約1ヶ月かかってダラダラと『ダリダ~あまい囁き』のあらすじと感想を書いてきた訳だが。

しつこいけど,主演女優のスヴェヴァ・アルヴィティさんがホントに美しいのよ…!!

彼女に会いたくて3度も観に行ったんだもんね,私は…!!

ところで,実物のダリダを動画で観てみると,結構がっしりした女性だと判る。

手脚が長く長身でスタイルがよいことには間違いないのだが,骨太で大柄なので,ちょっと肉がついただけでも「太った!!」と大騒ぎしてしまうのかもしれないなぁ…と思った。

演じた女優さんはどちらかといえば細っそりしており,実物のダリダに比べるとかなりなよやかで女性らしい。

映画の中でのキャラクターも,おそらくは実物はもっと負けず嫌いで女王様然とした人だったのであろうのに対し,いつも内面では孤独に震え,幸せな家庭に憧れる女性らしい人物として描かれている。

実際のダリダは歌での成功も,愛する男性も,すべてが欲しい人だったと思われるが,あれだけ世界的な成功を納め,亡き後も語り継がれるような歌姫であるからには相当にしたたかなところもあったに違いない。

いっときはミッテラン大統領との交際が一大スキャンダルになったし。

映画のダリダは,可憐で美しい姿と歌声をリュシアンに見初められてからはとんとん拍子にうまくゆき,弟をはじめとする家族が一丸となってマネージメントし彼女を支えてくれたおかげで成功した…ような感じ。

元々はイタリアからカイロにやって来た移民家族。イタリアは家族の結び付きというのがひじょうに強いお国柄だというからなぁ…と納得した。

みんなに愛されて,大切にされているのに,どうして睡眠薬自殺なんて…と胸が痛む。

「自分だけのそばにいて,ずっと自分だけを愛してくれる人」がいない…というのはそんなにつらいものだろうか。

そして,自分の関わった男性が3人も自殺したというのは確かにつらい話だが,気持に折り合いをつけて別れ,関わりのなくなった相手に自殺を考えるほど思いを馳せることなど出来るものなのだろうか…

薄情な私には理解出来ても,賛成出来ない。

あれだけ素敵な歌で世界中の人たちをハッピーにし,希望を与えてきた人なのに…

「私には誰が?」

精神科医にそう言ったときの表情がよるべない子供のようで,今でも心に残っている。

DVDの発売が待ち遠しいなあ(←3回も観たクセに)。

さて,2ヶ月毎に記録する今年観た映画の一覧でつ。

1.マノロ・ブラニク~トカゲに靴を作った少年
2.Mr.Long~ミスター・ロン(2回)
3.否定と肯定
4.彼女が目覚めるその日まで
5.勝手にふるえてろ
6.永遠のジャンゴ
7.ネリー・アルカン~愛と孤独の淵で
8.ラ・ベア~マッチョに恋して
9.ドクター・エクソシスト
10.パディントン2
11.5パーセントの奇跡~嘘から始まる素敵な人生
12.ゴースト・ブライド
13.悪女/AKUJO(2回)
14.殺人者の記憶法
15.RAW~少女のめざめ
16.ルイの9番目の人生
17.アバウト・レイ~16歳の決断
18.グレイテスト・ショーマン
19.ゆれる人魚
20.ベロニカとの記憶
21.The Beguiled ビガイルド~欲望のめざめ
22.悪魔祓い,聖なる儀式
23.ローズの秘密の頁
24.ロング・ロング・バケーション
25.しあわせの絵の具~愛を描く人モード=ルイス
26.あなたの旅立ち,綴ります
27.シェイプ・オブ・ウォーター(3回)
28.コンフィデンシャル~共助
29.ザ・キング
30.15時17分,パリ行き
31.ライオンは今夜死ぬ
32.ナチュラル・ウーマン
33.HAPPY END(2回)
34.素敵なダイナマイトスキャンダル
35.花咲くころ
36.レッド・スパロー(2回)
37.ダンガル~きっと,つよくなる(2回)
38.トレイン・ミッション
39.ベルリン・シンドローム
40.立ち去った女
41.修道士は沈黙する
42.聖なる鹿殺し
43.さよなら,僕のマンハッタン
44.リアル
45.ジュマンジ~ウェルカム・トゥ・ジャングル
46.欲望の翼
47.アンロック~陰謀のコード
48.君の名前で僕を呼んで(2回)
49.ロンドン,人生はじめます(2回)
50.アイ,トーニャ~史上最大のスキャンダル(2回)
51.女は二度決断する
52.時間回廊の殺人
53.ホース・ソルジャー
54.長江~愛の詩
55.サバービコン~仮面を被った街
56.危険な関係
57.フロリダ・プロジェクト~真夏の魔法
58.モリーズ・ゲーム
59.ピーター・ラビット
60.犬ヶ島(2回)
61.ダリダ~あまい囁き(3回)
62.ファントム・スレッド
63.ゲティ家の身代金
64.大いなる幻影
65.30年後の同窓会
66.ラッカは静かに虐殺されている
67.ビューティフル・デイ
68.恋多き女
69.ワンダー~君は太陽
70.SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬
71.苦い銭
72.29歳問題
73.V.I.P.修羅の獣たち
74.告白小説,その結末
75.名もなき野良犬の輪舞
76.女と男の観覧車
77.万引き家族
78.アメリカン・アサシン

