心のこもったおもてなしを受けた我々は,三吉神社の入り口で,最後まで残っていたメンバー全員で記念写真を撮り,解散した。

我々札幌軍団は俺を除いて全員サムソン邸に宿泊。サムソンさんの提案により「みんなで一緒にお風呂に入る」ことになっていたらしいのだが,実現したのだろうか?

俺も仲間に入りたかったが,そこは分別を持って近くのサムソン・ホテルに宿泊。

宿泊組は俺と,上海道プロレス団からお手伝いに釧路からやって来たグリーンジャンボ鶴田選手だけ。

後からパソコンでブログを見て気づいたのだが,鶴さん,前の記事のイケ様×2の画像にほんのりと,小さく写り込んでいます。地味にカメラ目線で(笑)。

鶴さんの運転するジャンボ・タクシーで予約していたサムソン・ホテルに向かったのだが…

皆,一様に,俺が「若い鶴田くんを襲うのではないか」「ナイーブな鶴田くんを散々慰みものにして,フランス書院か富士見ロマンポルノみたような暴露記事を己のブログで書くのではあるまいか」などといらぬ心配をするのだった。

俺が普段から鶴さんのもち肌ぶり,バストの張り・水分量を盛んに褒めたたえているものだから…

かといって,誰がそんな気高くないことをするか!!

…みんな鶴さんの貞操ばかり心配して,誰も俺の貞操は心配してくれなかった。むす。

冗談はさておき。

今年1月に1人で根室に旅行した羅生門選手は,鶴さんのジャンボ・タクシーによる送迎サービスを受けたのだが。

彼によると鶴さんは,制限速度以上は絶対に出さない,安全極まりない運転しかしない人らしい。

「だって,走ってる最中,景色がちゃんと見えてさ,写真も撮れるんだよ」

あまり長距離走った訳ではないが,それは俺も感じた(笑)。

ホテルに着いて風呂に入り,最低限のスキンケア(荷物を減らしたかったから)だけして,あっという間に眠ってしまった。

3時間ほどで,アラームで起きた。

そんなに早く起きなくても良かったのだが,大腸さんが心配だったのと,千春先生たちがいつ迎えに来てくれてもいいようにガッツリメイクだけはしとこうと思ったのだ(笑)。

カラスじゃなくてカモメの声で朝を迎えるなんて,さすが海の町だなぁと思った。

札幌でも街なかなのに,夜中にカモメが飛んでいてたまに鳴き声が聞こえ,ファンタジックな気分になることがあるけど。

不気味なほどお腹が何ともなくて,帰りは道中大丈夫だろうかと心配になったが,鶴さんの提案で,俺らの方から皆の宿泊しているサムソン邸に行きサムソン・ショップを見学することに。

サムソン・ショップはいわゆるオモチャ屋さんである。路線的にはヴィレッジ・ヴァンガードに近い。

サムソン邸では「二次会」も同然だったので皆,大して眠っていなかったようだが明るい顔立ちをしていて元気だった。

「お風呂,見てみます?」と言われて拝見したのだが,大人4人は楽に入れるくらいの大きなお風呂!!

新日本プロレス道場の風呂場みたいだった。しかも,オモチャもたくさん(笑)。

根室の名所はこれでもう全て見て回った…ということになる。

サムソンさんとOSSANタイガー選手,そして鶴さんが見送ってくれる中,俺たちは出発したのだが,名残惜しくて札幌に帰りたくなかった。

羅生門選手が「根室に住みたい」「将来,新根室プロレスに移籍する」などと口にしていた気持がようやく解った。

何とサムソンさんは夜を徹してコピー作業をしていたらしく,終わったばかりの興行のDVDをおみやげとして人数分プレゼントして下さった…!!

これにはビックリした。

何から何まで本当にお世話になりっ放し,もてなされっ放しであった。

DVDをありがたくいただき,散々別れを惜しんで車に乗り込んだ俺らは,後ろ髪引かれる思いで根室を後にしたのだった。



画像はサムソン・ショップで売っていた入浴剤。



これをポチャンすると,中から具(シャケ)が出てきたよ(笑)。

(続く)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
全試合終了後,撤収作業をする皆さんの何か手伝いでもしようかと思ったが,
「そんなことして下さらなくていいです」
と言われてしまい,かえって足手まといになってもアレなので,俺はぶらぶらしながら見学していた。

何と,試合終了後パンダちゃんとサイン(記念撮影,握手やハグもOK)会を終えたサムソンさんが,俺に,
「どうぞ,良かったらおひねり下さい!!」
と惜し気もなく屹立した3D乳頭を差し出して下さった…!!

