(前回までのあらすじ)
精励していた『ちんこのべるじゃぺん』が,現在請け負っている業務を8月で終了することを決定した…という知らせを職場仲間から受けた美香輔は,ショックの余り,実家から帰った後,シアターキノで『EVA~エヴァ』『オンネリとアンネリのおうち』を鑑賞,そして将来への不安が高じて『大戸屋』で「ねぎダレ炭火焼きチキン定食」を摂取した後,シネマフロンティアにて『グッバイ・ゴダール!』を鑑賞するのであった。



キノで2本の映画を観た後はかなり時間が空いたため,街をさまよい歩いた。

映画の最中,職場仲間や辞めた人からメールが届いていたのだが,あちこちに設置してあるベンチで休みながらチェックしていたら,私にはかなり好都合な条件の会社を紹介してくれた人がいた。

場所を確認し,自宅からは徒歩12~13分と判明。

翌日…つまり3連休の最終日,私はさっそく朝電話をして面接を申し込んだ。

今時のコールセンターは履歴書不要,手ぶらでお越し下さい…というところが多いので,実に助かる。

午前中はALPに予約を入れていたのでカットだけしてもらい,一旦帰宅してから一応ビジネスカジュアルに着替えて出掛けた。

ロビーでの待ち時間,冷房が寒過ぎて,大腸さんが暴れ出しやしないかと心配で仕方なかった。

無事だったけど。

パソコンで会社概要の動画を見,タイピングと筆記テストの後,面接となり,だいたい1時間10分かかった。

50過ぎの,何の資格もない男オンナのオバチャンが採用してもらえるとしたら,これしかない…!!と思い,人生で無職の時期がほとんどなし,無駄な文章力と異常に早い入力,そしてゆくゆくは夜勤専属希望,とアピールしてきた。

合否に関わらず連絡はするということで,「よろしくお願いいたします」と頭を下げて帰って来たが…

翌日,夕方会社の休憩時間に部屋に帰ったときに,「お仕事をお願いすることになりました」と返事が来た。

いやぁ,安心したの何のって…!!

何より,実家に心配させたり迷惑をかけたくない。

それに,「無職」の時期は極力作りたくないのだ。

連休明けで出勤したブースは,来なくなった人が多く,受電人数が少ないので,1人にかかる負担が倍増して,私も屍なんてものじゃなかった。

だが,「次」が決まっているというだけで,安心出来たし頑張る気になれた。

あとは,いつちんこのべるを退職するかである。



画像は先日ポチッた『ダリダ~あまい囁き』のサウンドトラック。

彼女の代表曲がぎっしりの2枚組CD。

昨日から部屋の中ではずっと再生ちう。

映画とほぼ同じ曲順なので,映画を何度も思い返すことが出来てしやわせ。

ケーブルテレビで放送されていた『チャット・レディ~偽りの代償』という映画が何かやらしくて面白そうだったので,録画して観てみたら…

スヴェヴァ・アルビティが出ていてビックリ!!

ウェイトレスの役で,お金が欲しくて友達と一緒にチャット・レディを始めるのだが,ためらいながら○ッパイを見せて頑張っていたよ!!

他の登場人物も美人でナイスバディが多かったが,彼女がダントツで一番きれいだった。

ストーカーに殺されちゃうけど(涙)。

さて,安心したので,今週木曜日は私史上初の6本ぶっ通し鑑賞を敢行することにしたよ。

ドキドキするなあ。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1