6日の新日大田区総合体育館では獣神サンダー・ライガー選手の感動的引退セレモニーがあったばかりですが、7日の記者会見で第三世代の一角である中西学選手が、2.22後楽園での引退を発表しました。
既に2.19後楽園がタイガー服部レフェリーの引退記念大会として決定しており、新日は2月の後楽園4連戦の最初と最後に引退記念大会が行われる事となります。
更には4日には闘い5日にはタッグを組んだ、ライガー選手の同期でありライバル・佐野巧真選手も、Instagramで「卒業」という表現で引退を表明しました。

ライガーさんと服部レフェリーの引退は昨年から明らかにされていましたが、佐野選手までも…(中西選手については、小島聡選手はしばらく前に本人から聞いていたとの事なので、昨年中に決まっていてドーム〜大田区終了まで発表を伏せていた可能性もある)
それにしても、遂に第三世代からもか…ただ中西選手は過去にやっぱり頚椎で長期欠場があった訳で、よくぞ今日までという気持ちもあります。
引退される皆様、長い間お疲れ様でした。

[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
【閲覧中】引退ラッシュ
2020年01月08日  [Web全体に公開]
・年越しプロレスをインフルエンザが直撃
2019年12月31日  [Web全体に公開]

1件のコメント


  1. byセクシーターザン on 2020年1月8日 @16時33分

    吉野様も中西選手も遂に来るべき時が来たかと思いました…故障抱えて無理してるの分かってたので

    “もしや遠からず…”と覚悟していましたが、やはりショックです(´。`)

    ファンとして本人の決断と最後の日迄を見守りたいと思います、生観戦は叶いませんが勇姿を確と焼き付けます!!
ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。