何とか類似から腕を振りほどいて,彼を場外に落とした筋肉男。



自らも場外に降り,類似を投げ飛ばす。

ド迫力の乱闘にお客さん,大喜び!!



助っ人に入ろうとする万里男をもぶん投げるのだが,意外と万里男さん,ぼーっとしていてセコンドとしてはあまり頼りにならない兄さんかも。



類似を担ぎ上げてリングへ突進する筋肉男。ビビッた子供たちの「うひゃあっ!!」という叫び声がおかしかった(笑)。



2度,類似を鉄柱に叩きつけた筋肉男は,類似を軽々とリフトアップしてトップロープ越しにリング内に投げ入れる。

そういうところはやはり超人。

まるで,かつてのGHC王者・小橋 建太の対グラジエーター戦を見るようであった。

類似をまるで人形扱い。



ようやくリングに戻った2人。

筋肉男はスタミナを奪った類似をどう料理しようかと考えつつ,ヘッドロックに捕らえた。

(続く)
[Web全体に公開]
| この記事のURL


筋肉男の右腕を腕ひしぎに捕らえた類似。



がっちり決まってキラー・アームバー。

これ以上ないってくらいに反ってます(そしてやっぱり,帽子が浮いてる)。



それでも筋肉男はパワーで類似を持ち上げんと奮闘。



ふんぬ―――――――っ!!



見事に持ち上げた!!さすが超人!!



だが,類似がトップロープ越しにさらにアームバー。

徹底して腕殺しにこだわる類似であった。

(続く)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
ゴングと同時にコーナーの類似に殺人タックルをぶちかます筋肉男(きんにくだん)。



一瞬ひるむ類似だが,負けじと張り手の応酬。

一発張る毎に類似選手の帽子がパカパカと浮いてさみしい頭部があらわになるのが若干気になった。



だが,一発蹴りを見舞って張り手合戦に決着をつけた筋肉男は,類似の頭を抱えてマイクを取り,「48の必殺技のうちの1つ」として予告筋肉バスター。



リング中央に類似を連れ出し,担ぎ上げる。



だが,類似は上手い具合に筋肉男の背後に回りスリーパー。



こらえる筋肉男。



だが,類似も離さない。

そして…やっぱり帽子が浮いているのであった(笑)。

(続く)
[Web全体に公開]
| この記事のURL


A・ルフィー選手はますます絶好調。

子鹿選手にとどめを刺すべく己の腕を尋常じゃない勢いの遠心力でブン回す。

だがしかし,手元が狂ったのか,伸びた腕はそのまま自分の首に巻きついてしまった。

何かみちのくや大日本プロレスで見たことのあるようなシーン(笑)…

倒れたA・ルフィー選手を戸惑いながらも体固めにする子鹿選手。逆転勝利である。



試合が終われば大切な仲間であるのだから…と助け起こす。素晴らしい!!



だが,共に健闘を称え合う…と見せかけて,A・ルフィーは再度伸びた腕を振るう。

やっぱり悪い奴である。

第2試合はひじょうに教育上良くないものとなってしまった。

さて,第3試合は筋肉男登場。



どこをどう鍛えたらこういう肉体になるのか,というくらい超人的にアンバランスな筋肉。

畏敬の眼差しで見守るお客さんたちの前を歩きながら入場。颯爽と,トップロープを飛び越えてリングイン。

…しようとしたが,思いッ切りコケる。やはりアンバランスな筋肉のつき方をしているからバランスが崩れたのだろうか。

対戦相手は昨年の『アマチュアプロレスサミット』にも出場し,サムソン宮本選手との激闘も記憶に新しい超級類似選手。



今回もセコンドに兄の万里男選手を伴って,仲良く肩を組み,まるで空中に浮いているかのような足取りで入場。

元気にお客さんたちにご挨拶(してるようには見えなかったが,実況ではそう言ってたので)。

そういえば,万里男選手,昨年見たときより大分小さくなったような…(続く)
[Web全体に公開]
| この記事のURL


去る8月18日に根室では上海道プロレス団の夏の祭典『上海超獣オリンピック』が開催された。

勿論俺は現地にまでは行っていないので,今回はリングアナウンサーとして参加したグリーンジャンボ鶴田選手から,DVDを送っていただき(ジャンボ便で)観戦することが出来た。

まだ見たことのない着ぐるみレスラー,オマージュレスラーが何人も!!

テレビ画面からの撮影で,例によって紙芝居の如く観戦記を書いてゆこうと思う。

1人でも多くの人たちに上海道プロレス団の楽しさを知って欲しいのだ。



第1試合は7月にも札幌に来てくれた"気は優しくて病気持ち"大熊 元帥vs"フレッツ光"美華中。

元帥選手,相変わらずやる気のなさ全開の無気力な態度で,それでも最後(といってもほとんど試合らしいムーブなし)は無気力ボディプレス(ただ覆いかぶさるだけ)で勝利。

まあ,この2人は見てくれがけしからんほどに愛らしいので,リング上にいてくれるだけでいいという,何ともトクな人たちなのである。



第2試合はグレート子鹿vsA・ルフィー(あ・るふぃーと読む)。



ベースを手に『星空のディスタンス』を歌いながら(口パク…と云っても口は開いてなかったような)入場するA・ルフィー選手だが,打撃主体の技を繰り出してゆく子鹿選手を背後から攻撃。

よい子には見せられない戦いぶり!!

このA・ルフィー選手,グローブとも違うしテーピングにしては不自然な,何だか妙な手をしているなあと思ったら…



突如として腕が伸びた!!気持悪っ!!

伸びた手先には何か仕込んであるらしく,盛んに長い(にも程がある)腕を振り回して攻撃。

子鹿選手,大ピンチ!!(続く)
[Web全体に公開]
| この記事のURL

41件中 36~40件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>