山本麻友美プロとゲームをしていると、
いくつか必殺パターンがあります。

もちろん、殺されるのは対戦しているこちらですが。

多分、一番頻発するパターンが

ショートクロス→さらにショートクロス→もっとショートクロス→
浅くなったところを広く空いたセンターにドカーンと叩きこまれる
→おわり

このパターンは本当に必殺で、初期の頃は1本目の
ショートクロスを呆然と見送っていました。

中期になるとショートクロスの打ち合いだけで決められました。

最近は最後にセンター、までわかってはいるんですが、
どのタイミングで来るかわからないので、
ショートクロスと両面待ちをしていて決められてしまいます。

しかし、ただただやられるばかりでは悔しいので
なんとかこのパターンを破りたいと考えていました。

と言っても、ストロークの打ち合いでは分がありません。

せいぜいショートクロスの打ち合いをせず、
早めに相手前衛を狙っていくくらいです。

もちろん、前衛の実力次第でポイントは取れることもありますが
仮にうまくいってもプロからポイントを取ったとは言えません。

で、残る策としては、前衛に立っている時に、
最後のセンターへの強打をポーチに出ることです。

男ならポーチ一発!です。

ただ、これも口で言うほど簡単ではありません。

まずセンターに来るのはボールが浅くなった時。

山本プロは前に出ながら余裕を持って打ってきます。

なのでその態勢から、センターだけではなく
ショートクロスもスピンロブもドロップショットも打てるのです。

しかも近いところから、しっかりためての強打ですから
そうは簡単に手が出せません。

これまで何回、何十回も「あー、無理…」と思って
自分の横を抜けて行くボールを見送ってしまいました。

ラケットを伸ばせば手が届きそうなところなのに。


しかし。

人間は進歩する生き物なのです。

昨晩、ついに僕は手を伸ばしました。

足も踏み出しました。

勇気ある一歩と、決死の覚悟。

山本プロのセンターへの強打をポーチできたのです。

手ごたえは十分。

ガツンとラケットに当たったボールは、
見事に前衛の足元を抜けていきました。

むふふふ。

思わず笑みがこぼれます。

これでまたさらにプロはプレイの質を上げてくることでしょう。

いや、もうちょっと上げててきているかも。

最近、前に立っているとボディへ飛んでくることがあります。

今まではボディにはあまり来なかったからビックリして
ラケットに当てても弾かれることが多いのですが
すでにこれは今回できたポーチを読んでの布石かも。

いよいよプロの本気ショット全開が近いのかも知れません。

桜も満開、プロも全開。

ますます楽しみになってきました。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
昨日のサークル練習後のお茶会の時のこと。

