今週はいつものやうに木・金が休みだと年末年始手当がもらえなくなってしまうので,28~29日を休みにしてもらったよ。

この手当は結構バカにならないのでね。

昨日からは5日ぶっ通しで出陣。

年が明けて,4日(月)の有給休暇を楽しみに働いとります。

そんな訳で,12月の鑑賞本数は何と,6月同様28本!!

年間を通しての本数は219本となった。

自分でもビックリ。

では,隔月恒例の鑑賞作品一覧を載せときます。

1.燃えよスーリヤ!!
2.ボーダー~二つの世界
3.残された者~北の極地
4.ロング・ショット~僕と彼女のありえない恋
5.ティーンスピリット
6.フォードvsフェラーリ
7.パラサイト~半地下の家族
8.マザーレス・ブルックリン
9.ペット・セメタリー
10.リチャード・ジュエル
11.去年マリエンバードで
12.ジョジョ・ラビット
13.フィッシャーマンズ・ソング~コーンウォールから愛をこめて
14.テリー・ギリアムのドン・キホーテ
15.台湾, 街かどの人形劇
16.9人の翻訳家~囚われたベストセラー
17.少女は夜明けに夢を見る
18.ジョン・デロリアン
19.エクストリーム・ジョブ
20.冬時間のパリ(2回)
21.ナイブズ・アウト~名探偵と刃の館の秘密
22.男と女~人生最良の日々
23.犬鳴村
24.私のちいさなお葬式
25.グッドライアー~偽りのゲーム
26.完璧な他人
27.ロニートとエスティ~彼女たちの選択
28.グリンゴ~最強の悪運男
29.1917~命をかけた伝令
30.ハスラーズ(2回)
31.アイリッシュマン
32.サイゴン・クチュール
33.チャーリーズ・エンジェル
34.スキャンダル
35.ミッドサマー(2回)
36.37セカンズ
37.マリッジ・ストーリー
38.黒い司法~0%からの奇跡
39.スケアリーストーリーズ~怖い本
40.スマホを落としただけなのに~囚われの殺人鬼
41.プレーム兄貴,王になる
42.ジュデイ~虹の彼方に
43.BOYS/ボーイズ
44.イーディ,83歳~はじめての山登り
45.彼らは生きていた
46.私の知らないわたしの素顔
47.ジョン・F・ドノヴァンの死と生
48.ハーレイ・クインの華麗なる覚醒~BIRDS OF PREY
49.三島 由紀夫vs東大全共闘~50年目の真実
50.ミッドサマー(ディレクターズカット版)
51.娘は戦場で生まれた
52.初恋
53.T-34~レジェンド・オブ・ウォー(ダイナミック完全版)(2回)
54.スゥイング・キッズ
55.サーホー(2回)
56.ドミノ~復讐の咆哮
57.PMC:ザ・バンカー
58.2人のローマ教皇
59.子どもたちをよろしく
60.屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ
61.アンストッパブル
62.スーパー・ティーチャー~熱血格闘
63.プリズン・サークル
64.ANNA/アナ
65.デッド・ドント・ダイ
66.パラサイト~半地下の家族(モノクロver.)
67.在りし日の歌
68.ルース・エドガー
69.恐竜が教えてくれたこと
70.シェルブールの雨傘
71.ロシュフォールの恋人たち
72.君の名は。
73.天気の子
74.犬鳴村(恐怖回避ばーじょん)
75.21世紀の資本
76.グッド・ボーイズ
77.ストーリー・オブ・マイライフ~わたしの若草物語
78.ホーンテッド~世界一怖いお化け屋敷
79.悲しみより,もっと悲しい物語
80.15年後のラブソング
81.コリーニ事件
82.ロングデイズ・ジャーニー~この夜の涯てへ
83.バニシング
84.デンジャー・クロース~極限着弾
85.エジソンズ・ゲーム
86.ドクター・ドリトル(字幕)
87.教授のおかしな妄想殺人
88.ポップスター
89.ランボー~ラスト・ブラッド
90.悪の偶像
91.チア・アップ!
92.ひまわり(50周年HDレストア版 )
93.色男ホ・セク
94.淪落の人(2回)
95.シンデレラ
96.カセットテープ・ダイアリ-ズ(2回)
97.レイニーデイ・イン・ニューヨーク
98.MOTHER
99.透明人間
100.WAVES/ウェイブス
101.お名前はアドルフ?
102.ナイチンゲール
103.その手に触れるまで
104.リトル・ミス・サンシャイン
105.ブリット=マリーの幸せなひとりだち
