人はよく夢を語ります。

と言っても、その夢には本気の夢もあれば
単なる憧れ、妄想に近い夢もあります。

世界一周をしたい、という同じ夢を語っていても
本気でやろうと準備をしている人もいれば、
言ってるだけで何も行動を起こしていない人もいます。

もちろん本気で夢を実現しようとしている人は素晴らしい。

でも憧れを言ってるだけの人だって、
きっかけがあれば動き出す人もいるかも知れません。

だから「口だけだろ」とバカにしていると
いつかその人が変わっていることもあり得ます。


テニスの話にします。

テニスプレーヤーも夢を語る人がたくさんいます。

以前、20代半ばの初心者なのに「プロになりたい」と
言う女性がいました。

もちろん笑って終わりです。

実際、彼女はどれほどの努力をすることもなく
テニスをやめてしまいました。

ただ僕だって当時は下手くそだったのに
「優勝したい」と思っていました。

大した違いはありません。

血のにじむような努力をしていたわけでもないし、
真剣に考えていたわけでもありませんでしたから。

でもどんな大会でも良いから優勝してみたいと思っていました。

それから数年経って、幸運に恵まれて優勝できました。

以降、大会に出続けていれば時々優勝できることもありました。

小さな夢でしたが、夢はかなったのです。


真剣にテニスをしたかと聞かれれば微妙です。

そこまでの努力をしたかと言われると首をかしげます。

おちゃらけてテニスをしていたわけではないですが
あくまでも趣味だからと思って、楽しんでやってました。

ただ少しずつテニスにはまっていって、
以前よりは練習の量も質も向上しました。

結果、実力もそれなりに上がったことは確かです。


いまのテニスにおける夢は「山本プロに勝つ」ことです。

もちろん、山本麻友美プロと知り合って
テニスを定期的にしてもらえるようになってから芽生えた夢。

こちらは世界一周旅行どころか、宇宙旅行並みに
難易度が高い、困難な夢です。

さすがにシングルスで勝つことは考えていませんが、
ダブルスなら可能性は全くのゼロではないかも。

現時点では宇宙旅行並みの可能性でも
この先ずっと続けていれば世界一周旅行並みになるかも。


最初は本気で打ってもらうこともなかったのが
3年半経って、それなりに相手をしてもらえるようになりました。

じゃああと3年半経ったら、7年経ったら、どうなっているのか。

右肩上がりを続ける僕のテニスと
徐々に落ちてくる山本プロのテニスが
どこかで交錯することがあるのか。

あくまでも夢ですから、かなわなくても良いのですが、
そのために小さくても歩みを進めるかどうかが
結局大事なことだと思っています。

それがないと、惰性でテニスをしているだけに
なりかねませんから。


あー、でも7年経ったら還暦目前だなぁ。

いつまで右肩上がりが続くんだろう?

ちょっと不安。







[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1