真冬に突入して以来、体が悲鳴を上げています。

これまではアキレス腱とか肘とか手首とか、
体の隅っこ(?)が痛かったのですが。

最近痛いのは脇腹とか腹筋とか背中とか。

どうも体幹部分が痛いのです。

これはどういうことなのでしょう?

体幹の筋肉が衰えてきているのか?

それとも体幹をきちんと使えるようになってきたからか?


確かに以前に比べれば小手先でごまかして打つような
そういう怠慢プレーは減ったと思います。

前回も書いたように、レベルが高いところでは
基本を守らないと対抗できません。

基本を守ったプレーは体にきついです。

肩を入れる、膝を曲げる、股関節をたたむ、
上半身を捻る、腰を切る。

きちんとやると相応に体に負荷がかかります。


先日スクールのコーチのるみちゃんに

「クリタさん、ボールが伸びてくるようになったよ」

と誉められました。

体が痛いので、力を入れて強く振り切るよりも
ゆっくりと、きちんと打つようにしたことが良かったようです。


ただ、痛いのはやはり勘弁して欲しいです。

体が慣れてきたら改めて筋トレしようと思います。

あと心配なのは、本当は単に衰えてきているだけ、
なのかもということ。

どっちにしても筋トレだな。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・リターンの名手
2014年02月18日  [Web全体に公開]
・テニスがまた進化する
2014年01月28日  [Web全体に公開]
【閲覧中】体幹が痛い原因
2014年01月16日  [Web全体に公開]
・基本をサボって向上なし
2013年12月26日  [Web全体に公開]
・中上級者の定義
2013年12月12日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※管理者による確認後にコメントが掲載されます。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。
※この記事へのコメントは管理者による確認の後、Web全体に公開されます。