106.グレース・オブ・ゴッド~告発の時
107.バルーン/奇蹟の脱出飛行
108.アングスト~不安
109.悪人伝(2回)
110.SKIN~スキン
111.17歳のウィーン~フロイト教授人生のレッスン
112.ハワーズ・エンド(デジタル・リマスター版)
113.海底47m~古代マヤの死の迷宮
114.追龍
115.ソン・ランの響き
116.ぶあいそうな手紙
117.パブリック~図書館の奇跡
118.グランド・ジャーニー(2回)
119.ディック・ロングはなぜ死んだのか?
120.エッシャー~視覚の魔術師
121.ハニーボーイ
122.ラフィキ:ふたりの夢
123.ジェクシー!~スマホを変えただけなのに
124.ジョーンの秘密
125.ディヴァイン・フューリー~使者
126.許された子供たち
127.ファヒム~パリが見た奇跡
128.今宵,212号室で(2回)
129.グッバイ,リチャード
130.ポルトガル,夏の終わり
131.ワイルド・ローズ
132.事故物件~恐い間取り
133.ワンダーウォール 劇場版
134.鬼手
135.リトル・ジョー
136.人数の町
137.mid90s~ミッドナインティーズ
138.ブックスマート~卒業前夜のパーティーデビュー
139.ラ・ヨローナ~彷徨う女
140.カサノバ~最期の恋
141.インターステラー
142.幸せへのまわり道
143.はちどり
144.シチリアーノ~裏切りの美学
145.海の上のピアニスト(4Kデジタル修復版)
146.真夏の夜のジャズ
147.TENET(2回)
148.凱里ブルース
149.誰がハマーショルドを殺したか
150.鵞鳥湖の夜(3回)
151.ヒットマン・エージェント・ジュン(2回)
152.ザ・ネゴシエーション
153.海の上のピアニスト(イタリア完全版)
154.赤い闇~スターリンの冷たい大地で
155.マティアス&マキシム
156.オン・ザ・ロック
157.グッド・ワイフ
158.ミッドナイト・スワン
159.ようこそ映画音響の世界へ
160.ある画家の数奇な運命
161.フェアウェル
162.プリズン・エスケープ~脱出への10の鍵
163.きっと,またあえる
164.はりぼて
165.zk/頭脳警察50~未来への鼓動
166.ライフ・イズ・カラフル!~未来をデザインする男 ピエール・カルダン
167.ソニア~ナチスの女スパイ
168.82年生まれ,キム・ジヨン
169.空に住む
170.ストレイ・ドッグ
171.夜明けを信じて(2回)
172.望み
173.キーパー~ある兵士の奇跡
174.ザ・ハント
175.オフィシャル・シークレット
176.アンナ・カリーナ~君はおぼえているかい
177.異端の鳥(2回)
178.ストックホルム・ケース
179.動乱
180.鉄道員(ぽっぽや)
181.マイルス・デイヴィス~クールの誕生
182.パピチャ~未来へのランウェイ
183.THE CAVE~サッカー少年救出までの18日間
184.ばるぼら
185.わたしは金正男(キム・ジョンナム)を殺してない
186.薬の神じゃない!
187.メイキング・オブ・モータウン
188.トム・オブ・フィンランド
189.おもかげ
190.燃えよドラゴン(ディレクターズカット版)
191.アーニャは,きっと来る
192.ブリング・ミー・ホーム~尋ね人
193.エマ,愛の罠
194.破壊の日
195.アイヌモシリ
196.君の誕生日
197.燃ゆる女の肖像
198.魔女がいっぱい
199.THE CROSSING~香港と大陸をまたぐ少女
200.魂のジュリエッタ
201.ネクスト・ドリーム~ふたりで叶える夢
202.パリのどこかで,あなたと
203.甘い生活
204.白痴(デジタルリマスター版)
205.ミセス・ノイズィ
206.青春群像
207.ホモ・サピエンスの涙
208.ワンダー・ウーマン1984(2回)
209.ビルとテッドの時空旅行~音楽で世界を救え!
210.約束のネバーランド
211.私をくいとめて
212.NETFLIX~世界征服の野望
213.ヒトラーに盗られたうさぎ
214.ジャズ喫茶ベイシー~Swiftyの譚詩(Ballad)
215.ファンファーレが鳴り響く
216.ソング・トゥ・ソング
217.声優夫婦の甘くない生活
218.サイレント・トーキョー
219.タイトル,拒絶

