相変わらずサービスが悩みです。

プロですらサービスに悩んでいたりするのですから
お楽しみプレーヤーにとっては永遠の課題です。

もっとも気になるのは「安定感」のなさ。

調子の良い時は気持ち良く入るサービスが
ダメな時はファーストは入る気がせず、
セカンドは入れるだけになります。

入れるだけのセカンドは、レベルが低いうちはともかく、
相手が上手くなればチャンスボールとばかりに
ハードヒットをくらって叩きこまれてしまいます。

スクールのコーチに「サービスがダメ」と相談したら
「軸を安定させてみましょう」と言われました。

体の軸がぶれるから、きちんとラケットに当たらないと。

じゃあそのためにどうするかと言ったら
右足を後ろに上げましょう、というアドバイス。

いまは右足が横、もしくは前に流れるので
全体に左に軸が傾くし、頭も下がるし、体も開くと。

なるほど、それは一理あるかもと思って、
右足を後ろに上げるようにして打ってみました。

確かに軸がぶれません。

体の開きが抑えられているかどうかはわかりませんが、
ラケットにきちんと当たるようになりました。

おかげでセカンドよりもファーストの確率が上がりました。

まだ自分のものにはなっていないので
回転もかけにくいし、コースも狙いにくいのですが
当たりそこないが減ったのは効果大です。

もう少し打ち込んで、体の使い方が身についてきたら
サービスの悩みも少しは解消するかも。

まあどうせ次の悩みが発生するのは間違いないんですが
とりあえず少しずつでもステップアップできれば良いかな。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1