先日山本麻友美プロと練習をしていた時に
プロのショットで見事にガットが切れました。
(本来はストリングスと言うべきでしょうが)

そのこと自体はよくあることなので、
いつものようにその日のうちにスクールに行き
ガットを張ってくれるようコーチに頼みました。

ところがいつも張っているバボラのガットが品切れ。

取り寄せるのに数日かかるとのこと。

するとコーチが「お勧めのガットどうです?」と
新たなガットを勧めてきました。

ウィルソンの新製品でした。

それもハイブリッドのガットです。

縦糸と横糸で全く異なる特性のガットを張ることで
両者のいいとこ取り(耐久性と反発性とか)を狙ったもの。

トッププロがそういう張り方をしているとは聞いていました。

ただ身近ではあまりいなかったので、
「これはひとつ時代を先取りするか」と
(全然先取りじゃないのに)
コーチのお勧めするままに張ってもらいました。

張りあがったガットは縦横で色も違って特別感たっぷり。

自慢げにサークルに持っていって打ち始めてみました。

「な、なんじゃこれ!」

飛びません。

硬いです。

ま、よく考えれば当然です。

僕は長年かかってガットをあれこれ試してきました。

ナチュラルをしばらく張っていた時期もあります。

さすがに維持費に音を上げてやめましたが
ナチュラルに近い柔らかいタッチで、反発性が高く、
そして手首や肘に優しいガットを見つけました。

それなのにハイブリッドにして今さらポリの耐久性を
取り入れたところで、なんの意味があるというのか。

ガットは滅多に切れないし、切れたらまた張れば良いのだし。

何より年寄りに手首と肘に衝撃が強いガットはNGです。

ハイブリッドにしなければならない理由なんてゼロでした。

ついつい「新製品」「周りにいない」などの見栄に目が眩んで
合わないガットを張った自分が悔やまれます。

もちろんウィルソンに罪はありません。
(コーチには少し罪があると思っていますが)

自分が求めているものと違うガットを張った僕がバカでした。

と言うことで、その翌日にはまたスクールに行き
ガットの張り替えをお願いしてきました。

3000円余りのガット代は無駄にしましたが
改めて道具選びの大切さを実感しました。

テニスに「見栄」は必要ですが、
長続きするためには「相性」の方が大事です。

結婚相手選びと同じです。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

僕もテニス歴34年になりました。

シビアな競技テニスの経験はありません。

ずっと遊びのテニスですが、遊びなりに
道具にもこだわってテニスをしてきました。

と言うか、草トーレベルのプレーヤーにも
プロとは違う道具へのこだわりが必要なのです。

ひとつは経済性。

お金がもらえるわけでも、メーカーから用具提供を
受けているわけでもないのですから当然です。

もうひとつは体への優しさ。

あくまでも趣味のテニスです。

体を壊してまでやる必要はありませんし
なるべく長く楽しみたいですから、これも当然。

そんな僕の道具へのこだわりのひとつがグリップです。

実は僕はグリップテープ(正しくはオーバーグリップ)を
使っていません。

どうしているかというと、グリップが擦れて滑りやすく
なってくると、交換用グリップに巻き直します。



テニスを始めた34年前、
テニスラケットのグリップは本革でした。

あれは滑るんです。

しかもウッドラケットは重くて、扱いづらい。

スイートエリアも狭くて、ちょっと芯を外せば
簡単にクルッとラケットが回ります。

だからグリップテープが世の中に広まった時には
猫も杓子もグリップテープを巻くようになりました。

もちろん、僕も巻いていました。


だがしかし。

いまのラケットのグリップはクッション性の高い
シンセティックグリップです。

握りやすくて滑りません。

ラケットも進化して、スイートエリアは広大です。

少々芯を外してもラケットが回るほどのことは
滅多にありません。

僕はラケットの元グリップの感触の良さを
味わってからはグリップテープを巻かなくなりました。

今はだいたいガットを張り直すタイミングで
交換用グリップに巻き直すとちょうど良い感じです。

交換用グリップは1000円~1500円くらいですから
2ヵ月も使えばグリップテープより経済的です。

手にフィットしてインパクト情報もダイレクトに伝わります。

なにより毎回グリップテープを巻く手間がかかりません。

良いことだらけです。



でも世の中のテニス愛好家を見ていると
大半がやっぱりグリップテープを巻いています。

「巻くもの」だと思いこんでいるからでしょうが
面倒くさくないんでしょうか?

それに、すぐにダメになってもったいないなぁ、
なんて思わないのかなぁ。

不思議です。


*この記事に関してはこちらもご参照ください。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

テニスは道具を使うスポーツですから

愛好家はそれぞれにこだわりがあります。

 

特にラケットについては誰しも一言あるようで、

誰かが新しいラケットを買うとなんだかんだと

ラケット談義になります。

 

僕ももちろん33年のテニス人生の中で

それなりのラケット遍歴を重ねてきました。

 

その結果、今は一般的なラケット選びとは

かなり離れたところに落ち着いています。

 

面が大きくて軽くてグリップが細い。

いわゆるオバテニ向けのラケットです。

 

普通、力のあるベテラン男性は選びません。

そういう人は面が小さくて重いラケットが好き。

僕のラケットを使ったら「飛びすぎる」と

悲鳴を上げることでしょう。

 

僕みたいなラケット選びをすると

初心者か、と突っ込まれてしまいます。

 

でも僕のプレーはネットプレーが中心です。

タイミングを速くしてカウンターで返す。

スライスを多用する。

ボールを散らして相手を走らせる。

 

ヘビースピンをかけてストロークで押し込むという

プレースタイルではないのに

重いラケットを振り回す必要はありません。

 

ついでに言えば、軽いだけではなく

振動吸収性が良いラケットを選んでいるので

手首や肘に負担がかからず故障しにくいのです。

 

年を取ったらパワーはどうしたって衰えます。

 

若者のハードヒットに対抗するテニスを

30代から追求してきた成果が

これから徐々に発揮できると思っています。

オヤジに負けて悔しがる若者を見るのが好きなんて、

本当にイヤなオヤジです。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

テニスのブログなら定番のお題を書くのを忘れていました。

初めてのラケット。

誰でも初めて買ったレコード(CDでも良いけど)とか、

初めて映画館で観た映画とか、

初めてデートした場所とか。

その手の思い出話があると思うけど、テニスならやっぱり初めて買ったラケットですよね。

僕の場合は「フタバヤ・ウィニングショット」。

当時のドがつくほどの定番。

大学生になったらテニスをはじめようと誓って、バイトの給料が出るとともに買いに行きました。

高校時代にテニス部だった友達に聞いたら

「やっぱり最初はフタバヤでしょ」と言われて、もっとも初心者にも易しいと教えられたウィニングショットを買いました。

僕たち世代ならきっと同じだという人がたくさんいると思います。

この定番ウッドラケットを持って颯爽と大学に通ったなぁ。

でも結局大学でテニスすることはなかったんですけど、その話はまた次の機会に。

懐かしいこのラケット、使わなくなってもずっと実家に置いてあったのですが、保存状態が悪かったので、何でも捨ててしまう母親に「捨てていいよね、使ってないんだから」と言われて捨てられてしまいました。

いま思えば取っておけば良かった。残念。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

4件中 1~4件目を表示


1