S木ちゃんに「今日は調子良かったね」と言う話をしたら、
「あんまりボール見ないようにしたんです」とのこと。


S木ちゃんはテニス歴7年。

でもまだテニスは初級者レベルです。

と言うか、技術はそれなりに上がってきているのですが
ゲームをすると先にミスをしてしまい、なかなか勝てません。

しかし昨日は中級以上の女性陣に混じって
かなり互角に打ち合っていました。

昨日のテニスを見ていると中級者レベルに近づいています。

その秘訣が「ボールを見ない」。


僕はなるほどと思いました。

テニスは「ボールをよく見ろ」と注意されます。

特に初心者に教える時にはそう言ってしまうものですが、
実はあまりボールを見ていると逆にラケットに当たりません。

言われなくたって、打とうとしている以上、
誰だってボールはしっかり見ています。

なのに、それ以上に「見ろ」と言われたら、
じっと見つめてしまって体が動かなくなるのです。

それではラケットをスムーズに出せません。

足も止まってしまって適切なポイントまで動けません。

僕でも暗いナイターテニスなどではボールが見えなくて
ついじっとボールを凝視してしまいミスショットが増えます。

「だいたいこれくらい」で打つ方が暗いところでは正解。

ボールを「見過ぎる」のはかえって失敗の元なのです。


さらに。

ボールを打つには実はたくさんの情報が必要です。

方向、深さ、速さ、回転がどうなっているのか。

相手と自分のペアはどこに立っていて、どう動こうとしているか。

こういう情報を得た上で、自分がどういうボールを打つかを
決めなければなりません。

ボール「だけ」見ていたら、実はボールを打てないのです。

ボールを中心とした全体を見ていることが必要です。

昨日のS木ちゃんは、ボールばかりを見ないようにしたから、
相手の動きも見えていたそうです。

だから逆をついたり、ロブを上げて逃げたり、
オープンスペースに打ちこんだりということができていました。

それだけの技術はすでに身についているのに
今までそれが発揮できていなかったのは、
「ボールを見ていたから」だったのです。


以前、T西(テニス仲間でインカレ単複ベスト8)と
山本麻友美プロと一緒にテニスの話をしていた時に
彼らが口を揃えて同じことを言っていました。

リターンの時はサーバーのインパクトを見て、
次はサーブのバウンドするところを見る。

インパクトを見ればコースも回転もわかるから
後はバウンドを見てリターンを合わせれば良い。

飛んでくる途中のボールを見る必要はない、と。

高いレベルではサービスがかなり速いですから
ボールをじっと見ていたら反応できないらしいのです。

レベルは違いますが、ボールを見ないで
他の情報を得て打とうとしているということでは同じです。

テニスのヒントはいろいろなところに転がっています。


[Web全体に公開]
| この記事のURL

最近、僕のテニスの研究テーマ(大げさ)のひとつに
試合の「流れ」というやつがあります。

これはある程度のレベルになるとわかると思いますが、
いつもと同じようにテニスしているつもりなのに
なぜかポイントやゲームが簡単に取れたり、
逆にまったく取れなくなったりすることがあります。

流れが来ているなと感じる時には
普通にプレイしているのに、相手があっさりミスをしたり
こちらのミスショットがうまい具合にフェイントになったり。

逆に流れが相手にわたってしまうと、
良いショットを打っても偶然のようなカウンターが返ってきたり
攻めて攻めて攻め込んで、結局決め切れずにミスをしたり。

大抵2~4ゲームくらい、そういう状態が続きます。


昨日のテニスもそうでした。

僕とS井くんが組んで、相手は山本プロとS子(男性)さん。

S井くんと組んでいる時点で大いに不利なのは確かですが、
それにしてもというくらいあっさりやられていました。

ところが0-3とリードされてS子さんのサービス。

これも2ポイント取られていよいよヤバイという時になって
急に流れがこちらにきました。

別にこちらが特にプレイを変えたわけではないのに
ポイントが急に楽に取れるようになったのです。

このゲームをブレイク、次の僕のサービスゲームもキープ。

さらに山本プロのサービスまでブレイクして3-3のタイに。

この3ゲーム、それまでミスしていたショットが返っていき、
逆に相手のショットが微妙にアウトしたりネットしたり。

ほんのちょっとした差なのですが、それがポイントに、
そしてゲームにと結びついていきます。

これでS井くんが「スーパー」状態になれば勝利間違いなし、
と思ったのですが、そうは問屋がおろしません。

力んだS井くんがせっかく来た流れを自ら断ち切るようにして
サービスダウンしてしまいジ・エンドでした。


山本プロに聞いた話では、人工芝コートの方が
こうした「流れ」が偏って長く続く傾向があるそうです。

科学的な話ではありません。

あくまでもプロの世界の経験則による話です。

流れは実力を超えて勝負を左右します。

流れが来ていると、そこそこ実力差がある相手にも
意外と簡単に勝ててしまうことがあります。

特に我々のやっているようなノーアド6ゲーム先取、なんて
形式の草トーでは、流れだけで番狂わせを起こせます。

だからこそ、この「流れ」というやつの正体を、
無理ならせめて尻尾を掴まえられないかと思っています。

流れが来たら、どうやって手放さないで維持するか。

流れが相手にいったら、どうやってそれを断ち切るか。

特に流れがいってしまうと、こちらの方が力は上でも
相手にリードされて、ますます焦ってドツボにはまります。

間をおく、とか、いつもと違うことをしてみる、とか、
いろいろ工夫はするのですが、なかなか相手にいった
流れを断ち切るのは難しいのです。

なんとか有効的な手段を見つけたいと思っています。


[Web全体に公開]
| この記事のURL
山本麻友美プロとテニスを始めて3年経ちました。

この3年間で自分のテニスがどれくらい変わったのか、
このあたりで一度自分なりに整理してみようと思います。
ちなみにつけた点は自己採点で10点満点。


【テクニック】

・ストローク 2点→6点(+4)

もっともプロのお陰で向上が著しいことのひとつ。
とにかくプロテニス界でも屈指のハードストローカーだった
山本プロと打ち合っているわけですから、
それで向上しないはずがありません。
伸びのあるボールに対して「ため」が作れるようになったので
安定感がかなり増してきたと思います。

・ボレー 4点→7点(+3)

ストローク同様、プロの強烈な突き球を返しているうちに
自然とコンパクトにボレーできるように変わってきました。
特にファーストボレーは確率が上がり自信がつきました。

・サービス 2点→3点(+1)

残念ながら自分ではあまり進歩の感じられない部分。
プロの強烈なリターンを喰らわないように
コースの打ちわけ、緩急などの配球は工夫していますが、
ボールの威力自体はあまり変わっていません。

・スマッシュ 3点→5点(+2)

プロを相手にスマッシュ練習すると、永遠にロブが
上がってくるので必然的にスマッシュを打つ回数が
増えて上達しました。


【タクティクス】

・プラン 4点→7点(+3)

こう打って、こう返ってきたら、それをこう返して、さらに…
というポイントごとの組み立て、またゲームを通じてのプランを
かなり考えられるようになりました。
もちろん技術的にできないことはできないので
残念ながら限界はありますが。

・かけひき 6点→8点(+2)