何という,身に余る光栄…!!

はるばる根室まで車に揺られて出張って行った甲斐があったというものである。

思う存分,堪能させていただいた。一生の思い出になったよ。

撤収作業の後も根室軍団の方々は打ち上げの準備に入り,手分けして実に手際よく肉や海産物,野菜を焼いてふるまってくれるのだった。

実は試合前からも,皆さんが入れ替わり立ち替わりベンチで試合前の長い時間を潰している俺のところに来てくれて露店のものをすすめてくれたが,旅行中ずっと大腸さんのことが心配で,普段食べない時間帯にお腹に物を入れるのが怖かったので,せっかくなのにあまりたくさん食べることが出来なくて申し訳ないと思っている。

それでも,久しぶりに食べたラム肉(ジンギスカン)と,高騰していて今年はなかなか口に入らない秋刀魚,イカやホタテを使った焼きそばなど,どれも美味しくいただいた。

デザートにはアイスまで!!



そして,これがまともに買えば7000~8000円はするという花咲ガニ…!!

これを大量に用意して下さり,札幌軍団大喜び。

キッチンバサミで脚を半割に切ってくれたので,ひじょうに食べやすく美味しくいただけた。

サムソンさんはホストとなって,主だったメンバーをわざわざ俺のとこに1~2人ずつ呼んで歓談させて下さるという親切さ。

皆さんにブログや『尿道』発言をめちゃくちゃ褒め殺されて俺,もう息も絶えだえ(笑)。

ホントもう,恐縮したの何のって。



挙げ句の果てには,こんなイケ様×2にまでもてなしていただき,意地汚く写真まで撮らせていただいた(笑)。

右はFUMIYA選手です。左は…あるマスクマンの中身の人(ゴニョゴニョ)。

FUMIYA選手の本業は何と漁師。ドゥですか,奥さん。

途端に,漁師がめちゃくちゃカッコいい職業に思えて来るではないの。

それから!!かねてから豊満&マシュマロバストの持ち主が多い新根室プロレスの選手の方たちの胸も揉み放題!!

腱鞘炎になる寸前まで(大げさ)揉みしだいてきた(笑)。

いやぁ,ありがとうございますありがとうございます…

しかし,本当に札幌の我々EWAと新根室プロレスは皆,プロレスが好きであることで友情が芽生え,しっかり結びついているんだなあ…と実感した。

打ち上げは皆楽しそうで,見ていて心があったまる光景だった。

俺も,まさか自分がこの歳になって人とこういう交流をするとは思っていなかった。

これというのもブログのおかげだと思う。

ブログを書いていなければ,出会うことはなかったハズ。

ここでまたとっておきの画像を。



"砂さん"こと大砂 厚選手が,宴の途中でお帰りになるというので,皆に見送られてゆくところを撮らせていただいた。

このはにかみスマイルの愛らしいことといったら…!!

この愛らしいおじ様が,『砂利道』の皮ジャンを着て見事な変貌を遂げる様を目の当たりにした選手たちの間では,未だに『砂さんフェスティバル』が開催中だそうだ。

(続く)
[Web全体に公開]
| この記事のURL
昨日・おとといと連休だったのだが。

昨日の夕方クッキーちゃんと出掛けた以外は,久しぶりに自分の部屋で比較的のんびり過ごした休日だった。

めちゃくちゃだった部屋を片付け,小腹が空く度にスムージーを作って飲み,ところてんやそば(もう温かいのを食べている)を食べ,眠くなったら昼寝する…という過ごし方をしていた。

かなり,体が疲れていたことを実感。

根室行きばかりではなく,本業の『なにぬね』の夜勤が終わった後のアルバイトのおかげで睡眠時間が激減したことが最たる要因かと。

だが,もっと歳を取ったら無理が利かなくなるし,体調の安定している今しか出来ないと思うから,バイトは決められた期間いっぱい続けるつもりだ。

根室では本当に楽しかった…

観戦記,特にサムソンさんの試合の観戦記は書いていて凄く楽しかった。

観戦記というものは興奮が冷めないうちに書いてしまわなくてはならないのだが,書き終わってしまうのがこんなにも名残惜しい興行というのは初めて。

興行自体が終わった途端,俺は凄く寂しい気持になった。

これからあと2~3記事,旅のこぼれ話的なものも書いてゆこうと思うのだが…

でも,それも書き終わってしまったら,本当に心にぽっかり穴が空いてしまいそうな気がする。

それだけ楽しかったのだ。

また今夜からイライラするためだけみたいな仕事に行かなくてはならない(笑)。

何とか気持を戦闘的に切り替えるためにリニューアルしたネイルがこれ。





そろそろ深紅の単色塗りかなと思ったけど,グレーと抹茶グリーン,そしてグレージュを使いたくてこんなの塗っちゃいました。

さーて,お肌のためにそろそろ寝ることにするよ…

バハハ~~~イ…ケロヨ~~~ン…
[Web全体に公開]
| この記事のURL


メインはオコーナー選手のロンリーバトルがちょっと長過ぎ,はやる気持になかなか体力がついてゆかないのと,攻撃がなかなか線となってつながらないことで,観ている側には少々つらい展開になってしまった。



