何だか最近ヒマがない。

「干物女化防止」のため無理して躍動してるからっていうのもあるけど、ぼーっとしてられるヒマがない。

昨日は仕事の後1ヶ月半行けずにいた美容室に行って来たため、睡眠時間が少なくて屍に。

ただでさえ少ない睡眠中にFAX電話で2度起こされた…もう俺はFAXは使わないから夏に処分したっつーに。

でも、美容室には昨日行って来て本当によかったのだ。前後の日にちは予約がいっぱいだったらしい。

今日は朝が来て仕事が終わったら休み。

休みは休みで出来るだけさっさと仕事の後部屋に帰りたいから、ホント昨日のうちに美容室に行っておいてよかったよ…今日は投票にも行かなくちゃならないし。

帰ったら映画チャンネルで録画した『スパイダーマン』2~3観ようっと♪

画像はおととい買ったセブンイレブン限定販売の420円もするハーゲンダッツ。

風呂に入りながら食べようと思っているのだが、吹出物がコワイ(笑)。

でも、これだけ高いなら絶対美味しそう。

年賀状も書かなくちゃ!!

[Web全体に公開]
| この記事のURL
夏からちょっと節約しようと思い、シャンプードレッサー上の棚にいっぱいのDHCの化粧品のストックを「使い切ってから」新しいのを買おうということにしていた。

今まではキャンペーンになりさえすれば「安いうちに買っておこう」と意地汚く注文してしまい、棚にずらりとストックを並べて笑顔になっては惜しみなく使っていたのだが、使い切ってからだとなかなか節約になった。

どんだけ買ってたんだよ、という話なのだが(笑)。

サプリメントにいたっては最近本当に執着しなくなってしまい、最低限の定番サプリのビタミンCとブルーベリーエキスすら切らしたままにしていた。

それを12月に入ってから一斉に買い整えたのだが、やはりミネラル系のサプリ(カルシウム、亜鉛、鉄分など)をちゃんと摂ると疲れにくい。

このところ部屋に帰ればすぐにぐで~~~…としてしまい、油断すると干物女まっしぐらのだらしない生活になりそうなので、ヤバイと思っていたのだ。

風邪の予防にもいいので、しばらくまた続けようと思う。

しばらく飲まずにいるといかに効いていたかが分かった。

画像は新商品の『エクストラモイスチュアケア・リップクリーム』。

定番商品の『薬用リップクリーム』もスバラシイのだが、これはさらに秀逸。

年齢を重ねた唇(笑)の縦ジワを埋めぷるぷるにしてくれるそうだが、別にぷるぷるにしてくれなくても塗りアガりの感触はよく、やっぱり高いだけある。

他にもQ10シリーズが美白効果と一緒になったクリームを出したし…ついつい丁寧さに欠けてしまいがちだったスキンケアも、色々新しい商品を買うとやる気が起きる。

最近少し顔のサイズが戻って来たし…ちょっくら頑張ろうっと♪

[Web全体に公開]
| この記事のURL
休憩時に再度シャオニャンのLIVEと恵庭の総合格闘技ジム『チームアルバトロス』のエキシビションマッチを挟み…

メインのタッグマッチは親父さん&カツオ選手の函館コンビvs大矢さん&バードさん。



相変わらず写真がボケボケのもので申し訳ないのだが、記憶の方もボケボケであまり試合の流れを覚えてまてん。

最後のバトルロイヤルの選手入場時に大矢さんが俺の前を通る際、何だか当たり前のような顔をして、
「ホレ、一緒にやるぞ」
とリングに上がるように言ってきたので何で俺が!!と思い、笑ってごまかした。

おそらく放送席サイドに一人だけ座っていたので親切でかまってくれたのだと思うことにしたのだが、後に入場してきた菊次郎さんまでが俺をまともに覗き込んでリングに上がるように要請するのであべし!!だった。

昔『天才たけしの元気が出るテレビ』で「こんな動物園はイヤだ」というコーナーがあり、「動物と闘ってもいい」という項目をたけしが読み上げたときは爆笑したが、アレと同じだ。