山本プロの特徴のひとつはかけひきの巧さ。
特にポーチに出る出ないとか、サービスのコースとか
常にかけひきを考えながらプレイしています。
もともとかけひきは好きなので磨きがかかってきたと思います。

・観察力 5点→6点(+1)

相手のプレーの特徴や心理状態を観察して
その後のゲームプランやかけひきに生かす力ですが
まだまだなのでプロに学びたい部分です。


【メンタル】

・冷静さ 7点→7点(0)

もともと落ち着いてプレーしている「あがらない」性格なので
プレッシャーがかかっても冷静にプレーはできています。
あまりこの点に関しては変化なし。

・闘志 4点→6点(+2)

どこかで「勝てなくてもいい」「楽しければいい」という
勝負にこだわりきれない部分が以前にはあり、
肝心なところで勝負弱かったのですが、
プロとテニスを始めてから決勝戦での勝率が上がりました。
最後まで強い気持ちで戦えるようになった成果だと思います。

・集中力 3点→3点(0)

集中力には相変わらず自信がありません。
常に周りを見回しているタイプなので
一点に集中するのは苦手です。


【フィジカル】

・持久力 4点→5点(+1)

きついテニスを2時間続けても最後まで体力が
続くようになりました。

・瞬発力 4点→3点(-1)

3年間で確実に落ちてきている部分。
加齢によるものなので仕方ないと思っています。

・筋力 4点→4点(0)

筋トレをして衰えをカバーしています。
なんとか維持をしている部分です。

・視力 2点→1点(-1)

この3年でもっとも衰えを感じる部分。
もともと見えてなかったのに、最近はひどいです。
ほぼ暗いところでは勘で打っているようなもの。

・回復力 4点→3点(-1)

これまた年齢に応じて確実に落ちてきました。
2日連続でテニスした後はボロボロです。


と言うことで、トータルで16点のプラスでした。

結構なプラスだと思います。

特にテクニック面ではかなり良くなっていますし
タクティクスでも学ぶべきところが多く勉強になっています。

加齢によるいかんともしがたいフィジカル面の劣化を
このあたりでカバーしてあまりある結果です。

まあ以上はあくまでも自己採点なので、
山本プロやテニス仲間はどう思っているか、
本当はそんなに上達していないよ、と思われているかも。

でも本人が実感している手応えはなかなかなものなので
50歳を超えてまだ進歩していることは確かだと思います。

山本プロに感謝しつつ、今後もますます楽しんでいきます。


[Web全体に公開]
| この記事のURL

山本麻友美プロと初めてテニスをしたのが2010年3月。

ちょうど3年が過ぎました。

この3年間で200回近く一緒にテニスをしましたし、
食事も何回かしましたが、とにかくテニスも性格も男前。

見た目は普通の可愛らしいお嬢さんなんですが、
そのルックスに騙されると大変です。

まあ男前なエピソードを挙げ始めると
彼女のイメージを損ないそうな場合も多いので控えますが、
とにかく見た目ほど「女の子」はしていません。

まったく、していません(笑)。


そんな山本プロが昨日珍しく女の子に変身しました。

いつものごとくゲームをしていて、
いつものごとくS井くんの上にチャンスボールが上がりました。

ネット近くにいた山本プロがS井くんが振りかぶったのを見て
ポジションを下げようとした時のこと。

人工芝コートにシューズが引っかかってしまい、
危うく後ろに転倒しそうになりました。


「キャッ!!」


まるで女の子のような甲高い悲鳴を上げた山本プロ。

いや、もちろん女の子なんですけど。

でもテニスしている時には我々の方が女の子扱いされるほど。

山本プロを女の子なんて思っていたらボコボコにされます。

ところが、今まで聞いたことがないような「女の子の声」に
我々オヤジ一同がビックリしてしまいました。


山本プロは幸い転倒は免れましたが、
転びかけて態勢を大きく崩しています。

そのままボールを彼女の方に打てばポイントは
決まりますが、驚いたS井くんは見事にフレームショット。

ボールは大きくアウトしてしまいました。

S井くんはたださえチャンスボールを決められないのに
あんな悲鳴を聞かされたら100%ミスをするに決まっています。

山本プロは「あんな声を出したのに平気な顔で
決められたら、それもショック」だということでしたから
さすがS井くんはGJでした。

まああの声を聞かされても平然と決められるのは
性格が冷たいことではサークル1のマッキーくらいなものです。
(これは山本プロも合意しました)


それにしても本当に3年間で一度も聞いたことがない
山本プロの「女の子」の声。

いつも話している声も低くてドスがきいていますから
あんな高い声が出ること自体に驚いてしまいました。

人には普段見せない顔というものがあるものです。

まあこれには少し本人も照れたのか、
その後は普段にも増してニコニコ笑いながら
ガンガン決められてしまいましたけどね。

「女の武器」はここぞで使うものなので
また3年間くらいは封印されてしまうかも。

さて、次回はいつ聞かせてもらえることやら。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

8件中 1~5件目を表示


1 2 >>