全豪を見ていて思ったこと。

それは、常にテニスは進化しているということ。


今大会のフェデラーは全盛期に近い状態でした。

サービスもフォアハンドも切れていたし、
ボレーも相変わらず巧みでした。

バックハンドも進化してより強く叩いていました。

なのに、相変わらずナダルには負けてしまいました。

それだけナダルも進化しているということです。

守備力の高さは昔からですが、攻撃に転じる速さが違います。

より前に出て、よりアグレッシブにエースを狙っていく。

フェデラーが進化しても、それを上回る速度でナダルも進化する。

これではフェデラーはナダルに善戦しても勝てません。


ところがバブリンカはそのナダルを凌駕しました。

もちろんナダルが途中から背中を痛めたという
アクシデントはありました。

しかし、1セット目のナダルはまだ状態が良かったのに
バブリンカに押され続けてセットを奪われました。

バブリンカはフェデラーと同じく片手バックハンドです。

それなのにフェデラーを苦しめたバックに高く弾んでくる
ナダルのボールを、バブリンカは苦にしませんでした。

むしろバックに来たらそれをクロスやダウンザラインに
強打してナダルを押し込んでいました。

バブリンカはジョコビッチ戦でも完全に打ち勝っていました。

この時もバブリンカのバックはフォアと同様の
強力な武器となっていました。

バブリンカは同じ片手バックでありながら、
フェデラー以上の攻撃力をもって2強を打ち破ったのです。


準々決勝でナダルと対戦して惜敗したディミトロフも
同じく片手バックハンドです。

ディミトロフもナダル相手に拮抗した戦いを見せて
フェデラーも奪えなかった1セットを取りました。

片手バックハンドはスライスやドロップショットが
打ちやすいのでテニスに緩急をつけられます。

いまのテニスでは強打一辺倒では勝てません。

緩急をいかに巧みに使うかがポイント。

片手バックハンドは終わったテクニックかと思われがちですが
まだまだ通用することを、バブリンカとディミトロフが示しました。

テニスは進化し続けているのです。


フェデラーが登場して一気にオフェンスレベルが上がりました。

速いテンポでエース級のボールを打ち続ける攻撃的なテニス。

フェデラーのテニスは革命的で、フェデラー以前の選手を
全て駆逐してしまいました。


そして、そのテニスに勝つためにナダルやジョコビッチのような
ディフェンス能力の高い選手が登場しました。

どれだけ攻められても拾い続ける広い守備範囲と、
エース級のボールを打ち返しエースを奪うカウンター能力。

マレーも含めた3人はそうしてフェデラーを倒しました。

そしていまナダルやジョコビッチの守備力を打ち破るため
より高い攻撃力をもった選手たちが出てきたのです。

強打だけではなく、展開の速さと緩急の巧みさ。

ナダルを苦しめた錦織ももちろんその一人です。

そしてフェデラーが復活できるかどうかの鍵も
そのあたりにあるだろうと思われます。

その前にフェデラーは体調が万全であることが大事ですが。


まだ1~2年はせめぎ合いが続くことでしょう。

そう簡単には壁は崩せません。

しかし、数年後にはより進化した攻撃型の選手が
テニス界のトップに君臨するのではないかと思います。



[Web全体に公開]
| この記事のURL
真冬に突入して以来、体が悲鳴を上げています。

これまではアキレス腱とか肘とか手首とか、
体の隅っこ(?)が痛かったのですが。

最近痛いのは脇腹とか腹筋とか背中とか。

どうも体幹部分が痛いのです。

これはどういうことなのでしょう?

体幹の筋肉が衰えてきているのか?

それとも体幹をきちんと使えるようになってきたからか?


確かに以前に比べれば小手先でごまかして打つような
そういう怠慢プレーは減ったと思います。

前回も書いたように、レベルが高いところでは
基本を守らないと対抗できません。

基本を守ったプレーは体にきついです。

肩を入れる、膝を曲げる、股関節をたたむ、
上半身を捻る、腰を切る。

きちんとやると相応に体に負荷がかかります。


先日スクールのコーチのるみちゃんに

「クリタさん、ボールが伸びてくるようになったよ」

と誉められました。

体が痛いので、力を入れて強く振り切るよりも
ゆっくりと、きちんと打つようにしたことが良かったようです。


ただ、痛いのはやはり勘弁して欲しいです。

体が慣れてきたら改めて筋トレしようと思います。

あと心配なのは、本当は単に衰えてきているだけ、
なのかもということ。

どっちにしても筋トレだな。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1