「プロレスラーと闘ってもいい」興行なんて、イヤだ(笑)。

前日同様、微妙な賞金&賞品目録読み上げの際、空牙選手だけあからさまに嬉しくなさそうな、空気を読まない態度。

一斉に場外乱闘を始めたので池守アナウンサーが「業務連絡」していたのと、空牙選手がまたしても騙して丸め込まれて「おかしいやろ、おかしいやろ」言いながら退場。



全員鼻の穴おっ広げ強制変顔でつながる。

クレインさんが、
「鼻はハナせいっ!!」
と言った途端、皆でズッコケるのだが、最後尾のバードさんが小声で、
「ハナせば分かる…!!」
とボヤいていたのを俺は聞き逃さなかった。

この日も新人の河原選手は「可愛がり」を受け…

最後の4人になると必ずコレ(笑)。



で、幾多の苦難を乗り越えて(ざっくりしてるなー)今回はハム子さんが優勝しました♪



場外乱闘のときも菊次郎さんがわざわざ俺の上に倒れて来るし(池田くんにマジックテープのように剥がされたが)、大サービスのバトルロイヤルだった。

何か、すいません。

全試合終了後、階段のところで『チーム・アルバトロス』のエキシビションマッチに出たH坂選手に出会った。

10月の恵庭大会で偶然隣の席になりご一緒に観戦したので、思い切って声を掛けてみたら覚えていてくれた。

今回はマスクを被っての2役出場ではなく素顔でのみ1試合だったのだが、対戦相手が打撃の強力な選手だったためケガをしてしまったとのこと。ひえい。

今度は来年3月に札幌大会が予定されているから、そのときにまた会えるかな。

その後俺は携帯で地元のタクシー会社に電話し、車を呼んで何とか千歳駅まで戻ったのだが、車は5分もせず来てくれたし会場から駅までも5分くらいしかかからなかった。

JRもすぐに来て予想していたよりも早く札幌に帰ることが出来たのだが、もう少し交通の便のよい会場でやってもらえたらなあ。

今回は本当に帰りのことが気になって気になって、心細くてたまらなかった。

ともあれ、こうして今年の俺のプロレス観戦おさめは無事に終わったのであった。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
北都プロレス千歳大会観戦雑記、続きです。

この日の第1、2試合は前日の札幌琴似大会と同じ。



前日デビューしたばかりの河原 成幸選手はこの日も大きな声を出しながら気合充分で池田選手にぶつかっていく姿がひじょうによかった。

札幌ではすでにファンがいるようで、客席には彼を応援する人がたくさん詰め掛けていた。



そしてヒロヨンさんの、実に様子のいい立ち姿。

この日ハム子さんに強制変顔攻撃した彼女は、何とつけまつ毛までむしり取って(しかも屈辱的に片方だけ)、エプロンの池田くんに「いる?」と差し出す。

男性にとってつけまつ毛というものは無気味なものらしく、池田くんは思い切り首を横にぷるぷる。

第3試合は悪い人・空牙選手にただ一人対抗出来る人、といったらこの人しかいない。



菊次郎さん…!!

菊次郎さんは携帯を向けると、ポーズを取ったまましばらく静止してくれる。

全くいいひとだ!!

この日も空牙選手は派手に水を噴き上げ客席に大迷惑をかけたばかりか、菊次郎さんと場外を所狭しと移動しながらの大乱闘。

放送席サイドに一人ぽつんと座りながら、一人だと目立つから何となく被害に遭うんじゃないだろーか…と物欲し気なツラをぶら下げて待ってたら思いッ切りスルーされ、水もブッかけられず乱闘にも巻き込まれずに済んだ。

