とうとう根室に来てしまいましたよ,奥さん。

自分でもビックリ。

昨日7時にパンダタクシーに迎えに来てもらい,hideさん,力丸 乃りお選手と一緒に江別の千春先生と奥様のRee師範のお宅にGO竜馬。

EWAの羅生門 原代表,大門おやびんと合流し,レンタカーでワンボックスに乗り,皆でキャッキャ・ウフフと出発した。

根室までの道のりは遠く,かかった時間は実に8時間半!!

俺は潰瘍性大腸炎になってから初めての宿泊を伴う旅行だったので,正直不安だらけの旅行だったのだが,取り敢えず昨日は運よく大腸さんがご機嫌斜めになることもなく,無事に根室に到着。

野外会場での観戦も,具合の悪くなることなく終了。大分,疲れたけど。

とうとう,現地で,新根室プロレスを観ることが出来て大感激!!

"根室のビンス・マクマホン"ことサムソン宮本代表の引退試合3番勝負が行われたのだが,この目にしっかりと焼きつけてきた。

まずはその3番勝負の写真だけを予告編として。

トップの画像は言わずと知れた"ミスターEWA"羅生門 原選手。



大砂 厚(おおすなあつし)選手。



そして,上海道プロレス団から参戦の永田 裕志郎選手。

ハチマキ 真也選手と無糖 敬司選手を帯同して入場。敬礼ポーズのシーン。

今,サムソン宮本代表の経営する(ウソ。でも半分ホント)サムソンホテルで,千春先生たち(彼らはサムソン邸に宿泊)が迎えに来てくれるのを待ってます。

帰りの道のりも長いけど,楽しんで帰りますよ♪

お昼はスパカツ食べようっと。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
BBクリームの仕上がりに不満を抱えたまま,これから1年以上の月日を過ごさなくてはならないというのは,全くもってストレスフルな恐ろしいことなのである。

毎日「生まれて来なければよかった…」と思うくらい起きたくなくて,それでも働かなくては食ってゆけないので嫌々起きて,コーヒーを飲みながらメイクしているときに精神統一,何とか仕事に行く気持に持っていっている訳なので。

あのメイクタイムが憂鬱なものになってしまうと,俺は本当にただのダメダメ人間,干物女へまっしぐらであること確定である。

大変だ~大変だ~…と思って一昨日使わないアイテムの整理をしていたら,ふと目についたのがDHCの『ベルベットスキンコート』。

シワや肌の凸凹,毛穴をかなり目立たなくしてくれる,半透明のジェルタイプの化粧下地。

米粒大でするするっとのび,ふわふわさらさらした感触。

この上からリキッドファンデかBBを塗ると,物凄くつきがよくてきれいに仕上がるから全国で使っている奥さんも多いハズだ。

実はこれを,顔にではなく手指に使っていた時期があった。

ステロイドの副作用で産毛の伸びが早く,頻繁に手指の産毛も処理していたら毛穴が大きくなったので,目立たなくなるかなーと思い,ハンドクリーム代わりに使っていたのである。

バッチリ毛穴はカバー,しかもさらさらなのですぐにパソコンもいじることが出来る。

ネイルの画像を撮るときにも使った。手肌は写真だと実際以上に年齢が出るもんでね。

その『ベルベットスキンコート』を引っ張り出して,何年かぶりに顔面に使用してみた。

正直,『ベルベットスキンコート』だけで,ベースメイクを完了してもいいくらいだった(笑)。

試しにその上からGEのBBを塗ってみたら…

パサパサした仕上がりが嘘のように改善,というか解消され,満足のゆく塗りあがりに。

俺がどんだけホッとしたか,察して下さい。

その『ベルベットスキンコート』はチューブがかなり小汚くなったんで,画像は載せない(笑)。

ローションタイプのファンデーション(今はあんまり売ってないかも)の下地にはオススメ出来ない(弾くから)し,雑に大量に塗ってのばすと逆効果なのだが,大抵のファンデが一手間できれいに仕上がる究極のアイテムである。

代わりに休みの日にリニューアルしたネイルの画像を載せます。

じわじわと,秋ネイル♪

[Web全体に公開]
| この記事のURL
2日続けて夕方から深夜までの休日出勤をして来たけど,労働時間はいつもの夜勤より短いのにむちゃくちゃ疲れた。

やっぱり社内に人が多くてざわざわしているので,異常に集中力のない俺は耳栓のお世話になっていてすら耐えられずイライラしてしまって,心臓もドキドキするからだと思う。

21時くらいからやっと静かになるのだが,やっぱりたまにしか昼間や夕方の勤務は出来ないな…

それでも"動物園(笑)"のバイトの方は今日,夜勤の前に行ってみようと思う。

あそこの業務はうちの『なにぬね』みたいに複雑じゃないし単純で楽だから。

話はいきなり違うのだが。

先週からBBクリームを変えた。

昨年今頃から使っていたDr.シーラボのエンリッチは凄く仕上がりがきれいだったのだが,色がもうちょっと明るい黄味寄りの方がいいなーと思い,サンプルを使ってみて良かったからDHCのGEシリーズのを買ってみた。



少しでも小顔に見せるため(悪あがき),ダークな色も合わせて2色買った(笑)。

ちょうどキャンペーンだったしね。

だが,しかし…!!

