ポーチ、それはダブルスの華。

良いサーブが入ったら、そこに前衛がセンターに飛びだす。

リターンが相手の足元に沈んだところに素早く前に詰める。

ボレーボレー戦になった時にチャンスと見て飛びこむ。

自分がそんなプレーを決めたらどれほど快感か。

そんなパートナーがいてくれたらどれだけ楽か。

仮にポーチが決まらなくても、そうやってプレッシャーを
かけてくれるだけで相手のプレーに迷いが生じます。

ダブルスはポーチしてナンボ、です。


と、頭ではわかっていても、これがまたなかなか難しい。

もしストレートを抜かれたらどうしよう、とか。

届かなかったらカッコ悪い、とか。

ミスしてネットやアウトしたらヤバイ、とか。


僕もついついポーチに出るのに躊躇してしまいますが、
そんな僕が最近好きなポーチがあります。

それは「縦ポーチ」。

平行陣であっても、セオリーではボールに近い方が
前に出る「ミニ雁行陣」をとります。

クロス側が前に出てしまうとセンターに穴が空くからです。

当然相手も基本はクロスに打ち返してきます。

そこで、ボールに遠いクロス側のプレーヤーが
相手のクロスへの返球を読んで一気に前に詰めて
ボレーを決めるのが「縦ポーチ」です。

こちらが平行陣の時に相手が打ってくるボールは
「クロス」「ショートクロス」「センター」「ストレート」「ロブ」です。

普通に平行陣を取っていて、クロスの足元に沈められたら
ローボレーを強いられて苦しくなります。

相手前衛がポーチに出てくる可能性もあります。

ショートクロスもうまく打たれたらピンチです。

返球が浮く上にこちらのサイドに穴が空いてしまいます。

センターへの突き球はお見合いする可能性もあります。

ストレートとロブを警戒していると、ポーチに出られないし。

万能に見える平行陣のミニ雁行陣ですが、
意外とやってみると守りのボレーになりがちです。



そこで「縦ポーチ」です。

クロスのボールが沈む前に打てるから足元のリスクなし。

ショートクロスもネット近くで打てれば単なる緩い浮き球。

センターも前に詰めていればお見合いせずにカットできます。

もちろんネットに詰めて打つので高い打点、早いタイミングで
打てますから、かなりの確率でミスせずに決められます。

ストレートはパートナーが動かずにケアできるので問題なし。


唯一のリスクはロブを上げられた時だけです。

特に前に詰めたところでクロスへのロブを上げられたら
これはもう万事休すです。

だから、相手の態勢やラケット面を見て「ロブはこない」と
確信した瞬間に一気に前に詰めていきます。

よほど剛球が飛んでこない限りは何とかなります。



この縦ポーチ、意外と使い勝手が良い割に
使い手が少ないんですよね。

横へのポーチ(ホントは斜め前ですが)よりも
真っ直ぐ出て行くだけの縦ポーチの方が
技術的にも難易度は低いと思うのですが。

ああ、でも反射神経だけはいるかな。

正面衝突になるのでボレーの反応が悪い人には向いていません。

と言うか、ボレーの反応が悪い人は
そもそも前に出てこないでステイバックをお勧めしますけどね。

雁行陣でも強いペアは強いですから。

なんでも前に詰めれば良いってもんじゃありません。

あれ、「縦ポーチ」の話なのに、なんて締めなんだろう。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

僕もテニス歴34年になりました。

シビアな競技テニスの経験はありません。

ずっと遊びのテニスですが、遊びなりに
道具にもこだわってテニスをしてきました。

と言うか、草トーレベルのプレーヤーにも
プロとは違う道具へのこだわりが必要なのです。

ひとつは経済性。

お金がもらえるわけでも、メーカーから用具提供を
受けているわけでもないのですから当然です。

もうひとつは体への優しさ。

あくまでも趣味のテニスです。

体を壊してまでやる必要はありませんし
なるべく長く楽しみたいですから、これも当然。

そんな僕の道具へのこだわりのひとつがグリップです。

実は僕はグリップテープ(正しくはオーバーグリップ)を
使っていません。

どうしているかというと、グリップが擦れて滑りやすく
