カッツはやはり男の子だけあって車や乗り物に興味を示すようになり,今回遊びに行ったらぐっとオモチャが増えていた。

クリスマスに色んな人たちからいっぱい乗り物系のオモチャを買ってもらったらしく,並べて見せてくれた。

トーマスの図鑑なんかもあって,見せてもらったら考えていた以上にキャラクターの種類が多くてビックリした。



で,今回スーザンに買ってあげたのがコレ。

シルバニアの移動ハンバーガーショップ。

カッツが興味を示していじりたがるので全力で拒否するスーザン(笑)。

泣き出すカッツ。

カッツが昼寝するまで待って,一緒に開けたが,やっぱりシルバニア・シリーズは秀逸だ。



細かいところまで実に,出来が良い。

部品を切り離して,見本通りに一生懸命作るスーザンをそばで見ていたが,夢中になってやってた。

もうすぐ5歳になる子には子供っぽいかなぁと思っていたが,大丈夫だったようである。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
年内最後で昨日,実家に帰って来た。

もう幼稚園が冬休みに入っているからスーザンも昼前から家におり,カッツも起きていてご覧の通りの笑顔。

また2人ともデカくなっていたのでビックリ。

特にスーザンは最近もりもりご飯を食べるようになったそうで(しかも大人味覚なものばっかり),好き嫌いもないので,お母んからしきりに「エライエライ」と褒められていた。

カッツとも以前よりは上手くやっている(それでもたまにやきもちから意地悪はするが)ようで,いいお姉ちゃんぶりを見せる度にその気にさせるために皆で褒めちぎっているらしい。

カッツはカッツでかなり頼もしくなった。

スーザンに苛められても,ある程度まで抵抗したりして「負けない」ようになった。

それにオモチャのいじり方や遊び方なんかを見ていると,自分なりに色々考えているのが解り,ひとりでしようとしていることに手を出すと怒る。

スーザンや大人たちのしていることを見て,すぐに真似をしたりもするし。なかなか頭のよい子だと思う(←伯母バカ)。

ただ,ドゥしてもまだ「お母さんが一番」で,ちょっとでもお母さんの姿が見えないとグズったり,思い通りにいかないことがあると奇声を上げたりして,ゴキゲンなときは王子のように可愛らしいのだが,荒れると本当に恐ろしい(笑)。

それでも,2人揃ってこんな笑顔で迎えてくれたので,仕事のストレスではちきれそうだったオバチャンはイッキに癒されたのであった。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
毎年大嫌いな年末年始。

クリスマスがやっとで終わった。

これでもう勝った(何に?)もドゥ然な気分である。

後は正月をやっつけるのみ!!

今夜の夜勤で5連勤が終わったら,明日の午前中には実家に帰る。

スーザンとカッツにクリスマスプレゼントを渡しに♪

まだそんなに高いものは買ってあげられないけれど,喜んでくれるといいな。

いわさんは息子さんのために仮面ライダーの変身ベルトを用意していたのだが,昨日久しぶりに会ったから喜んでくれたかドゥか尋いてみた。

やっぱり「尋常じゃないくらい喜んでくれた」そうで,ずっと音を鳴らして触りっ放しだったそうで(笑)。

ライダーベルトは高くて,行列に並んでも買えない代物らしい。

それをちゃんと根回しして早めに手に入れていたのである。さすが!!

先週の休みに携帯電話買い替えの後,オモチャ屋に寄った俺だが,今時のオモチャ事情が全然解らなかった。

流行りものなら何でもいい訳じゃないが,やっぱり普段から興味を示し「好き」だと言っているものを買ってあげたい。

だがしかし,あまり細々したものは片付けが大変だったりするし,「鳴りもの」や「光りもの」はうるさくて(笑),しかも電池の消耗が激しく,かえってノエミさんやDIEの迷惑になるかもしれない。

色々考えて結局シルバニアと車のオモチャにしてしまったのだが,次回からもっと余裕を持って下調べしなくちゃダメだなと反省した。

何はともあれ,今夜一晩頑張ろう。

画像はうちのマンション前の銀世界。

明け方からどべどべ雪が降り出して,仕事中いわさんと窓を見ながら騒いでいたのだが,大体はいつも帰る頃になるとやんだり小降りになるのでタカを括っていたら,帰る時間に一層激しく降り出した(笑)。

