「2月は早出・残業・休出の募集がほとんどない」と,総務の稼働担当のおねいさんは確かに言った。

それがアナタ…!!

1月31日に出勤してみたら,
「すいません…やっぱ微妙に人,足りてないんで,全日程10時間でいいですか…?」
と猫背に揉み手で(嘘。でも,半分ホント)頼みに来た。

そして,8日入れられてる休日のうち2日,休出となったので,1月と同じくらい稼げることになった。

生活のレベルを落とさなくてもよいと判って嬉しかったが,少しは朝ゆっくり眠りたいと思っていたから複雑な気分だった。

そんなふうにスタアトした2月。

5~6日の連休を楽しみに頑張っていたら,何とインフルエンザ(A型陽性)にかかってしまった。

詳しくはアメブロの方を参照いただきたいのだが,先月末からやたらとさらさらした鼻水が出るので,一層気をつけて健康&衛生管理をしていた。

なのに,寒気はするし熱っぽいし…4枚も着て大判ストールにくるまっていても寒くて,だんだん嫌な予感がしてきた。

それでも,予防接種を受けていたのでまさかインフルではないだろうとタカを括っていた。

会社から生還したらすぐに何か食べて薬を飲み,熱い風呂に入り,さっさと眠ることにしていたのに…

ようやく5連勤が終わり,昨日早速病院に行って検査してもらったら,見事にインフルと診断されて大ショック。

経済的に苦しくても予約までして予防接種を受け,大嫌いなマスクを我慢して着用して毎日仕事に行っていたのに…

職場のデスクはいつも早めに出勤して,PCのマウスもキーボードもガッツリ除菌してから使っていたし,休憩室のテーブルも直に触らないように敷物を敷いて本を読んだり眠ったりしていたのに…

自分が普段これだけ気をつけていても何にもならなかったのだ…と思い知らされたときの虚しさといったらない。

12年前,潰瘍性大腸炎だと診断されたときと同じくらいのショックだった。

すっかりうちひしがれて帰って来たが,処方された吸入薬の『イナビル』の効き目が凄くて,頭を殴られ続けているかのような頭痛と寒気はすぐに治まった。

「1日で,長くても3日で治ります」と医師が断言する程効く薬で,ちょっとびっくりしている。

昨日はシネマフロンティアで『ルイの9番目の人生』『アバウト・レイ~16歳の決断』を,その後シアターキノで『ロング・ロング・バケーション』,最後にスガイディノスで『RAW~少女のめざめ』を4本ぶっ続け鑑賞の予定だったのだが,きれいさっぱりあきらめた(←当たり前だ!!)。

そんな訳で昨日はうだうだ布団の中で過ごしていたのだが,寒気がひどかったときは布団から腕も出せなかったし,テレビを観るために起き出すことも出来なかったのが,寝転びながらもケータイをいじったり本を読んだり出来るようになったから退屈せずに済んだ。

ずっと横になっていたら背中が痛くなってきたので,今日はたまっていた洗濯物をやっつけ,上っ面だけだが掃除もしてようやく一安心。

食欲も割とあり元気な方だとは思うのだが,インフル認定前は風邪かと思って風邪薬や頭痛薬,葛根湯に咳止めシロップを時間差で濫用していたせいか味覚がおかしくなってしまい,何だか何を食べても美味しくない(笑)。

味覚を裏切らないのはすっぱいものと甘いものだけなので,病中だというのに結局プリンやゼリー,ヨーグルト,そして絹豆腐という普段通りの貧しい食生活である。

だが,おそらく本日中には完治しそう。

インフル認定前の2日間と認定後の1日,合わせて3日間アホみたいに眠ったせいで物凄く肌がピカピカになった。

もお,無敵なのだ。

どんなに高額な美容液よりも睡眠が肌にとって一番大切…ということを身をもって知った。

これからはなるべく8時間は睡眠を取れるように努力しようと思う(←思うだけ)。



画像はヒヤシンスの球根を珍しそうに見つめるみかん。

可愛い写真なのでおいときます。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1