2012年もそろそろ終わり。

 

今年のテニスも全日程を終了しました。

 

振り返れば、今年は故障が多い一年でした。

 

まるで錦織圭になった気分です。

 

 

年の初めから春までは肘の痛み。

 

夏からはアキレス腱。

 

秋には膝、そして脇腹。

 

そして冬の到来とともにまた肘でした。

 

 1年中どこか痛くて、思いっきりプレーできたのは

果たしてどれだけあったことやら。

 

 

お陰で今年は体を労わるサポートギアを

次から次へと購入してしまいました。

 

アイシング用ギア、エルボーサポーター、

ニーサポーター、機能性インナーetc.

 

エルボーサポーターだけで3種類購入。

 

機能性インナーは高価なSKINSから

超低価格なミドリ安全(おたふく手袋)まで

各種取り揃えて試してみました。

 

価格は数倍違いますが、機能はそんなに違いません。

 

しかし、高いものはそれなりに良いことも確か。

 

機能性インナー比較については

また機会があれば改めて書こうかと思っています。

 

 

それからアキレス腱の治療のために

山本麻友美プロに勧められて初めて鍼灸院に行きました。

 

肘の治療のためにスポーツ整形外科に行き
ステロイド注射も打ちました。

 

初めてのことだらけだった2012年です。

 

 

あれやこれやで、ちょっとお金はかかりましたが、

何とかヨレヨレながらも最後まで走り抜けられて良かったです。

 

来年はもう少し故障防止に気を使いながら、

でもプレイ回数はなるべく控えずに

テニスを楽しんでいこうと思っています。

 

[Web全体に公開]
| この記事のURL

クリスマスイブの24日。

 

いつもの東山屋内コートが確保できたので

メンバーに声をかけてテニスをしようと思いました。

 

今年は12月の割に随分と寒い。

暖かい屋内コートでテニスできるなんて天国!

 

そう思って、わんさかメンバーが集まるかと思いきや。

 

集まったのは50代のオッサンばかり。

 

辛うじて一人、40代前半がいましたが、

女性も30代以下の若い衆も参加しません。

 

はあ?

 

みんなそんなに「リア充」ばかりじゃないでしょ?

 

そりゃトヨタカレンダーは出勤日だから

トヨタ関係の人は仕事だろうけど。

 

子どもが小学生以下ならサンタも必要かも知れないけど。

 

実は見栄張って「予定があっていけません」って言った人、

正直に手を挙げてみなさい。

 

ほら、わかってるんだから。

 

そんなわけで、オッサンばかり集まって

みっちり2時間テニスしてきました。

 

で、あと2時間コートは取れていたけど、

50代なら
 

「今日のところはこれくらいにしておいてやらあ」

 

と立ち去るのがマナーです。

 

ま、体調崩しちゃいますからね、やり過ぎると。

 

寒い時期ですし、皆様ご自愛ください。

 

[Web全体に公開]
| この記事のURL

テニスエルボーがひどいことになっているので、

仕方なく月曜日にスポーツ整形外科に行って

ステロイド注射を打ってもらいました。

 

痛みは本当に軽くなりましたが、

もちろん完治したわけではありません。

 

特に寒い中でのテニスは怖いので、

最近はすっかりテニススタイルが変わりました。

 

まずサービスはゆっくりと打つ。

 

間違っても回内は使わない。

 

とにかくコースだけ狙っていく。

 

もちろんサービスダッシュはしない。

 

ステイバックして、極力フォアに回り込む。

 

ロブとスライスとドロップショットを多用。

 

リターンはなるべくフォアでブロック。

 

バックにきたらスライスでロブ。

 

ネットでは緩いチャンスボールなら足で押し込む。

 

速いボールはフレームしないように慎重に。

 

バックのハーフボレーとローボレーは危険。

 

いちかばちかで飛び込んでポーチするのはもっと危険。

 

 