傘を持って来ていなかったから頭に雪が積もるのがイヤで,適当に地下に入ったらかえって地上を歩いて帰るより長い距離を歩く羽目になって,なおかつ地上に出ても激しく雪が降っていたというね。

あきらめて5分ほど地上を歩いて,頭にのっさり雪を乗せて帰った。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
昨日画像つきで紹介したDHCの「ビューティーバスターバン」だが,さっき使ったので3度目。

やっぱり顔中の皮膚と毛穴をぐいぐい・ぎゅうぎゅう引っ張り上げるだけあって物凄い締め付けで,まず顔をターバンに通すだけで一苦労(笑)。

ステロイドで巨大化している顔にはひじょうに,きつい。

ついついターバンを広げるときに力が入ってしまい,早速ピリッと音がした。

ヤバい!!気をつけて使わなくては破けてしまう!!

しかし,やはり毛穴をちゃんと広げた状態でスキンケアをすると,美容液や導入化粧水の浸透がよいのは実感出来る。

昨日はめちゃくちゃ化粧ノリが良かった♪

もう少し加齢が進むとおそらく,自分でぎゅうぎゅう目元や法令線のたるみやシワを引き上げたり引っ張ったりしながら化粧品を塗り込まなくてはならないのだろう。

あまり力を入れて皮膚をいじっても負担になるからなあ…

だから,このターバンはなかなか優れものだといえよう。

ただ…

前髪をはじめとする生え際にガッツリクセがついてしまうので,使い終わったら髪を根元からすっかり濡らして乾かさなくては大変な髪型になってしまう。

ただでさえ,ターバンの締め付けで頭痛がしそうなのに,使い終わる頃には髪が根元から後ろにバッチリ倒れてしまうために地肌が痛くなってくる。

美には痛みがつきものといえど…このターバン,どんだけ締め付けがきついんだと思ってしまう。

まあ,しばらく使ってみるけどね。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
休み明けで仕事しているのだが,早速やらかした。

やらかしたといっても,別にクレームになるような応対をしでかしたとか,会社の損益になるような誤案内や予約の取り間違いをしたというのではない。

あるプランを予約希望のお客様に確認のため内容を復唱するのだが,その際ドゥいう訳か,「禁煙」という単語が「禁断」に見えた。

つい「禁断室…」と読み上げてハッ?!となり,「お煙草がお吸いになれない禁煙室」と慌てて言い直したのだが,予約内容入力作業が終了し最終確認をする際にもドゥしても「禁煙」が「禁断」に見えてしまった。

最初に明確に「禁断ルーム」と言ってしまった為妙にクセになり,その都度慌てて言い直したが,さすがに3度目のときには「禁断ルーム…!!」とお客様に笑われてしまった。

隣にいるよねさんや向かいの座席のワールドデスクの学生バイト君も必死で笑うのをこらえているのが分かり,その様子でまた笑いの二次災害が起こってしまった。

自分でも吹き出してしまって,落ち着くためにかくなるうえはと,
「どういう訳か"禁煙"の2文字が私には"禁断"に見えてしまいまして,大変申し訳ございません」
と正直にカミングアウトした。

そうしたらお客様がさらに笑い出して収拾がつかなくなった。

やっとの思いで最終確認を終え(お客様も笑いをこらえながら相づちを打って下さっていた),予約確定出来,
「またのご利用をお待ち申し上げております」
と通話が終了したときには心底ホッとした。

お客様も笑い上戸の方で助かったが,お電話を切る間際に,
「禁断室って何だよ」
と笑いながらつぶやいていらっしゃるのが聞こえた。

それから約5分ほとは電話がかかって来なかったので,なんとか笑いもおさまり落ち着くことが出来たのだが,一時はドゥなることかと思った。

しばらくはよねさんもワールドデスクの人も涙を流しながら笑っており,ここでまた電話があったら思い出し笑いが止まらなくなるのではないかと不安だった。

幸い間違い電話が1本だけで入電が止まり,今休憩に入れたのだが,これからは「禁煙」という文字を見る度に思い出しそうでコワイ。

ぶはは!!
[Web全体に公開]
| この記事のURL

33件中 6~10件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 >>