敬老の日。

スクールのイベントで本村剛一プロのレッスン会がありました。

本村プロと言えば強烈なフォアハンドストローク。

でもアップを見ていると、サーブもボレーも当然うまい。

スマッシュだって強烈だし、その上、左手でも打ち始めました。

左利きかと思うほどスムーズに肩が回っていて
我々レベルのスマッシュより威力があります。

はぁ、大したものだなと感心するばかりです。


レッスン会のテーマは「チャンスボールを決める」。

グリップによって打ち方が変わるということ。

打点が遅れてはダメということ。

前に踏み込みながら打つということ。

なるほどと心にメモをしました。


そしてレッスン会の最後に2ポイントマッチ。

本村プロ1人に対してスクール生はダブルスで勝負。

僕の1ポイント目のサービスはワイドを狙いました。

スクールのコートはかなり速い上に横が狭いので、
プロと言えどもいいところに入れば取りづらいはず。

狙いよりは少し甘く入りましたが、浮いてきたリターンを
ペアがきちんとオープンコートに決めてくれました。

まずは1ポイント取れました。

ここまでどのペアもポイントを取れていなかったので
ギャラリーも沸きます。

次のポイントはボレーミスであっさり取られて
いよいよ勝負の3ポイント目。

今度はセンターを狙ってサーブを打ちましたがフォルト。

セカンドは敢えての緩いサーブ。

山本麻友美プロにも効く、プロの世界ではあり得ない
緩くて浅くて弾まないサーブ。

しかしさすが本村プロは油断していませんでした。

しっかりガツンと速いリターン。

これを腰のあたりでフォアでファーストボレー。

手応えばっちり。

我ながら自画自賛したいくらい深くてペースのある
ボレーが本村プロの足元に飛んでいきました。

このボールを本村プロがネットにかけて2ポイント目ゲット!

なんと勝ってしまいました。


勝ったご褒美に賞品も貰いましたが、
それより何より、あのファーストボレーです。

会心のショット。

山本プロにいつも「ドSリターン」を打ち込まれている
その練習の成果が出たと思っています。

本村プロ、そして山本プロ。

ありがとうございました。

これからも精進します。



[Web全体に公開]
| この記事のURL

昨夜の山本麻友美プロとのテニス。

僕のサービスゲームで延々とデュースが続きました。

僕のペアはボレーの上手いK下くん。

プロのペアはSさん。

スコアは1-1。

デュースサイドのSさんに対しては脱力サービスが
ちゃんと効果をあげてポイントが取れます。

リターンミス、もしくはK下くんがポーチ。

ところが山本プロには全然通用しません。

15オール、30オール、デュース。

全部デュースサイドでポイントを取っても
アドサイドで取られました。

そこからも延々と同じことの繰り返し。

山本プロに速いサービスを打っても
タイミングが合うだけでダメかと思って
わざと緩いサービスを打っても叩きこまれてしまいます。

じゃあとばかりにワイドに良いファーストが入ったのに
ダウンザラインにキレイなパッシング。

センターに打って前に詰めても得意のフォアで
剛速球リターンを喰らいラケットを弾かれます。

緩めにワイドに打ってアングルを予想して前に詰め、
自画自賛できるほどキレイなファーストボレーを打ったのに
それも次にセンターに叩き返されました。

K下くんが思い切ってポーチに出ても
ミスらされるか届かないか、ストレートを抜かれるか。

2人でダブルバックで構えても、センターを打ち抜かれるか
アングルに決められる。

特に後半は、Sさんが4回連続でリターンミスしたので
ますます山本プロが本気を出してしまい、
全部「無慈悲な」リターンを叩きこまれました。

よくあれだけハードヒットを続けてミスしないものだと
そのドSっぷりに感心するばかりです。

結局最後はブレイクされてしまいましたが
僕のサービスゲームだけで15分以上かかって
すっかりヘロヘロになりました。

試合自体は僕の2回目のサービスをキープして
4-3で勝つことはできましたが、
その時にはもうプロが本気モードではありませんでした。

大人げない(?)とでも思ったのか、
自分の性癖を出し過ぎたと反省したのか。

久々に本気のドSショットを容赦なく打ち込まれて、
ゾクゾクと楽しかったドMオヤジでした。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1