今夜もひどいな、SPORAの不具合・・・

ひたすら画面の切り替わりが遅くてイライラしっ放し。

だから時間をおいて再トライするのだが、再ログインを要求する画面が何度出たことか。

おかげである人にダブりコメントしちゃったわ(怒)・・・凄く慎重にやったのに。

送信後エラーが出ても絶対送信されてるから少し待って再度その記事に行ってみたんだけど、送信されてなかったんで、俺はコメントも送信前にコピー取ってあるから再送信したら・・・

再ログイン要求画面が出て「クイックログイン」を押した途端、ダブりコメントになっちゃった。

何で・・・?!

実はその前に「PTA座談会4」を書いてたんだが、英字からかなモードに戻すつもりで何らかの誤操作をしたらしく、画面をロクロク見もしないでボタンをカチカチやってから・・・

かなり長い、あと少しで書きあがる予定だった記事が全部消えちゃった・・・!!

まあ、これについては今まで何度か経験があり、完全に自分が悪いんだけど・・・

かなりイライラが頂点に達したので、同じ記事を書く気になれないから、発狂した画像を掲載します。

佐藤兄弟に加わり勝手に「ニュー・セーラーボーイズ」を名乗って『キープ・オン・ジャーニー』を歌って踊るグレート・サスケ議員。

この頃は誰があのような宇宙大戦争を繰り広げると夢想しただろうか。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

座談会に集まってくれたドラゲー親御さんs、息子の少年時代を語る・・・

という部分に入る訳だが、モッチさんは年中スパルタ教育で育った(少し前の同誌「蝶野王国」にゲスト登場の際詳しく語ったからもういいだろうということになりモッチさん自ら割愛)、アラケンさんはゴレンジャーなどのヒーローもののオモチャや40年前のバイクなどのアンティークが好きで物持ちよく取っておくような子だった、戸澤選手はお父さんは「普通の子だ」と信じ込んでいるが全然普通じゃない、あのエンターテイナー性はどこで身につけたのかという話に(笑)。

享さんはよくお母さんと一緒にプロレスを観に行っていたが、ある日突然、何と入門する気で岩手県までみちのくプロレスを観に行き、サスケ社長がいなかったので一旦は帰って来たが、「すぐに来る気があるなら来てもいい」と電話がかかって来て入団。

当時は大仁田とサスケが電流爆破マッチをしていたときで、獅龍やTAKAみちのくもいた時代。

だが、享さんは付き人時代あまりの辛さで一度は帰って来てしまう。

そして闘龍門に入団しメキシコに行ってデビュー・・・という話を読んで、みちのくプロレスが一番充実していた時期に在籍していたのかと知り、ビックリした。

ドラゲーファンの多いスポラーさんたちには「今さら何言ってんの」「そんなん一般常識だろ」と言われるかもしれないが、俺、どうしても他の団体(大日とか)に目が行っちゃってて、当時のことはあまり覚えてないんスよ〜〜〜。

少年時代の話で一番ビックリしたのはCIMA選手の話。

ちょっと疲れたからまた後で書くが、画像のお母さん・・・笑うと目元がまるっきり同じだと思わないだろうか?
         (続く)
[Web全体に公開]
| この記事のURL

近所の『殺ドラ』の日配食品売場で夏だけおいてる「冷やしそうめん風こんにゃく」。

去年からハマッていて大好物!!

バケツ1杯でも食べられちゃうくらい好き!!

添付のタレ(冷やし中華のタレみたいな味と思って欲しい)がまたメッチャ酸っぱくて美味しいのだ。

画像の分が1袋で105円なのだが、さっき売場にあった7袋全部買い占めてきた。

で、早速3袋(合計450g)も食べちゃった!!

嗚呼・・・この世にこんな美味しいモノがあるだなんて・・・

蒟蒻そうめんを考えた人は偉大だなぁ・・・

でも、さすがに蒟蒻といえども450gも食べたら腹いっぱい。

スクラップは2009年1月に突入。

2月か3月辺りまでやっちゃいますか。
[Web全体に公開]
| この記事のURL

さて、ドラゴンゲートPTA座談会の記事の続きである。

このPTA発足の最初のきっかけとなったのは、ぐっさんママがアラケンママに声をかけたことから始まった。

その後、CIMAママが加わり、ぐっさんの実家の飲食店に行き、4年ほど店の手伝いをしていたらしい。

凄いメンツの母さんたちが切り盛りしていたんだなあと感心してしまう。

そうしてじわじわとPTAの輪が広がり、関西地方の会場ではほとんど皆さん皆勤賞モノで観戦に行くようになる。

ここでモッチさんから享パパがモッチさんの"はとこ"の結婚式にまで出席してくれていた、という話が出るのでビックリ。

はとこさんの結婚式まで?!

・・・と思いきや、享パパ曰く、
「同じ望月だから分からないだろうと思ってさ」

ここで俺はハッとする。

モッチさんの生き別れの弟騒動が持ち上がったとき、昔もう1人望月姓を名乗っていた選手がいたような気がする・・・と誰かのブログにコメントしたことがあったのだが、生き別れの弟というのが橋 誠選手と判り自分の記憶もアテにならないな・・・とガックリ来ていたのだった。

だが、間違いではなかったのだ。

享さんは昔いっとき「望月 享」という名前で闘っていたことが判ったから。

忘れていたが、何だかスッキリした思いだった。

脱線したが、アラケンさんの実家は「東京の寮」的な役割を果たしており、関東以外の若手は皆世話になっているという。

デビューに辿り着けなかった若者にも洗濯をしてくれ、ご飯を出してくれたというのだから凄い。

戸澤選手などはアラケンママを「東京の母」と呼んで慕っているとの事。

凄いのが、「4人も来ると足の踏み場がないくらいで、朝トイレットペーパーを出すともう昼にはなくなっている」という話(笑)。

そうは言いつつも、「誰も来ないっていうのも寂しい」そうで、気持ちよく受け入れているのだそうだ。

本当に面倒見のよい、世話好きなお母さんなのだろう。
         (続く)
[Web全体に公開]
| この記事のURL

お父んから送られてきたスーザンの写真。

外でシャボン玉遊びをしながらのまぶしい笑顔。

凄くよく撮れたからと送ってくれたのだが、この笑顔が見られるのなら大概のことはしてしまう。

どんなに腕が痛くなっても、太ももやケツの筋が切れそうでも、せがまれるままにジェットコースター抱っこをしてしまうんだなあ・・・

今朝も暑いし、体調があまりよくなかったが、この笑顔を見ていたらシャキッとしてきた。

今日のスクラップは2008年9月から。

多分2009年2月辺りまでやってしまうだろう。

それから、他の人のブログで知ったのだが、小橋 建太選手が結婚か?!というニュースが流れているとか。

お相手の女性は何となく一般人かと思っていたが演歌歌手で、自身のブログで「秋に結婚する」と発表していた。

プロレスファンの俺としては小橋選手の口から発表されるまでは騒がないでいようと思うのだが、こんなめでたいことが騒がずにいられるかという話である。

付き合ってから14年というのはちょっと長すぎるような気がするが、愛には色んな形があるものだし。

今日は何だかそわそわして過ごしそうだニャ[:i:%F9%91:黒いハート:]
[Web全体に公開]
| この記事のURL

5件中 1~5件目を表示


1