明後日、2月26日はKAIENTAI DOJO後楽園ホール大会。

なかなかに豪華なカードが揃った中、自分のカードはというと…。

CHAMPION OF STRONGEST-K選手権試合
真霜拳號 vs GENTARO

これまであまり公言してこなかったが、GENTAROさんは自分の師匠である。

自分が入門した当時、KAIENTAI DOJOはまだ団体では無くプロレス学校で、そこでコーチとして指導をしていたのがGENTAROさんだった。

一般的に自分の師匠に当たる代表からは、実際のところはほとんど教わったことが無く、プロレスの基本的な技術を教えてくれたのは、GENTAROさんの他、何人かいたコーチ陣なのである。

その中でもGENTAROさんは、自分のプロレス人生にとって、ある種特別な存在。

それは何故かというと…入門してからこれまでで、自分の中で明らかにプロレスのレベルが上がった瞬間というのが何度かある。
それはちょっとしたレベルでは無く、開眼したと言ってもいいくらい、プロレスについて理解した瞬間。
自分の中でのターニングポイントと言ってもいい。
その一つが、GENTAROさんの練習だったのだ。

そういうこともあって、自分の中でGENTAROという選手は、その当時のイメージが強かった。
が、このタイトルマッチが決まり、前哨戦を戦って、そのイメージは完全に覆された。

リング上には、自分が思っていたスタイルとは180度違うスタイルのGENTAROがいた。
根本的な部分こそ変わっていないが、フィニッシュホールドも違えば、試合の組み立て方、技のチョイスなど、あらゆる部分が当時とは全く違う。

だが、それは言ってみれば当たり前のこと。
自分に10年の積み重ねがあるように、GENTAROさんにも10年分の積み重ねがある。
お互いに、当時とは全く違うということである。

当初、この試合は純粋な技術戦になると読んでいた。
が、GENTAROさんのスタイルが変わっていたことで、単純にそういう試合にはならないという思いが強くなっている。
もちろん、技術の競い合いの部分もあるだろうが、それ以外の部分での戦いも大きくなりそうである。

それはどういうことかというと…より純粋な“プロレス”の戦いになりそうだということである。

チケットのご予約、お問い合わせ等は mashimo009@yahoo.co.jp まで。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・3/18
2012年03月13日  [Web全体に公開]
・3/11
2012年03月05日  [Web全体に公開]
【閲覧中】2/26
2012年02月24日  [Web全体に公開]
・3/7
2012年02月17日  [Web全体に公開]
・2/12
2012年02月03日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。