こんにちは!
キャンプも終盤にかかってきましたが、先ずはここまでのファイターズの投手陣の報告します。
答えから言いますと良いキャンプと言えます。何より頭数が揃っています。
昨年はダルビッシュと八木がどこまで出来るか未知数の部分があったのですが、
今年はハッキリと計算できます。
八木の仕上がりが少し遅いかなという感じはありますが、
ワインドアップをやめセットポジションに戻す事でこれから上がってくると思います。
ダルビッシュはほんとに凄い!彼の可能性は松坂よりも凄いものがあると僕は思っています。
もし松坂と同じようなトレーニングを積んで同じぐらい高い意識を持ち続ければ、
本当に歴史に名前が残るようなそんなピッチャーになると思います。
ダルビッシュについては又あらためて書きたい思います。
その他の投手では昨年楽天にいたグリン、エース金村、新外国人スイーニーと
これで5人で回せます。
中継ぎのも伊藤が復活の兆しがあるし武田久も元気。
これにマイケルが加わって3人で上手く中盤以降を回せば
そんなに崩れないんじゃないでしょうか?
マイケルも抑えと決め付けない方がいいと思います。相当研究されるでしょうから、
昨年のようにはいかないと思います。
あと、調子の良い須永、武田勝、建山、ルーキー宮本なんかを上手に使っていけば
大丈夫でしょう。
いずれにしてもダルビッシュと八木次第というのが今年の投手陣だと思います。
2人で25勝、これが優勝へのノルマです。

打者の方は新外国人グリーンがマシ−アスよりは確実にいいです。
変化球についていけるし、右にも打てる。何より選球眼がいいです。
とはいっても小笠原の数字はうめられるはずは無く、
他に金子洋平なんかの新星が出てこないと厳しいです。
SHINJOの穴は数字的には埋めれます。
ですが、ここがファイターズ一番の問題なんですが、
昨年のように札幌ドームのファンを戦力に持っていけるかどうかです。
あの声援は本当に4番バッター並の戦力になっていました。
SHINJOが抜けた事で勝たないと球場まで足を運んでくれないはずです。
そのためには開幕からドンドン勝っていってファンを勝つ事で楽しませないとダメでしょう。
北海道にほんとの意味でファイターズを根付かせるのは今年次第!
ソフトバンク(旧ダイエーホークス)が福岡に完全に定着したように一気にいきましょう!では。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・「塞翁が馬」No.73
2007年03月23日  [Web全体に公開]
・「塞翁が馬」No.72
2007年03月08日  [Web全体に公開]
【閲覧中】「塞翁が馬」No.71
2007年02月19日  [Web全体に公開]
・「塞翁が馬」No.70
2007年02月05日  [Web全体に公開]
・「塞翁が馬」No.69
2007年01月25日  [Web全体に公開]