昨日・おとといと2日連続で北都プロレスを観戦して来ましたよ奥さん。

4日は愛さんとキャッキャ・ウフフ観戦かつ札幌市内で地下鉄琴似駅構内の会場なので行き慣れた場所だったが、昨日5日は独り観戦で、会場というのが千歳駅から徒歩25分くらいのところ、JRとバスとを乗り継いで行かなくてはならなかった。

徒歩で行く際の道順もネットで調べて行ったが時間的に慌ただしいので、それに運良くすぐにバスが来たので案内所で確認してから乗った。

だが、バスに乗っている間も窓から外の景色を見ながら心細くてたまらなかった。

とにかく道が狭くて複雑で全く覚えられず、試合前なのに帰りのことばかりが心配になった。

帰りはバスなんてないだろう(あるのだが、本数が激しく少ない)からタクシーになるだろうな…と覚悟。

とにかくめちゃくちゃ寂しい場所なので、呼ばなくちゃ来ないと思ったから、予め地元のタクシー会社の電話番号を調べておいた。

会場に着けばチケット引き換え所のおねいさんやクレインさんの奥様、息子さん(もしかしたら違うのかも。ボランティアかな)、そしていつも北都の会場には皆勤賞もので来場している常連さんが何人かいて、顔を見た途端にホッとした。

行ったことのない会場、特に田舎に独りで行くのって、本当にドゥしてあんなに心細いんだろ。

JR(普通)で40分、バスで15分だったけど、自宅から会場までは1時間半以上かかった。

いついきなりお腹が痛くなるか分からない潰瘍性大腸炎の俺にしてみたら、この距離は立派な遠出。

でも、たまにはああして遠出しないとね…どこにも行けない情けない人になっちゃう。

今なら薬が効いていて少しは体調がマシなんだから。

…だがしかし、千歳市スポーツセンター第2体育室(小さな体育館みたいなとこ)は椅子が使用出来ない会場とかでブルーシート直座りと判り、あべし!!

一応天候が荒れたり寒かったりしたときのことを考えて、ドカジャンの下には薄いものをかなり何枚も着込んで行ったのだが、土足厳禁なので足元も冷たいし、どんな姿勢で座っても落ち着かず疲れるしで本当にひでぶだった。

あんなところに座っていてよく観戦中一度もお腹が痛くならなかったと思う。神様、ありがとう。

帰りはやっぱり電話でタクシーを呼んで(5分で来た!!)駅まで戻って帰って来たのだが、今回は乗り継ぎの連携がひじょうによかったのがまだしもラッキーだった。

何とか札幌駅までたどり着き、そのまま地下鉄ですすきのの『七五三』で休日ぐわん(何とこの4連休中3日連続で行った)をしてから帰って来たのが24時近く。

とにかく、あまりに疲れたのでまずは風呂に入って眠った。JRの中では立ったまま眠っていたのだ(笑)。

で、5時くらいに起きて写真の整理や編集をして、観戦雑記を書く用意をしてます。

この2連戦がおそらく俺の今年のプロレス観戦おさめ。

画像は4日の琴似パトスの第1試合でデビューした河原 成幸選手と、とうとう先輩レスラーとなった池田くん。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
昨日再配達を依頼した大日本のチケットが無事届き、最前・ど真ん中であることを確認。これで一安心。

その後、短時間ではあったが『七五三』に行ってラーメン食べて帰って来た。

ずっと起きっ放しだったから風呂の後すぐに眠ってしまい、珍しく朝に起きてます。

昨日作った『チキンソテーのせペペロンチー二』の材料と作り方をアップしておきます。

美味しかったからまた作ろうと思うので。

<材料>4人分
【チキンソテー分】
1.鶏ムネ肉2枚
2.トマト1/2個(トマト缶で代用も可)
3.バジルの葉6枚
4.ニンニク1片
5.塩小さじ1/2
6.胡椒少量
7.オリーブオイル大さじ1
8.白ワイン大さじ1
9.バルサミコ酢大さじ1

【ペペロンチー二の分】
1.パスタ320g
2.赤唐辛子4本
3.ニンニク4片
4.オリーブオイル90cc
5.塩・胡椒各適量

<作り方>
1.鶏ムネ肉に塩・胡椒しておく。
2.トマトは1cm角、バジルの葉は粗みじんに切る。赤唐辛子は種を取り除いておく。
3.フライパンにオリーブオイルとニンニクを熱してから、鶏ムネ肉を両面に焦げ目がつくまで焼く。その後、トマト、バジル、白ワイン、バルサミコ酢を加えて全体にからめる。
4.別のフライパンにオリーブオイルと赤唐辛子を入れて弱火にかけ、ニンニクにキツネ色になるまで火を通す。
5.茹でて水気を切ったパスタを4のフライパンに投入し、塩・胡椒で味を調える。
6.5を器に盛り、食べやすい大きさに切った3をのせる。

