今年に入ってから劇場では6本,映画を観ている。

1月の『パディントン』に始まり,2月は『ザ・ウォーク』と『残穢~住んではいけない部屋』を2日連続で(!!),そして2日間限定公開だった『デヴィッド・ボウイ・イズ』。

3月はタランティーノの『ヘイトフル・エイト』を観に行きたかったのだが,上映時間が毎日夕方1回だけで,夜働く身としてはキツい。休みの折り合いもつかず,泣く泣く見送り。

実は同じ事情で2月にも観たかったが見送らざるを得なかった映画が,『クリード~チャンプを継ぐ男』。

今は劇場が満員になることなどほとんどないから,よほどのメジャー作品でないと日に何回も上映しないらしい。

『デヴィッド・ボウイ・イズ』は,いくら休みでなくとも,仕事中睡魔に襲われるかもしれなくとも,観に行くつもりでいたが,観に行って本当によかった。

そして,今月も『幸せをつかむ歌』と『クーパー家の晩餐会』を鑑賞。

今月はきれーいに毎週木・金曜日が休みなのだが,たまたま毎月1日のサービスデーや木曜のレディースデーにぶつかってくれ,また,5連勤最後の仕事を終えた後観に行くにはちょうどよい時間に上映してくれるので助かるのである。

大女優,メリル・ストリープが実の娘とまさに母娘の役柄で共演,ロック・ミュージシャン役で実際に歌っている…というので興味を持って観に行った『幸せをつかむ歌』だが,これがなかなかいい映画だった。

音楽で成功したくて家庭を捨てた女が,元旦那から娘が離婚して精神的に参っていると知らせを受け駆けつけるのだが,捨てられた恨みで心を開いてくれない娘と少しずつ心を通わせてゆき,娘を元気づけるために歌う…というストーリー。

やはり血筋なのか,娘さんは演技が確かで,メリル・ストリープのギターも歌もちゃんと形になっており,上手かった。

エンドロールを見たら,彼女にギターを教えたのがニール・ヤングだという(!!)。

劇中で彼女が歌う70~80年代の名曲がなかなかいい味出していたから聴きたくなって,部屋に帰ってレコードをあさって聴いた(笑)。

バンドのメンバー役で共演していたリック・スプリングフィールド(いつからのだよ!!)も,情けないながらも一途に主人公を想い健気にサポートする。

もう60前だと思うが,かつてのアイドルもなかなかカッコいい歳の取り方をしていた。

一昨日観に行った『クーパー家の晩餐会』は,『幸せをつかむ歌』の前の予告編を観て観に行こうと決めた作品なのだが…

離婚を決めた熟年夫婦が,クリスマス・イブに4世代11人の家族が集まる晩餐会を最後の楽しい思い出にしようと奮闘する話。

楽しい思い出にするために離婚を決めたことは内緒なのだが,家族には全員,秘密や嘘があった。

じいちゃんはお気に入りのウエイトレスに会うために毎日ダイナー通い,長男はクリスマスを前に失業してしまい隠れて就活中,娘は不倫の真っ只中,子供の頃から姉にコンプレックスを抱いていた妹は万引きで逮捕。

そんな家族の秘密を全部知っているのは飼い犬のラグスだけ。

物語はラグスの視点で語られてゆくのだが,吹き替えの声がスティーブ・マーティンみたいだなぁと思っていたら大当たりだったというね(笑)。

あまりに完璧過ぎる主婦で,妹(マリサ・トメイ)からも娘からもウザがられているシャーロット役には,私の大好きなダイアン・キートン。

彼女が主役であるように宣伝はされているのだが,見終わってみたら私にとってはじいちゃんのバッキー役のアラン・アーキンが主役に映った。

元教師で妻には先立たれ孤独な老人だが,孫ほども年の離れた,内気で人づきあいの下手なウエイトレス(アマンダ・セイフライド)の人生を導こうと名画のDVDを貸してあげてはテーブルに呼んで感想を聞く…という,いやらしい下心全くなしの心温まる交流に,私の常日頃目指している『気持悪さとカッコよさとの両立』を見てしまった。

ウエイトレスを辞めて他の町へ行こうとしているルビーを引き留めようと苦しい言い掛かりをつけ(可愛い)ているうちに,彼女を傷つける暴言を吐いてしまうが,すぐに後悔して謝りに再度店に出向き,厨房にまで乗り込んでゆき,人生を変えようとしている彼女を励ますところに純粋な想いを感じ,不覚にももらい泣きした。

こんなふうに人を愛したい,こんな人に想われたい…という,まさに見本のようなシーンだったから。

仲直りした2人は一緒に晩餐会に出席するが,宴もたけなわというところで停電となり,バッキーは軽い脳卒中で意識を失ってしまう。

救急病院に搬送され,家族と出席者全員ついてゆくのだが,処置室に運ばれる前の意識朦朧のバッキーに,ルビーが駆け寄ってキスするシーンでまた泣いてしまった。

最後にはルビーは,バッキーの失業中の孫・ハンクと何となくいい感じになるのだが…

それすらもバッキーは微笑ましく見守るのである。

下手をしたら孫ほども年の離れた娘と自分がくっつこうなどとは,間違っても思っていない。

ルビーの幸せを考えて,自分はひたすら優しく見守るつもりでいるのだ。その姿勢にも大いに共感。

「バッキーと同じ笑顔だわ…」

バッキーとの交流がなければ,孫のハンクに心が揺れるハズもない。この台詞にズキッとしてしまった。

いやぁ…じいちゃん,カッコよかったわ…!!

