たった今、ファイターズが優勝しました。感動・・・・。
このコラムで何度か、世の中で1番素晴らしいもの、それはスポーツの感動と言ってましたが、
ファイターズが 証明してくれました。
SHINJOの涙・・・あんなに綺麗な涙はSHINJOも2度と流せないでしょう。

僕は今シーズン最も感動したシーンはセ・リーグの優勝が決まったゲームの
落合監督の涙でした。
普段あれほど冷静で何事も我関せずという態度のあの落合さんが
ほんとに人目はばからず号泣してる・・・僕は丁度ファイターズのゲームで
札幌のホテルだったのですが、そのシーンを見て涙が止まりませんでした。
あの落合さんがまるで子供のように拭っても拭っても出て来る涙を隠そうともしない・・・
あのタイトルを何度も獲っても平然としてた落合さんが崩れてる・・・。
みんな、どんな名監督もどんな偉大な選手も1人の野球少年・・・そう感じてました。
さっきのゲーム後・・・大喜びのファイタ−ズの選手と
静まり返ったドラゴンズの選手が映されてましたが、
その感動と裏腹に、「勝者と敗者」の「明と暗」。
あの10・19の次の日の朝、故仰木監督は仰いました・・・「天と地の差」。
今、おそらくドラゴンズの選手は無念な気持ちと、
やっと終わったシーズンでホッと した気持ちが交差してると思います。
でも、明日のなれば思うでしょう・・・「天と地」。
そしてこの気持ちが又、僕たち野球好きに感動を与えてくれる源になる。
野球ってほんまに素晴らしい!もう一度ユニフォームを着てグラウンドに立ちたい・ ・・
そう思いました。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1