なってくると、交換用グリップに巻き直します。



テニスを始めた34年前、
テニスラケットのグリップは本革でした。

あれは滑るんです。

しかもウッドラケットは重くて、扱いづらい。

スイートエリアも狭くて、ちょっと芯を外せば
簡単にクルッとラケットが回ります。

だからグリップテープが世の中に広まった時には
猫も杓子もグリップテープを巻くようになりました。

もちろん、僕も巻いていました。


だがしかし。

いまのラケットのグリップはクッション性の高い
シンセティックグリップです。

握りやすくて滑りません。

ラケットも進化して、スイートエリアは広大です。

少々芯を外してもラケットが回るほどのことは
滅多にありません。

僕はラケットの元グリップの感触の良さを
味わってからはグリップテープを巻かなくなりました。

今はだいたいガットを張り直すタイミングで
交換用グリップに巻き直すとちょうど良い感じです。

交換用グリップは1000円~1500円くらいですから
2ヵ月も使えばグリップテープより経済的です。

手にフィットしてインパクト情報もダイレクトに伝わります。

なにより毎回グリップテープを巻く手間がかかりません。

良いことだらけです。



でも世の中のテニス愛好家を見ていると
大半がやっぱりグリップテープを巻いています。

「巻くもの」だと思いこんでいるからでしょうが
面倒くさくないんでしょうか?

それに、すぐにダメになってもったいないなぁ、
なんて思わないのかなぁ。

不思議です。


*この記事に関してはこちらもご参照ください。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
フォアハンドが好き、得意という人は多いと思います。

なぜなら初心者の時から一番練習しているショットだから。

打ちやすいしパワーも出せる。

バック側に来てもフォアに回り込むという人も多いです。

僕もそうです。

ただフォアハンドの全てが得意かと言うと、
実はそうではありません。

そもそもフォアハンドは融通が利くだけに
フォームが固まらず悩みだすとドツボにはまりやすい。

僕は膝から腰あたりの低いボールは良いのですが
胸から頭くらいにきた高いボールが苦手です。

このあたりの高さにくると、どう打って良いのか迷います。

上から押さえつけるように叩くのか。

スライスでコントロールするのか。

ただどちらも浅くなりやすいショットです。

本当はスピンをかけて深く威力のあるボールを
打ちこみたいのですが、フォアの高い打点で
スピンをかけて打つのはかなり難易度が高いです。

理屈はわかっても、そう簡単にできることではありません。



山本麻友美プロは得意ショットがフォアハンド。

プロの中でも屈指の威力あるフォアを打ちこみます。

もちろん僕が頭を悩ましている高い打点からでも
簡単にガツーン!と打ちこんできます。


彼女は頭より高い打点のボールであっても
ジャンプして打ち込んできます。

しかもジャンプしていても見事なバランス。

上から下まで軸がしっかりしていてブレません。

体幹が鍛えられているからこそでしょう。

ただジャンプしているからと言って、
錦織の「エア・ケイ」とは違います。

エア・ケイは敢えて高い打点から打ち込むために
わざわざジャンプしているフォアのジャックナイフです。

山本プロは「下から上」のラケットワークを実現するために
下半身をフルに使うから結果的に飛び上がってしまうのです。


さて、理屈はわかりました。

軸を保って、バランスを崩さず、打点をしっかり前にとって
下から上へスイングをしながら、前へ押し出していく。

言うのは簡単ですが、まあやってみればわかりますが、
とても無理です。

まともにラケットにボールが当たりません。

さすがプロ、というべきでしょう。

ただ、そこまで高いボールは難しくても、
胸から肩くらいの高さのボールなら何とかなるかも。

山本プロのフォームを参考に練習してみます。

ガツーン!といけば良いですが。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
半月更新をさぼってしまいました。

