あれからずっと,『ソン・ランの響き』のことしか考えられない日々を送っております。
 
私はホント,ある映画を好きになってしまうとその世界観の虜になってしまい,夢にまで出てくる始末。
 
現実の世界でも,訳もなくこのキーホルダーを握りしめてションボリし,「ひとりソン・ランごっこ」をしているし,ヒマさえあれば会社のパソコンでリエン・ビン・ファット(ユン)とアイザック(リン・フン)の画像漁りをする始末。
 
少し前まではドルフ・ラングレンとマ・ドンソク尽くしだったというのに,今や私のスマホのホーム画面は全てソン・ラン尽くし(笑)。
 
何も知らない人が見たら腐った女性と思うか,アイザック氏の美麗画像で韓流アイドルファンかと思うだろう。


ちなみにコレ,7~8年前に富豪2夢路さんにいただいたもの。
 
ベトナムではなくネパールのものみたいだけど。
 
北都プロレスの会場でTシャツを買えなかったため郵送していただいたのだが,その際に一緒に入れてくださって。
 
脱線しちゃったけど,あまりにユンとリン・フンのことしか考えられなくてつらいので,とうとうAmazonでDVDを予約してしまった。
 
9月4日発売なので,楽しみで死にそうになりながら待っている。
 
記憶がなくならないうちに…と思ってダーッと感想を書いたが, きっと記憶を捏造しているところがあると思うし,時系列も間違っていたりするかもしれないので,DVDが届いたらこっそりと記事を加筆修正するかも(笑)。
 
ところで,去年は気に入った色がなかったためスルーしたカネ暴ルナソルの,秋の新色アイカラーを2種類GETしますた。


アイカラーレーションの08と10。
 
この商品の魅力は,一見難しそうなコントラストの強い配色なのに,使い方次第でいろんな楽しみ方が出来ること。
 
欲張りな私はフルカラー使いでガッツリ盛っているけど。
 
左のパレットの,オレンジ系にグレーのアイホール用カラーって…ホント神!!
 
シックで華やかで…云うことなし!!
 
右のグリーンは大好物のカラーなのだが,会社で普段女性のメイクには全く興味がなさそうな男性から,「その緑の…まばたきしたときキラッとして,カッコいいっすね」なんて言われたよ。
 
嬉しいねえ。


こちらは千葉県の心の友・Motchyさんからいただいた誕生日プレゼント。
 
「猫が口からティッシュを出しているように見えるティッシュボックスケース」。
 
茶トラの他にもハチワレとキジトラを送ってくれた(笑)。
 
普段ビニールケースのティッシュを使っているのだが, これ使いたさに昨日すぐに『殺ドラ』に箱ティッシュを買いに行ったよ(笑)。
 
どちらかと云えば, ティッシュをもりもりと食べているように見える。
 
さて,今日は珍しく1本しか鑑賞しない日でのんびり過ごしてます。
 
たまには部屋の掃除や不要品処分をきちんとしないとね…
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・みかんの画像を少々
2020年09月08日  [Web全体に公開]
・シネフィル美香輔
2020年09月02日  [Web全体に公開]
【閲覧中】辛抱たまんなくて
2020年08月21日  [Web全体に公開]
・あまりにも悲しい結末
2020年08月10日  [Web全体に公開]
・ソン・ランがギターかと思ってたら
2020年08月08日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。