今年は日本の映画も結構,観た。

何と云っても一番の収穫は「幸福の科学」映画の『夜明けを信じて』(笑)。

2020年の私内グラミー賞は『鵞鳥湖の夜』かな。

3回観に行った映画で,今か今かと待っているのにまだDVD化されない…きぃっ!!

29日(火)の休みには,2度目の『ワンダー・ウーマン1984』をIMAXで鑑賞し,締め括った。

私のだいぶ前の座席に,老夫婦とその娘さんらしき3人組が座っていたのだが。

映画が終わって劇場を後にし,下りのエスカレーターに乗っている際に,その爺ちゃんがもお興奮しきって「いやぁ,きれいだなあ…!!」「本当にカッコよかったなぁ!!」などと,ダイアナ(ガル・ガドット)を褒めちぎっていた。

「俺,トイレに行っちゃったから,また観に来よう?」とせがんでおり,奥さんと娘さんに呆れられていたのを微笑ましく後ろで聞いていたのだが,その爺ちゃん,鑑賞ちうトイレで離席したのだった。

だが,1分かそこらで戻って来て,手をちゃんと洗ったのだろうか!?と他人事ながら心配になったのを思い出した(笑)。

ユナイテッドシネマの11番シアターは比較的トイレには近いが,どんなに走って行ったにしてもさすがに戻って来るのは早過ぎた(笑)。

しかしながら,『ワンダー・ウーマン1984』を観てすっかり興奮して目を輝かせ「また観たい」と口にする爺ちゃんは可愛いなぁと思わずにはいられなかった。

「あの,女の人ばかりの島(セミッシラのこと),行ってみたいなぁ」と話した後,「スケベ根性で云ってるんじゃないんだよ。あの凄いオリンピック(冒頭でアマゾネス戦士たちの大運動会の回想シーンがある)を生で観戦したいんだよ」と力説しているところで彼らは私とは逆方向に歩いて行き,お別れとなった。

せっかく大好きな女優さんが出来たのだから,ご家族の人たちはぜひつき合ってあげて欲しいものだ。

しかし,今年はコロナ禍にも関わらず,よくこんなにも観たもんだと自分でも感心する。

来年はどれくらい観られるだろうか?

しっかり睡眠と栄養を摂り,頑張って体力を維持しなきゃね。

では,また来年。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・歩き過ぎで屍
2021年01月25日  [Web全体に公開]
・映画館に行かない休日
2021年01月07日  [Web全体に公開]
【閲覧中】シネフィル美香輔
2020年12月31日  [Web全体に公開]
・業務連絡
2020年12月20日  [Web全体に公開]
・200本達成!!
2020年12月13日  [Web全体に公開]

2件のコメント


  1. byおおこ死 on 2020年12月31日 @23時31分

    『フィッシャーマンズ・ソング』は某映画メルマガの年間ベストに入れました。
    今月観た北欧の映画『ブレスレス』もよかったッス。

  2. by美香輔 on 2021年1月7日 @21時47分

    >おおこ死さん
    『ブレスレス』私も観たかったけど,札幌では公開しなかったんですよ(泣)。北欧映画,好き。
    暮れに観た『ソング・トゥ・ソング』にイギーさんが出ててビックリしました。勿論,本人役で。相変わらず年寄りらしくないGGEですな(笑)。
ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。