いろいろ書きたいことはあったのですが、
つい本家の「コーカイ日誌」にテニスネタを書いてしまったので
こちらに似たようなことを書くのもなぁと思って。

で、新しいネタ。

先日の日曜日にまた山本麻友美プロとテニスをしました。

いつもの僕とM本さんに加えて、S藤くん、
そして新人のK林くんが新しく参加。

K林くんは中学高校と軟式テニスをやっていて
軟式で全中にも出場したことがあるそうで、
豪快なフォアハンドはさすが全中と思わせます。

山本プロもお父上が軟式テニスの指導者ということもあり
K林くんのプレイに注目していました。

特に「軟式ならではのダブルスの駆け引き」が
いたく気に入ったようでした。

確かに軟式出身者というのは、やりこんだ人ほど
駆け引きが巧みです。

よく言えば積極的、悪く言えばウザい。

硬式テニスしか知らない人間からすると
そんなにあれこれ動かれたらペアまで戸惑うわい、と
文句を言いたくなるほどです。

特に前衛に立っている時の動きが独特です。

硬式の人なら硬式ならではのパターンというか
確率的な定石に従って動きます。

こういう時はここにボールが来る確率が高いから
ここに動く、みたいな。

しかし軟式の人はよりトリッキーで、
むしろ自分が動くことで相手を混乱させて
ミスを引き出そうとしているようです。

シングルスがない、ダブルスだけの軟式だからこそ
どんどん駆け引きが深化していくのでしょう。

それに硬式のように打たれたボール自体に
パワーとスピードがあるわけではないので、
その分、駆け引きの重要さが増すのでしょう。

つい軟式経験者というと、ぐりぐりのフォアハンドとか
癖のあるバックハンドばかりに目がいきがちですが、
駆け引きの巧みさもぜひ注目したいと思います。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
春のテニスでもっとも問題なのは風です。

テニスは気象条件に左右されるスポーツですが
とりわけ風が強いとプレイが難しくなります。

特に僕は風が苦手です。

と言うのも、強打で相手を打ち抜くテニスではなく
相手の裏をかいてコントロールするテニスだから。

緩いボールは風の影響を大きく受けます。

狙った通りにはなかなかコントロールできません。

とりわけ生命線はロブです。

速いサービスが入った時のロブリターン。

短いボールを打って前におびき出してのクロスロブ。

ボレーボレー戦の途中でのロブボレー。

追い込まれた時にセンターに高々と上げる逃げのロブ。

これらのロブの精度が風の影響で落ちると
テニスが苦しくなってきます。



先日の週末。

土曜日は屋外、日曜日は屋内でした。

土曜日は風が強くてかなり苦労しました。

それも少し斜めの横風。

風上、風下なら影響も計算しやすいのですが
斜めからの横風は計算が難しいです。

ただ助かるのはスマッシュも難しくなること。

高いロブは、コート外に押し出されさえしなければ
かなり威力のある「必殺技」になります。



逆に日曜日は屋内ですから無風です。

ロブもかなり狙い通りに上げられます。

ただ、屋内ではスマッシュも打ちやすい。

単に風がないからというだけではなく
屋根があると打つ時に遠近感が掴みやすいし
そもそも高々と上げると屋根に当たってしまいます。

意外と屋内もロブ使いには善し悪しなのです。


まあ環境に合わせてテニスを変えるのが一番。

風が強い時は風の影響を受けないボールを打つか、
風を利用して相手を戸惑わせる。

風上からなら低めの速いスピンロブが
影響を受けにくい。

スライスロブは風に乗って落ちてきませんから
入りさえすれば難しいボールになります。

逆に風下からのロブは思いっきり振っても入るし
相手もスイングと軌道でアウトと思いこみやすいので有効。

無風でも雲ひとつない青空やナイターでの夜空は
遠近感が掴みにくいので高いロブを上げる。

いろいろ工夫していけばロブひとつでも
かなり使える武器になります。


あと、ロブを上げたらロブで返ってくることも多いので
スマッシュやハイボレーの練習も不可欠。

できたらドライブボレーもできると良いんですけどね。


ロブが巧くなったら、次は決めにいくプレー。

テニスの技術は単体ではなくつながりですからね。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

93件中 36~40件目を表示


<< 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 >>