昨日から連休ちうです。

仕事が少し忙しくなり始めたため,毎日ひどく疲れる。

食生活が貧しいせいもあるんだろうけど(笑),とにかく会社から帰ったらもお,何にもしたくないんだわ。

試しに5日間,家事をしないでみた。

思春期どころじゃないくらい,とっちらかった。

昨日,仕事が終わってからは美容室へ行ったのだが,帰って来てからは買い食い品のカツカレー(セブンイレベンヌ)を食べるや否や,盛大にちらかした状態のまま寝た。

1時過ぎにむくりと起き出してからは馬車馬のようにたまった洗い物を片付け,今ようやくひと心地ついたとこ。

自炊はほとんどしていないので食器はそうでもないのだが,洗濯物とスポンジやブラシなどのメイクツールはそろそろヤバかった。

洗濯物は5日ためると,着るものはなくならないが干す場所がなくて困る。

メイクツールはきれいなものを使わないと仕上がりも美しくないので,慌てて洗った。

だってスポンジなんて,あと1日洗わずにいたら使うものがないというくらいのためこみぶりで,どんだけこの2週間近くズボラだったんだよと呆れた(笑)。

それでも,独り暮らしの気ままさで,だらしなくあちこちちらかし放題にして連休1日目に眠るのって…何だか気分がいい。

これがクセになったら女としてジ・エンドなので,気をつけよう(笑)。

仕事のストレスが半端なくて疲れているが,大腸さんはひじょうに安定している。



それに…先日観た韓国映画『お嬢さん』が凄くシビレたので,原作(某Amazonで送料込で上下巻セット912円)を買ってみたのだが…

これがもお,大当たり。

休憩時間と朝寝つく前に読んでいるのだが,あまりに面白くて次々ページをめくってしまう。

今,下巻を3分の2ほど読みかけているところなのだが,久々にこんな心躍る本に出会った。

この作家さん,サラ・ウォーターズが大好きになったよおおお…!!

次は『半身』を読んでみようっと。

『お嬢さん』は,職場でよねさん(土日限定で夜勤で来る人)から「面白そうだよ」と言われたのがきっかけで観に行った。

よねさんは本業は美術関係の仕事をしており,よく芸術やアニメ,漫画などの話をするのだが。

何かで予告編を観た際に,全体的に漂う江戸川 乱歩っぽい雰囲気,日本,朝鮮,西洋がごたまぜになった不思議なセットに心を揺さぶられたらしく,私がこういう妖しいものを好きなのを知っているので,教えてくれたのである。

それから何日も経たずに別の映画を観に行った際に私も予告編を目にし,
「よねさんが言ってたのは,これか…!!」
となる。

よねさんからの口コミがなければ,「何か,変そうな映画」くらいにしか思わずあんまり気に留めなかったかもしれない。

興味を引かれたので,さらに何日も経たずにすぐ観に行き,原作本にまでハマッてしまったのだから,よねさんは,
「たったあれだけの口宣伝が映画の興行収入1人分に結びつくんだから,バカにならないもんだなあ」
と笑うのだった。

私もそう思う。

実は20日の月曜日には『アシュラ』という,これまた韓国映画を観に行った。

そして,今日は朝になったら『哭声~コクソン』という,これこれまたまた韓国のホラー映画を観に行く予定。

ストレスが溜まってしまうせいか,どうにも刺激の強いものを求めてしまうようである(笑)。



おまけの白にあ。

薪ストーブの横で寝ているときに撮影。
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・映画『お嬢さん』あらすじと感想~第2部
2017年03月29日  [Web全体に公開]
・映画『お嬢さん』あらすじと感想~第1部
2017年03月29日  [Web全体に公開]
【閲覧中】夢中になれるもの見つけた
2017年03月23日  [Web全体に公開]
・過去恥部?
2017年03月19日  [Web全体に公開]
・しつこい奴
2017年03月18日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。