鶏ムネ肉を使ったパスタと、バジルを使ったパスタはあと1~2種類ほど開拓しようと思ってます。

今日は夕方から琴似で北都プロレスだっ♪

[Web全体に公開]
| この記事のURL
一昨日の晩は会社であまりに入電がなくてヒマだったから、よねさんと料理の話をしながらレシピサイトを見ていた。

よねさんは奥さんがいるけど料理大好きで、自分の食べるものはほぼ毎日自炊するという全く出来た男性である。

鶏ムネを使ったレシピを検索してたら、トマトとバルサミコ酢を使ったイタリアンなソテーが簡単で美味しそうだったから作ることにした。



こんな感じ。

これだけでも充分にオカズになるのだが、やっぱりイタリアンなのでご飯よりパスタに合わせたくて、パスタにのっけることにした。

鶏ムネ肉をフライパンで半割にしたニンニクとオリーブオイルで炒め、トマトと刻んだバジルと白ワイン、そしてバルサミコ酢とをからめる。

そして、ペペロンチー二を作って盛りつけ、その上から一口大に切ったソテーをのせるのであった。



オリーブオイルにニンニクの香りと赤唐辛子の辛味をきかせただけのシンプルなスパゲッティに、ぶどうを原料とした独特の甘味のあるバルサミコ酢をきかせて焼いた鶏ムネのソテーをソースとからませながらいただきマンモス。

思った通り、美味しく出来ました♪
[Web全体に公開]
| この記事のURL
今朝は午前中から服や年賀状の買物とドラッグストア巡りにGO竜馬。

会社から出たコンテストの賞品であるJCB商品券を全部使ってスッキリ♪

年賀状って買うと結構するから助かっちゃったんだもんねー。

会社に着ていくジャケットが最低でも1本欲しかったのだが、どうもいつもグレーと黒ばかり買ってしまうので、違う色のが欲しかった。

今回杢ベージュのツイードのジャケットを見つけ、太い腕の付け根でも大丈夫なアームホールだったから、即買い。

ホントはパンツも1本欲しかったが、ニットを3枚買ってしまったし、気に入ったのがなかったからやめた。

俺がジャケットを試着中、隣で小さなお子様連れの女性がコートを試着していたのだが、まだ3~4歳と思われる女の子がしくしく泣いているのでドゥしたのかと思ったら、あまりに凄まじい静電気にビックリして泣いているらしかった。

その女性か女の子かどちらが源かは判らないが、とにかく商品を着脱する度にやたら静電気が発生するらしく、いちいち店員さんと嬌声を上げており、女の子は、
「お母さぁん…触らないで~…!!」
などと言っていた(笑)。

泣くほどの静電気って、どんだけだよ…?

取り敢えずこの冬必要な衣類は最低限揃ったので帰って来たが、帰る前に、昨日スーパーでは売っていなかったバルサミコ酢を地下の輸入食品のお店で発見。

こういうオシャレなものはやっぱりスーパーにはおいてないのだ(笑)。

他にもやはりいつものスーパーにはおいていないフレッシュバジルや香辛料、調味料、ドレッシングなんかをここぞとばかりに購入。

調味料が揃っていると何となく、料理もやる気になる(自己満足)。

実は昨日、ホントはパスタ料理を作りたくて、そのためにバルサミコ酢とバジルが必要だったのだが、なかったから悔し涙を流しながら帰って来たのだ(ウソ。でも半分ホント)。

でもようやくGETしたからリベンジ出来る…!!

そう思ってドキドキしながら帰途に着いたのだった。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
昨日『鏡月アセロラ』をかぱかぱ飲んで、すっかりいい気分で寝ついたのだが。

いつも起きる時間と同じくらいにインターフォンが鳴り、応答すると郵便局で、代引きで大日本プロレスからチケットのお届けだという。

来年4月21日のテイセンホールの先行予約分で(娘と連席♪)、届くのは年末近くだと思っていたら予想外に早かったのでビックリ。

財布の中身が若干足りなかったので、配達員さんには申し訳なかったが不在票をメールボックスに入れてもらい、再配達の手配を取ることにした。

その後実に気持よく二度寝を楽しみ、日付が替わる前に起床。

寝てた間に録画した新日本プロレス(NEVERとタッグリーグ開幕戦)を観て、滝澤先生他KAIENTAI-DOJOの選手たちの頑張りぶりと近頃ますます妖艶さに磨きがかかった拳號様のお姿に尿道を震わせた。

約7年ぶりに新日マット登場の柴田(勝頼)キュンにもドキドキしたが、彼が参戦し続けるのならもっと真面目に新日を観ようと思った。

やっぱり柴田キュンはプロレスに戻って来るべきだ。

その後は好きなCDを回しながらのんびり掃除と洗濯をし、肉じゃがを作った。

食べたかったからというより、実家からもらったじゃがいもを使い切りたかったからだが、今回は豚バラ肉を使ってこってり仕上げに。

相変わらず味覚がちょっとおかしいが、何とかご飯も享くんであった。

実はこの2週間ほど部屋で米を食べておらず(パンや麺類ばかり食べる日が続いた)、久々に炊飯器を使った。

炊きたての白いご飯は実に美味しかったなあ。

そんな訳で、夜中の間にかなり屍状態からは回復したのであった。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

33件中 26~30件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 >>