんとに見ごたえがあるシリーズでした。何でも新聞によると視聴率が過去何年かで最低だったようですが、今年は色々あり過ぎて仕方ないです。でも来年はそうはいかない筈ですよ。その理由を以下に並べてみます。

1、新球団の参入ー2球団の参入の可能性。楽天・ライブドア・ソフトバンクと、今までに無い発想を持ってる経営者が入る。自動的にパ・リーグは間違いなく面白い。
それとジャイアンツしか知らなかった東北の人達が野球に興味を持つ。


2、巨人、阪神ー補強しなかった中日の優勝で、原因は監督、コーチ陣にありと考え、経営陣は厳しい目で見る。必然的に監督、コーチはありとあらゆる考えを模索する。
自動的にセ・リーグが面白くなる。


3、何より「ファンがあってのプロ野球」と球界全ての人が認識した。


簡単には以上ですが、特に3は今年のような問題がないと中々深く考えないものです。
そういう意味でもストライキはありましたが、今年の再編問題は新しい球界の発展にとっては、ほんとに良かったと思います。前回少し書きましたが、僕の在籍した近鉄がなくなるのは部分的に納得いかないとこがあるんですが、ここは黙っておきましょう。

結果的にプロ野球がファンに感動を与え、子供達に夢を与える、そんな場所になってくれたらいいです。
では。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・山井→岩瀬
2007年11月02日  [Web全体に公開]
・「塞翁が馬」No.30
2004年11月04日  [Web全体に公開]
【閲覧中】「塞翁が馬」No.29
2004年10月28日  [Web全体に公開]
・「塞翁が馬」No.28
2004年10月20日  [Web全体に公開]
・「塞翁が馬」No.27
2004年10月13日  [Web全体に公開]