歯医者に通い始めたのと今月がNHK受信料の支払い月(私の場合は6ヶ月一括=年2回払い)で今月は金欠確定なので、15日の大日本横浜文体の生観戦は早い時点で諦めていて、サムライTVの22時からのリピートを録画しただけ。
16日休憩中に週モバの試合結果を見直したら、大会オープニング前にビリケンのライヴがあったとの事。
これ自体は言ってしまえばいつもの事なんですが、そこに添えられていた一言が。
「なお、ビリケンは10月13日におこなう横浜でのライヴを最後に解散する。」
……マジかよ……
解散までの短い間、商店街プロレスに来てくれるかなぁ。
行ける直近の大会は……と思ってチェックし直したら、すぐに22日にプララ杉田がありました。
一度でも多く「ワッショイ!」やりたい。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
アイスリボン9.14横浜文体では、現在空位となっているICE×∞選手権の王座決定トーナメント決勝戦・世羅りさvs雪妃真矢がメインで行われる予定です。

このタイトルが何故空位になったかというと、8.3大阪で行われた雪妃真矢vs藤本つかさのICE×∞選手権が時間切れ引き分けとなった為。プロレスに限らずほとんどの格闘技のタイトルで引き分けは王者の防衛となるのに対して、私の知る限りこのICE×∞は現存唯一の例外。引き分けは王座剥奪となる為、勝たなければ防衛出来ないタイトルなのです。

現存唯一と書きましたが、過去にあったかというと私が知っている唯一の例がゼロ年代のNOAHにありました。
グローバル・ハードコア・クラウン無差別級王座、通称白GHC。
現在のDDT EXTREME級王座をメジャーが先取りしていた様な試合毎の特別ルールはひとまず置いておいて、基本ルールは15分1本勝負・引き分けはタイトル移動というものでした。
但し、実際に引き分け移動があったかというと、実は引き分け自体が一度も無かった。唯一、モハメドヨネvs森嶋猛のチェーンデスマッチで両者KOになりましたが、この時は試合続行の意思表示をした王者ヨネ選手が勝者扱いで防衛となっています。

となると、「絶対勝たなければ駄目」を実践している唯一のタイトルがICE×∞なのか。存外過酷な気もしてきました。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
DDT11.3両国国技館「Ultimate Party〜DDTグループ大集合!〜」は、現DDTグループ4団体(DDT、BASARA、ガンバレ☆プロレス、東京女子)が一堂に会する最初で恐らく最後の機会となります。(年内一杯でBASARAが独立する予定の為)
8.25後楽園の大会終了後、スクリーンで発表された参戦メンバーは実に81人。しかしこれよりもっと増える可能性は十分あります。
いちばん近い所では、発表メンバーに入っていない青木真也選手が、9.1EDION第二でKO-D無差別級王座を奪取して、以後防衛を続けた場合。ほらこれで一人増える(あくまで可能性です)。
そうでなくとも、翌日の11.4には同じ国技館で大日本の両極譚。高木大社長と登坂社長、二人が揃って2日間通しチケット以上の仕掛けが無いとは思えないんですが……

それに先立って、この日一番の歓声が起こったというのが、セミ前に発表された国技館のスペシャルマッチ。

アントーニオ本多&山下実優
VS
ケニー・オメガ&里歩

今やAEW副社長のケニーが5年ぶりにDDT参戦!
「僕らはまたケニーと一緒にやりたいと思っている」とバックステージで語ったという大社長。のみならず、現KO-D無差別級王者の竹下幸之介選手なども、ケニー選手との対戦を希望しているようです。
両国に先立つ9.1からはコーディ・ホール選手が参戦するなど、外国人選手の動きも活発になってきているここ最近のDDT。この先AEWと業務提携……とかあるんだろうか?(AEWと上海OWEは業務提携していますが、日本の団体とはまだ無いはず)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
毎週の通りに水曜日(昨日)に本屋に行ったら、棚にまだ先週の週プロが。
そうだ。今週はお盆進行で発売日がズレるんでした。ならば発売日は?

17日土曜日、G1増刊号と同時発売の予定です。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
新日G1 CLIMAX 29の8.8横浜文化体育館大会メインで石井智宏選手を破った鷹木信悟選手が、「新日本としては横浜文化体育館、今日が最後の開催らしいな」とコメントしたのを週モバで読みました。
京浜圏のビッグマッチ会場で最後の「昭和の体育館」と言える横浜文体が、来年12月に建替えの為閉館となります。

1962年の開館から58年での閉館となり、跡地には新施設「横浜ユナイテッドアリーナ」のメインアリーナが2024年オープンの予定です。これに先駆けて現文体の隣接地(移転した高校の跡地)にサブアリーナ「横浜武道館」を建設中で、こちらは文体閉館前の来年7月オープンの予定です。
来年のG1の日程はもしかしたら東京五輪の影響を会場面でモロに受ける可能性もありますが、新日の歴史を踏まえて8.8横浜を固定している('88.8.8横浜文体で、藤波辰爾vsアントニオ猪木のIWGPヘビー級選手権・60分フルタイムドロー)ならば、来年は新設の横浜武道館での開催となるでしょうか。

文体は今月下旬から1ヶ月間、今年最後のプロレス開催ラッシュになります。
8.25OZアカデミー
9.1WRESTLE-1
9.14アイスリボン
9.15大日本
果たして来年、横浜文体の掉尾を飾るのはどの団体になるのか。
何処か観に行こうかなぁ。


[Web全体に公開]
| この記事のURL

1427件中 21~25件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>