遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

本年も細々でもテニス日誌を書き続けていくつもりです。

よろしくお願い申し上げます。


さて、新年のご挨拶をしている割に、
テニス自体は2015年に入って半月で6回。

昨年終盤から体調も良くなったので、
テニスする機会も順調に増えてきています。

回数に応じて調子も上がれば良いのですが
昔から風と寒さに弱く、この時期の屋外は不調続き。

ただ屋内は快適なので、気持ちよくテニスできています。

フェデラーも芝以外ではインドアが得意ですから
似たようなものかと(全然違う)。


なぜ風と寒さが苦手かというと、話は簡単です。

寒いとモチベーションが上がらない。

怪我が怖い。

そもそも外に出たくない。

年とともに根性がなくなってきているので
冬のテニスは苦手です。


プレースタイル的にはロブが難しくなります。

僕のテニスは強く打ち抜いていくタイプではなく
どちらかというとタッチを生かしていくタイプ。

強打よりもアングルやドロップやロブを駆使します。

特にロブは好きで、相手を前に誘い出して
ひょいとロブで抜くのが常道です。

ところが風が強いとロブの精度がかなり下がります。

それにロブを打てばロブで返ってくる確率が高いのですが
風のせいでスマッシュが難しくなるのも問題。

強風の日は自分のパターンが使えずに
打ち合いを強いられるのでストレスがたまります。


本当は冬の間はずっと屋内が良いんですけどね。

もっとも春も風が強いから屋内が良いし、
夏も直射日光が辛いので屋内が良いんですけど。

秋以外はずっと屋内でいいかな。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1