明日は第101回全国高校野球選手権大会の決勝です。令和初の決勝に、生駒ボーイズ13期生OBの池田凛選手がその夢の舞台に立ちます。



それも準決勝で先制タイムリーを含む活躍で、ABCの実況によると、明石商業の狭間監督は一番の桃谷選手ももちろん警戒だが、2番の池田選手も要注意と言わしめる活躍を大会を通じてしてくれています。









生駒ボーイズのOBで決勝に進んだのは、2012年の春夏連覇を達成した6期生OBの笠松悠哉選手(大阪桐蔭〜立教大〜ヤマハ)以来です。


http://spora.jp/ibc/posts/366939


笠松選手もセンバツでは2年生で大谷翔平投手から逆転タイムリーを打って優勝に貢献したように、星稜の奥川投手を打ち崩して、履正社の初優勝を掴んでください。









春には最後の17個目の三球三振を喫しましたが、そのリベンジを最後の舞台で果たしてください。


https://twitter.com/SenbatsuLIVE/status/1111621784292462594


頑張れ!池田凛!

[Web全体に公開]
| この記事のURL

第101回全国高校野球選手権大会の準々決勝が行われました。

第1試合では、生駒ボーイズ12期生OBの丸山選手がメンバーの八戸学院光星高校は明石商業高校と対戦しましたが、6-7で7年ぶりのベスト4を逃しました。


第4試合では生駒ボーイズ13期生OBの池田凛選手が2番セカンドで出場した履正社高校は関東第一高校と対戦し、池田選手は2点目のタイムリーを打ち、2得点と履正社初の夏のベスト4進出に大きく貢献しました。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

第101回全国高校野球選手権大会の2回戦が行われました。

8月12日に生駒ボーイズ12期生OBの田中晴輝が7番セカンドで先発する智弁学園(奈良)と1回戦を勝ち上がった12期生OBの丸山雄哉がメンバー入りの八戸学院光星(青森)が激突しました。







結果は10対8で八戸学院光星が勝ちましたが、田中選手はフル出場し、甲子園に足跡を残していってくれました。特に奈良大会での活躍は智弁学園を甲子園に導いたキーマンであったことは間違いなく、胸を張って次のステージに進んでほしいと思います。


https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/sensyuken/2019/score/score.html?game_id=20191343044&fbclid=IwAR01zm-iBTfC-SQyV3VqTEo3VkUuZvpTtKFo-_zr0FPjBArzbSeuKmDoHAQ

https://www.baseballchannel.jp/etc/69645/?fbclid=IwAR2XNV_mp5t1E38fP9VfZ_cEX_Olxvw-IQTcOBEJDJqLJyetFcCY3YigZfo


また13期生OBの池田 凜が2番セカンドで先発出場した履正社(大阪)は、津田学園(三重)に7対3で勝ちました。



https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/sensyuken/2019/score/score.html?game_id=20198709200&fbclid=IwAR19gJFCjM6SByzYEAXvb3g4QWS_RS92eklzVsvdq5jLFgOOVMgtwulKGRo

ベスト8をかけた戦いは、八戸学院光星は8月16日の第4試合に海星(長崎)と、履正社は8月17日の第1試合に高岡商業(富山)と対戦します。

[Web全体に公開]
| この記事のURL

8月6日から第101回全国高校野球選手権大会が始まりました。

生駒ボーイズから令和初の入場行進で甲子園の土を踏んだのは以下の5名です。



八戸学院光星(青森)

  丸山雄哉(12期生)
石見智翠館(島根)
  東田大輝(12期生)
智弁学園(奈良)
  田中晴輝(12期生)
履正社(大阪)
  池田 凜(13期生)
花咲徳栄(埼玉)
  井上朋也(13期生)





















そして初日の初戦で試合があったのは八戸学院光星の丸山選手でしたが、見事に校歌を歌うことができました。



2回戦は田中選手がセカンドでスタメン出場が予想される智辯学園との対決となりました。


そして第3試合では東田大輝選手が途中出場で見事甲子園初打席で初安打を打つことができました。残念ながら最後のバッターにもなってしまいましたが、しっかりとみんなの記憶に残る活躍を見せてくれました。





https://www.asahi.com/amp/articles/ASM866HDNM86PTIL039.html?__twitter_impression=true



https://twitter.com/asahi_koshien/status/1158677240596484096?s=12&fbclid=IwAR1cbC7hwAsJLiqY78_iKFxCgWSdKSn216ksBg7y-7X_YSEnYa2N9knLHCM

2日目には池田選手が二塁打を含む2安打を打ち、チームの勝利に貢献しました。





11日には花咲徳栄で4番を担う井上選手がセンバツベスト4の明石商業と対戦します。


日曜日ということもありますので、チームで応援に行きたいと思います。


頑張れ!井上朋也!

頑張れ!生駒ボーイズのOBたち!

[Web全体に公開]
| この記事のURL

生駒ボーイズOB所属の第101回記念全国高校野球選手権大会地方大会の結果です。

【甲子園出場】
 履正社(大阪)
  【出】池田 凜(13期生)



 智弁学園(奈良)
  【出】田中晴輝(12期生)
     岡島光星(14期生)



 花咲徳栄(埼玉)
  【出】井上朋也(13期生)
     西村航世(14期生)



 八戸学院光星(青森)

  【出】丸山雄哉(12期生)
     和田大和(12期生)
     吉村隼人(13期生)
     松本 翔(14期生)




 石見智翠館(島根)
  【出】東田大輝(12期生)
     永島廉二郎(12期生)
     平井将生(13期生)
     寺川翔馬(13期生)
     山口騎虎(14期生) 



 近江(滋賀)

     古澤  侑(12期生)


 
6校が勝ち上がり、5名の選手が甲子園の土を踏みます。
夢の甲子園を存分に楽しんでください。


そして、夢叶わなかった選手たちも、次のステップへ向けて頑張ってください。


生駒ボーイズでの活躍がゴールではなく、高校・大学・社会人、そしてプロで活躍することがゴールだということを思って現役の選手には日々精進してもらいたいと思います。

夢の舞台に向かって今から新たな戦いに向けて頑張ってください。
がんばれ!生駒ボーイズのOBたち。


【準優勝】

 東海大甲府(山梨)
 鳥取城北(鳥取)


【ベスト4】

 東海大仰星(大阪)
 近大付(大阪)
 福井工大福井(福井)
 尽誠学園(香川)
 明豊(大分)


【ベスト8】

 天理(奈良)
 福知山成美(京都)
 酒田南(山形)


【5回戦】

 上宮太子(大阪)


【4回戦】

 慶應(神奈川)
 明星(大阪)
 大冠(大阪)
 明秀日立(茨城)


【3回戦】

 報徳学園(兵庫)
 早稲田摂陵(大阪)
 済美(愛媛)


【2回戦】

 佐久長聖(長野)
 健大高崎(群馬)
 比叡山(滋賀)
 汎愛(大阪)
 奈良北(奈良)
 和歌山南陵(和歌山)
 島根中央(島根)
 柳ヶ浦(大分)


【1回戦】

 興国(大阪)
 島原中央(長崎)

[Web全体に公開]
| この記事のURL

320件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>