ウォリアーズはウォリアーズで合体技も繰り出すのだが,なかなかフィニッシュとまではならず。

そういえば,本物のロード・ウォリアーズはこんなに長時間闘うことはなかったからなあ(笑)。

あまりにも試合時間が短か過ぎて,いつも「まだ観たいのに!!」と恨みがましい気分になったものだが,あれもひとつの手法というか,見せ方だったのだ。

大・FUMIYAコールと共にコーナーに駆け上がってのFUMIYAタイムとなるかと思いきや,またしてもポリタンク攻撃となったり…とにかく歯がゆい。

全員がリング上で入り乱れて闘うシーンも見られたが,そんな歯がゆくももどかしいメインにもようやく希望の光が。

試合の権利があるのはライオンとFUMIYA。



FUMIYAが何度も邪魔されて失敗したコーナーからのミサイルキック。



そしてトラースキック4連発からのツームストン・パイルドライバー。

再び登ったコーナー最上段からのダイビング・ボディプレスで3カウント。

ライオンの両膝が立っていたので一瞬,冷やっとしたが,見事3カウントが入り激闘は終結。場内は大歓声に包まれた。

マイクを握ったFUMIYAが,勝利の喜びとこれからの新根室プロレスを牽引してゆく旨,力強くアピール。

これにて全試合終了。

観ていてつらいとか書いてたけど,何だかんだ言って終わって欲しくなかったので,寂しい気持が一気に俺の胸に去来するのだった…

(観戦記自体は終わりだが,旅日記はまだ続く)
[Web全体に公開]
| この記事のURL


レフェリーの死角をついて次々と2人掛かりの攻撃を続けるウォリアーズだが,実況によるとかなり組んでからが長いコンビらしく,タッチワークが速くて体力を消耗しにくい闘い方に長けているように見えた。



写真が下手で申し訳ないのだが,こういうブレーンバスターも出す。

さらに,オコーナー選手がやられている写真が多いのも申し訳ないのだが(涙),本当に捕まっている時間が長かったんだもん。

ブレーンバスターからのフォールを何とか返して,ようやくオコーナーがFUMIYAにタッチ…!!

それまでのフラストレーションを吐き出すかの如く串刺し式エルボー,フライングメイヤー,そしてトラースキックと仕掛けてゆくのだが。

パンサーはほとんどこたえておらず,凄い力でFUMIYAを跳ね返し,吹っ飛ばしてしまう。



FUMIYAがまともに正面から攻撃しても,お釣の来る倍返しが待っているのだった。

FUMIYAもボディスラム,ジャンピング・エルボードロップであっという間に体力を奪われてしまう。

大技を食らい続けるのは危険。

と見るや,ロープに振られたFUMIYAがカニ挟みにより,パンサーを倒すことに成功。低空ドロップキックを放つ。

ただ…ここで休まずに攻撃し続けることが出来れば良かったのだが,先に受けた大技の合間にヘッドバットやヘッドロックなども食らっているので,時間差で効いてきたようで動き続けることが出来ないようだった。

オコーナーにタッチ。

同じく低空ドロップキックで膝をつかせたパンサーにシャイニング・ウィザード。

やはり体格差のある相手には下段攻撃からである。

だが,ロープに走ったオコーナーを,ライオンが何やら凶器を持ち出して背後から殴りつける。

ポリタンクだった。

パンサーがそれを受け取り,赤コーナーにいるFUMIYAに降り下ろす。

あまり危険ではなさそうだったが,力いっぱい降り下ろせば結構な衝撃だ。

ライオンも入って来て,またぞろ2対1に…

レフェリーが見ていない隙にダブルのボディスラム。

すぐにライオンが引っ込んでゆく辺り,本当に上手い(笑)。

しかし,レフェリー,またしても目の前でオコーナー選手が青コーナーに引きずって行かれて,代わる代わるに蹴られて踏みつけられているというのに,FUMIYA選手にばかり注意を…何だかなあ!!

(続く)
[Web全体に公開]
| この記事のURL

41件中 6~10件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 >>