何故か関西出身の人だけが沢山来ていました。
この2人の周りにはいつも笑いがある。
兵庫の金村さんと京都の片岡。




あまりダルビッシュを知らない片岡は普通にインタビュー。




羽曳野出身のダルビッシュと藤井寺の近鉄というだけで幼なじみのように話す金村さん。




八尾の岩ちゃんと大阪のおれ。




このメンバーが集まってる輪の中には入らないようにしてる。餌食になってしまう・・・。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

今日は明日からの連戦を控えてか軽めの練習。ピッチングをしたピッチャーはいなかった。その分ノックなどで体を動かす。

左から木下、山本、吉川の期待若手3人衆。




選手以上に楽しそうな吉井コーチ。




全部終了して引き上げるスウィーニー。たくさんのファンからのサインの要望にイヤな顔せず明るく引き受けてた。ナイスガイです。





捕手陣も並んでゴロ捕球。チームによっては内野手よりノックを受ける。フットワークや野球の足腰を作るのにゴロ捕球は最適。



[Web全体に公開]
| この記事のURL

続き photo


摘んだ実をこの手作りマシンで皮をはいでいく。




中からこれが出てくる。
まだコーヒーの香りは全くしない。




この豆をまたもこの手作りマシンで焙煎。中に入ってるのはナント土鍋。遠赤効果を出す為らしい。
ここで初めてコーヒーの香り。焙煎すればするほど深く濃いコーヒーの香りがする。




そしてコーヒーが出来る。美味しい。




「ヒロ・コーヒー・ファーム」のオーナー足立浩志さん。大阪の十三出身で現在も千里中央に家があるらしく大阪話で盛り上がる。




元々は、ハワイでコーヒー園の手伝いをしてて、日本で無い事に気付いてどうしてもやりたくなったらしい。
色々コーヒーに合う土地を探していってこの沖縄の東村に辿り着いた。全て自力で作った家や小屋や農園。凄まじい思いがあったと思います。今はやり遂げた男の柔らかい表情をしておられました。
息子さんが一緒にいて「自分の代では無理だけど、息子の代で大きくなる」「その時には全国に無農薬の美味しい豆を供給できる」と仰ってました。

大きな夢と毎日の単純な作業・・・何でも一緒やな。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

一昨日行ってはみたものの休日で飲めなかった無農薬のコーヒーが飲める「ヒロ・コーヒー・ファーム」に昨日再チャレンジしました。国頭から小1時間かかりましたが、何とか辿り着きました。
原野を切り開いて自分達で作った店兼自宅。




向こうに白いネットがかぶさってるのがコーヒーの木。




お客さんはこの小屋でコーヒーを飲む。




コーヒーの木、赤い実がコーヒーの果実。




摘んでいく。




続く・・・
[Web全体に公開]
| この記事のURL

4件中 1~4件目を表示


1