【田中浩康カップ】
田中浩康カップは、ヤクルトスワローズの田中浩康選手によって企画・開催されている大会です。野球を通して少年少女たちが、より多くの仲間と出会い、交流を深め心身のバランスのとれた良き社会人として成長できるよう、そして生涯にわたってスポーツを愛好し、周りの人への感謝の気持ちをいつまでも大切にすることを目的としています。
 
<田中浩康プロフィール>
高校時代は尽誠学園高等学校で二塁手として活躍。1年、2年時に全国高等学校野球選手権大会に出場した。早稲田大学入学後、1年春から二塁のレギュラーに定着。六大学リーグ戦の全試合に出場し「鉄人」とも言われた。3年秋にベストナイン獲得。
2004年のドラフトで、ヤクルトスワローズが自由獲得枠で獲得し入団。2007年ベストナイン受賞。2009年は38犠打でリーグ最多犠打を記録。また守備率.996は2年連続二塁手部門でリーグ最高であった。2010年は、自身初となる打率3割を達成した。

[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・大会競技規則
2011年11月22日  [Web全体に公開]
・大会概要
2011年11月22日  [Web全体に公開]
【閲覧中】田中浩康カップ
2011年11月21日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。