愛さんはかなりの確率で狙われるのだが、反対に俺は悪役レスラーうけしないタイプだということがはっきりした。

悪役は悪役を狙わないということだろう。

千歳市体育センター第2体育室は椅子の使用が出来ない会場なものだから、あらかじめ持参しリング下に隠しておいた折り畳み椅子を引き出し、リングに持ち込む。

しばらくはもみ合っていたが、たまたま菊次郎さんが椅子を取り上げた瞬間にクレインさんが凶器使用での反則負けを言い渡してしまった。

菊次郎さんのキツネにつままれたような顔が見る見るうちに怒りに染まる。

今思えば前日の札幌でもそうだったが、クレインさんは空牙選手に好意的というのではないが、何となく空牙選手が悪いことをしているときに限ってわざと他のことに注意を払っているように見えた。

空牙選手に脅されて…いや、懐柔されているのだろうか。

疑惑のレフェリングで不完全燃焼に終わった試合であった。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
いやー、実は8、9日とドラゴンゲート札幌大会観戦のために各地からお友達が北海ドゥ降臨。

俺はあいにく休みが取れなかったため、試合前に会場でお会いしてちょっとしたお土産ものをばらまくくらいのことしか出来なかったのだが、会いたい人には全て会えたので大満足。

今回は大雪のために飛行機が飛ばなかったり遅れたりして、皆さん気疲れして大変だった。

それでも楽しい思い出と共に帰途に着いたようでよかったよかった。

ところで、今回は札幌大会には2日ともカツオ選手が出場したとか。

カツオ選手は先週ずっと北都プロレスのシリーズに参戦していたので、実にハードスケジュールだったということになる。お疲れ様です。

その北都プロレスの千歳大会に俺は5日に行って来たのだが、こちらもさらっと観戦雑記を書かねばなるまい。

千歳大会のオープニングは地元のアイドルグループ、シャオ二ャンのLIVEから始まった。

まだ大人になりきらない(何だかこう書くといやらしいなあ)、青い果実といった感じの女の子たち7人が出て来て、プロレスが始まる前にトークと歌とで会場を温め盛り上げたのだが、これがなかなか堂に入ったものだった。

何より皆さん、圧倒的に可愛い。

単なる小学生のアイドル予備軍の放課後の暇潰し、などと侮るなかれ。

とにかくパフォーマンス中は真剣だったし、歌いながらきらきらした笑顔でちゃんと観客の目を見ていた。

というのは、俺は放送席(機材席?)側にたった1人だけで座っていたのだが、放送席側を向いて歌っていた女の子がずっと俺の目を見ていたからそんな気がする。

パフォーマンスの後は「シャオ二ャンvsプロレスラー」のエキシビションマッチだったのだが、登場したのは菊次郎さん。

菊次郎さんはシャオ二ャンのパフォーマンス中、会場入口近くで椅子に座って大声援を送りながら観ていたのだ(笑)。

見るからに怖そう(実は凄くやさしくていい人です)な菊次郎さんに威嚇され、追いかけられて、キャーキャー言いながら逃げ回るロリータたち。

菊次郎さんたら準備運動までしてリングに上がったクセに、彼女らのあまりの可憐さにすでに気持で負けたらしく、
「俺、闘えねえよ!!」
と勝負を投げ出す。

後は彼女らにキャッキャ・ウフフと叩かれたり、すんなりしたきれいな脚で蹴られたりなど、それはもう、実に楽しそうであった(笑)。

最後はロリータたちによってたかって押さえ込まれてフォールされたが、これで終わりかと思われたエキシビションマッチはもう1試合行われた。

カツオ選手がやる気満々で入場(笑)。シャオ二ャンの別のメンバーたちがリングに上がったが、これもほとんどじゃれ合いに終わり、大爆笑のうちにシャオ二ャンが勝利した。

シャオ二ャンは試合が始まると全員並んで観戦しており、観客席に華を添えていたが、一生懸命観ている姿や声援を送っている姿がまた微笑ましいというか好感度大。

このシャオ二ャン、ブログとツイッターもしてます。

カタカナで「シャオ二ャン」と入力して検索すれば出てくるよ♪

[Web全体に公開]
| この記事のURL

33件中 16~20件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 >>