サンプルは凄くきれいに仕上がったのに,実物を使ってみると何だか凄くパサパサした仕上がりに…!!

ベースメイク前のスキンケアもちゃんと保湿をしているのに,何となくパサパサ…

崩れないのはいいのだが,思いッ切り表情筋を動かしたときにシワっぽくなるのが気に入らず,かなり落ち込んだ。

もう1週間以上使っているのだが,指でのばそうがスポンジを使おうが,同じ。

使い切るまで1年以上はかかるアイテムなので,大ショック…

しかも,2色も買っちまったよ!!こういうときに限って(笑)!!

この俺が,BBクリーム選びで失敗するとは…!!み…認めたくない…っっ…!!

この,胸をかきむしられるような思いといったらない。

いっそ思い切って使うのをやめ,先日まで使用していたDr.シーラボのエンリッチをリピ買いするか…それとも全く別物を探す旅に出るか…

だが,500円玉貯金のおかげで究極的に,かつ給料日直前で土星ビンボーな俺に,そんなお金をどぶに捨てるようなことは出来るハズもないのだった。

(続く)
[Web全体に公開]
| この記事のURL


試合は鶏さんの活躍(暴走)によるカーネルおぢ様の反則負けになるのかと思いきや,勝ちとなりビックリ。

結局,マクドニエルvs鶏じゃん(笑)。

カーネルおぢ様の足(脚じゃなくてね)がよく見たらあらぬ方向を向いているのがちょっと気になるのだが・・・まあ、細かいことはあまり気にせずにいきましょうや奥さん。



この鶏さん,試合が終わった後も興奮しきって大暴れ。

カーネルおぢ様の言うことをまるで聞かずに会場を走り回るものだから,客席はさながら阿鼻叫喚の地獄絵図。



とうとう根室の平和を守ってくれるシマレンジャーが出動するはめに。

下手をしたら会場の外に飛び出して行こうとする鶏さんを,慎重に近づいて捕獲。



だが,再び暴れ出す鶏さんにとうとうたまりかねたカーネルおぢ様は,
「やめておくれよおお~~~!!」
とカツラが脱げてしまうほどの半狂乱に。

しかし「おくれよ」って言葉,日常で言う人,初めて。このシーン,かなりツボッちゃった(笑)。



ドゥドゥ言いながら(笑)近づいてきたシマレンジャーに黒い布を被せられて捕獲された鶏さん。

そして,脱げた銀髪のカツラを頭に乗せたカーネルおぢ様が去ってゆく。

シマレンジャーの働きによって,何とか根室の平和は守られたようである。

…と見せかけて,最後の最後で鶏さんは解説席にいたキム・ジョーサンとグリーンジャンボ鶴田氏をも威嚇。

彼らが椅子から転げ落ちるくらいビビらせてから,控室代わりのテントへと姿を消したのであった。
[Web全体に公開]
| この記事のURL


両雄の入場だけで5分ほどかかっていたが,リングインした後もいっこうに鶏から降りる気配がないカーネルおぢ様。

まさか,鶏さんに乗ったまま闘うというのだろうか…?

30年も連れ添っているものだからもはや一心ドゥ体少女隊,離れられない絆で結ばれているのかもしれない。

だからって…!!

しかし,客席からは「ニワトリ,がんばれー!!」という声援が。

何だか鶏さんの存在が自然に受け入れられているというのが凄い。

時折予測出来ない動きでマクドニエルを威嚇する鶏さん。



鶏から降りようとせずにこやかに微笑し続けるカーネルをどこから攻めてよいものか考えあぐねたマクドニエルはふと閃いて,手に持っていた紙袋から刀を取り出す(?!)。

突然出てきた凶器に驚いたレフェリーがマクドニエルの体にしがみつき制止しようとするのだが,
「レフェリー,止めるな!!止めてくれるな!!」
と,振り払われふっ飛ばされる。

と,ここで刀を見て発狂したのか,鶏さんが大暴走。



物凄い勢いでマクドニエルに突進し,コーナーに押しつける。

巨体に体当たりされて,身長はあるが痩身のマクドニエルはひとたまりもない。

しかし鶏さん,むっちゃ凶暴!!



カーネルの言うことを聞かずに暴れまくり,崩れ落ちたマクドニエルを蹴りまくる。



最後はチキンフィレドロップ(ヒップドロップ)でマクドニエルを半殺しにしてしまった。

しかし,カーネルおぢ様,脚が長いですねえ。

(続く)
[Web全体に公開]
| この記事のURL

41件中 26~30件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>