『幸せを…』のストリープやスプリングフィールドもそうだったが,こういう壮年パワー炸裂な映画に感動するようになったってことは,私も年を取ったのかね?

いや,たまたまいい作品だったからだ(笑)。

他にも,不倫を隠すために空港のバーで出会った軍人(これが鈴木 亮平似のナイスガイ)を偽の婚約者として晩餐会に連れて来た娘,大嫌いな姉に高価なものなど買いたくない→姉のために金など使いたくないという理由でアクセサリーを口の中に入れて万引きしタイーホされた妹,片想いだと思っていたクラスメイトの女の子と宿り木の下で吹き出しそうになるくらいの下手なディープキス(このシーンを思い出すだけで10分は笑える)を繰り広げる中学生の孫など,様々な群像劇が展開。

ひじょうにハッピーな気分になれる映画だったが,公開時期はクリスマスにして欲しかった(笑)。

でもまあ,クリスマスにテレビで放送するにはいい映画だ。

そんな訳でたくさん書いて気が済んだので,あとは本を読んで寝るよ。

部屋の中でも映画(ケーブルテレビ)を観てるのだが,最近面白かったのは『アメリカン・サイコ』。

あれを観て笑っちゃうなんてよくないとは思うけど…おっかしいんだもん(笑)。



画像は先週からずっと塗りっ放しのネイル。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
全国の奥さん,お久しぶりです。

1月からずっと続いているしつこい肩凝りがドゥやら五十肩というものらしいと気づいてから,『つぼ膏』を貼ったり『アリナミンEX』を飲んだり『パワーヘルス』敷いて寝たりして色々やってみているけど。

ほとんど効果がなく,肩よりも右腕の痛みが顕著になり,ひどいときには手指まで痛むので,ついつい更新がおろそかに…

もおね,ホント痛い。ザクザク痛いの。

しまいには,座りっ放しでいきなり立ち上がると右膝まで痛みが走るように。

もうこれ以上耐えきれず,先月末に会社帰りに通える駅ビル内の整形外科にGO竜馬。

まずはレントゲンを撮ったのだが,頸椎の右側側面の画像を見せてもらうと一部ひじょうに間隔が狭くなっていることが判った。

どうもこれが悪さをしているらしいということだったのだが,年齢によるものなので仕方がないことなのだという(苦笑)。

手指の痛みや痺れの原因を知るために,2度目の通院のときに初めてのMRI検査となる。

検査に使う装置がかなり大きな音を出すとかで,イヤーパッドをされたのだが,それでもまるでライブハウスにでもいるような轟音。

私は,気にならなかったけどね。

15~20分くらいの検査だったけど,終わりの方ではうとうとしてたし(笑)。

で,画像を見せてもらったら…

神経の束が通った頸椎も,一部が狭窄していた。

脳脊椎液が流れるところが狭窄していると,痛みや痺れの原因になるらしいのだ。

治療するには気長にリハビリに通わなくてはいけないのだが,器械を使っての牽引療法(10分程度)になるらしい。



いよいよになったら会社帰りに通院しようかとも思っているが,今はこういう,少し強めの痛み止めを服用して様子を見ているとこ。

1回目の通院で処方された薬では痛みが改善されず,それどころか増幅してしまったので(増幅したのは薬のせいではないと思う)。

この『リリカ』なんて可愛い名前のカプセル,1日1回の服用で,1度目の服用時は効かなかったが,2度目から効いてきた。

かなり眠くなる…と注意されていたが,私は全然平気だった。

だがしかし,服用してから5~6時間後にキた。

それが判ったのが休みの日でよかった。翌日は出勤だったので,出勤前に飲むのはやめて,明け方の休憩が終わってブースに戻ったときに飲んでみた。

そしたらちょうど,昼前に眠くなってきて,いつも眠ろうと思っている13時にはポトッと眠りに落ちることが出来た。

夕方起きる頃も効いていて,起きたら足元がふらつくが,気をつけていれば大丈夫。

仕事に支障が出るほどの眠気はなし。

この10日ほど痛みを忘れて快調に働いている。

ずっと痛いのを我慢していたので,痛くない生活の素晴らしさを噛み締めているのだが…

このまま薬で紛らしているうちに痛みがなくなってくれれば,一番都合のいい結末なんだよな。

放っておいてもそのうち痛くなくなると言う人が多いのだが,あまりに痛いと部屋の掃除や簡単な料理すら億劫になるもんで,そういう訳にもいかんのだ。

買ったはいいがずっと組み立てずに放置していた,某ベル○ゾンの2段式突っ張りハンガーラックも先週ようやく設置出来,思春期状態だった部屋も片付いた(笑)。

本当に,「痛くない」って素敵なことだね。

お腹空いたから何か作ろ♪

そして。

この度の熊本地震で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

何にもしてあげられないから,給料も出たことだし…明日,及ばずながら寄付をして来ようと思う。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

2件中 1~2件目を表示


1