半年で,これだけ観たよ。

6月は19作品観た。んで,複数回観た作品も多し。

この調子じゃ,8月末にはドゥなることやら(笑)。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・私が3連休ちうに
2018年07月20日  [Web全体に公開]
・ダリダの真似して
2018年07月18日  [Web全体に公開]
【閲覧中】シネフィル美香輔
2018年07月06日  [Web全体に公開]
・人生に耐えられない
2018年07月06日  [Web全体に公開]
・さらなる栄光の影で
2018年07月06日  [Web全体に公開]

6件のコメント


  1. byやさぐれマダム on 2018年7月7日 @0時18分

    こんばんは

  2. byやさぐれマダム on 2018年7月7日 @0時27分

    コメント内容が悪かったのかしら?反映されなくて残念。「ダリダ」はわたしも堪能いたしました。80年代のヨーロッパの雰囲気が懐かしく、また、おしゃれでしたね❕欲を言えば、アランドロンとのラブロマンスも観たかったです

  3. by美香輔 on 2018年7月7日 @0時33分

    >やさぐれマダムさん
    マダム,コメントありがとうございます…!!
    コメントはメールでは削除されていませんでしたので,拝見しました。
    「こんばんは。わたくしも「ダリダ」を観ましたよ。 ドラマチックなストーリーに感激し、「銀河鉄道999」以来ぶりに、パンフレットを買いました。アランドロンとのラブストーリーも期待してましたが、「らしき人?」がかすってただけでしたね。FURINに寛容なフランスなのに、なぜあんなに叩かれたか不思議でした。DVD楽しみですね。」
    多分,私がローマ字に直した部分の単語がまずかったんだと思います。申し訳ありませんでした。

  4. by美香輔 on 2018年7月7日 @0時37分

    >やさぐれマダムさん
    私らくらいの世代にはダリダはストライクですよね~~~!!ホント,素敵な映画でした。
    アラン・ドロンの大ファンだった私は,当時ホントにつき合っているのかと思ってました。
    実際はドゥだったのかは神のみぞ知るところですが,富も名声もある,美男美女の最強ドリームカップルだと思いましたよ。

  5. byやさぐれマダム on 2018年7月10日 @18時27分

    こんにちは。ご配慮ありがとうございました。実はダリダの存在はこの映画で初めて知ったのです。わたしは、せいぜいフリオ・イグレシアスの「ナタリ〜」と口ずさむ位の音楽おんちな子供でした。
    ダリダは、日本の歌謡界でいえば、美空ひばりかな?と生き様を比較してみたり・・・。でも、誰も亡くなってはおりませんね。
    また、映画の感想楽しみにしておりますYo。

  6. by美香輔 on 2018年7月10日 @23時51分

    >やさぐれマダムさん
    あらま。ダリダをリアルタイムで好きだった訳ではないのですね。失礼しました。
    フランスでは今も彼女の邸宅のあるモンマルトルが観光名所となっていて,ダリダの胸像が建っています。みなさんお約束のようにオーパイをおさわりするため,オーパイだけ金ピカです(笑)。
    土日と約1日半,SPORAにログイン出来ず,とうとうガラケーからの利用は出来なくなったかと本気で焦りましたよ。でも,お陰様で今は復旧しました。なるべくたくさん記事を書きたいと思っておりますので,これからもよろしくお願いいたします(ぺこり)。
ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。