こんなテニスが楽しいかどうかと聞かれると

実際、あまり楽しいわけではありません。

 

でもまあ肘が痛い間は仕方ありません。

 

テニスしないよりはマシ。ずっとマシ。

 

安静にして肘が治るのを待つよりも、

ちんたらテニスをしながら暖かくなるのを待つ。

 

春はまだまだ遠いですけどねぇ。

 

[Web全体に公開]
| この記事のURL

テニス日本リーグというものがあります。

 

テニス好きでも知らない人が多いし、

知っていても興味がある人なんて一握りかも。

 

もちろん一般ではほとんど知名度がありません。

 

日本の実業団スポーツなんて、大抵そんなもので、

しかも不況でどんどんスポーツから撤退する企業も多いので

どの競技団体も大変だと思います。

 

で、テニス日本リーグは毎年冬に開催されます。

ポイントのかかる一般大会のオフシーズンだから

選手が集まりやすいからでしょう。

 

まずは男女とも2ブロックに分かれてリーグ戦。

ファーストステージは先週末に行われました。

セカンドステージは1月後半。

 

そして2月中旬。

男子は各ブロックの3位以上、女子は2位以上が

決勝トーナメントに進出して王者を決めることになります。

 

試合はシングルス2本、ダブルス1本の団体戦。

なので強い選手が2人いれば勝ててしまいます。

 

しかし、強いテニス選手は日本リーグだけで

プレイしているわけにはいきません。

 

エースが出られなくなった時には誰が出るか、

チームの層の厚さが勝負を分けてきました。

 

今年男子は混戦です。

昨年初めて優勝したライフエヌピー、

若手とベテランのバランスが良いイカイ、

エース杉田祐一の三菱電機、

そして伊藤竜馬、守屋宏樹ら層の厚さでは

ダントツのリビック。

 

この4チームの争いになるだろうと思いますが、

エキスパートワンシズオカも外国人選手を擁して

4強に食い込んでくる可能性があります。

 

最後の決戦に誰が出られるかによって

勝ち負けは左右されることでしょう。

 

混戦の男子に比べて女子は戦力差が圧倒的です。

 

現在7連覇中のリビック。

波形純里、藤原里華、江口実沙、高雄恵利加など

実績十分のトップ選手が揃っていて

誰が出ても勝てる布陣。

まず優勝は堅いだろうと思います。

 

唯一対抗できるのは島津製作所です。

大前綾希子、米村明子が絶好調なら何とかなるかも。

ただ層の厚さに差がありすぎるだけに苦しいです。

 

最後に。

 

日本リーグの選手紹介は毎年の楽しみです。

いつも工夫を凝らして各チームが面白いコメントをつけています。
 

お勧めは女子のリコー、

男子のエキスパートワンシズオカ、明治安田生命、伊勢久かな。


興味があったらご覧ください。

 

テニス日本リーグオフィシャルサイト

http://tennis-jl.jp/

 

[Web全体に公開]
| この記事のURL
やっちゃいました。

昨夜のテニス。
寒いのに屋外ナイター。

浮いてきたリターンにポーチに出たら
思ったよりボールが速くてタイミングが遅れフレームショットに。

その瞬間、「バキッ!」って感じで肘に強い衝撃がありました。

これまでで一番痛いです。

もうサーブが、とかバックハンドが、とかじゃなく。
フォアのストロークさえまともに振れません。

肘から先しか動かせない。
肩から動かすと肘がラケットの重さに耐えられない。

と言うか、何も持たずに腕をぶら下げているだけでも痛い。

真っ直ぐに肘を伸ばせない。

引退会見の金田を思い出しました、って、
そんな古い話は誰もわからないか。

ということで、しばらくテニスはできそうにないです。

とりあえず鍼灸で治療してもらいます。

仕事の合間を縫って整形外科でレントゲン撮ってもらわないと。

やれやれ。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

6件中 1~5件目を表示


1 2 >>