雪崩式を狙う類似に誰もがどよめきの声を上げたが,けっこう仮面のように(解る人にしか解らないね,ごめんね)筋肉男の頭部に飛びつく。

そして,鮮やかなフランケンシュタイナーで投げ飛ばすのだった。





バックドロップの連発で意識が朦朧としているところにこれでは,さすがの筋肉男もたまらない。



見事にスリーカウントが入った。



お兄さんの万里男選手も一緒に喜びを分かち合う。

めでたし,めでたし。

ホントは昼間に更新したかったのに,なぜかログイン出来なくて,こんな時間になってしまった。

決して焦らしていた訳ではありません。

夜中もなかなか繋がらないし。

最近何だかスムーズに使えた試しがない。むす。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

1件中 1~1件目を表示


1