超久しぶりにブログを更新!

KAIENTAI DOJO年間最大の大会と行っても過言ではない、4/12(日)KAIENTAI DOJO13周年記念後楽園ホール大会に向けての、気合いの現れだと思ってくれてもいいかな。

さて、この大会での自分のカードは、

KAIENTAI DOJOイズム継承マッチ

TAKAみちのくVSヒロ・トウナイ

果たして、KAIENTAI DOJOイズムとはなんぞや?
代表いわく、無駄な技を減らし、頭から落とすような危険な技をせず、ロープワークや無駄なフォール、打撃すらも極力削りとった、一点集中で試合を構築し、自らの必殺技一発で勝利する試合がKAIENTAI DOJOイズムらしい。

これまで代表は、吉野コータロー、洞口 義浩、本田 アユムの三人と戦い、このイズムを継承してきたみたいや。

しかし、自分にその必要はない。

自分は、KAIENTAI DOJOイズムだけを磨いて来た。
逆に言うと、自分はこれしか無かった。

自分には、際立ったパワーもない、スピードもない。
鋼のような肉体も無ければ、誰もが驚く身体能力もない。
ただ一つあったのが、柔道で培った、腕関節技のみだった。

だからそれをひたすら磨き、アームキラーと呼んで貰えるようになるまで研磨し続けた。

その結果が、自分の今のスタイル。
別に、KAIENTAI DOJOイズムを目指した訳じゃない。
これしか出来ないからこれをしてきた。
ただそれだけだ。

今の自分が、このスタイルで評価されているのであれば、それはKAIENTAI DOJOイズムのお陰かもしれない。
代表が提唱したKAIENTAI DOJOイズムを学び、それで戦って来たから今のヒロ・トウナイがある。
だから、代表には感謝している。

その感謝を返すにはどうすればいい?

プロレスラーの恩返しは一つしかない。

その人を越えることや。

その人に勝って、その人を越える。
これ以外に、代表に恩返しする方法はない。

何度か代表とはシングルで戦い、代表の口からも「KAIENTAI DOJOイズムを体現する男」と言わしめたらしい(パンフレットに、そんな感じのことが書かれていた)。

だから、今さら自分と代表で、KAIENTAI DOJOイズムとは何だ?って話は必要無い。
では、自分はKAIENTAI DOJOイズムを継承しているのか?

まだだ。

何が足りない?

それも、代表に勝利することや。
代表が提唱するKAIENTAI DOJOイズムで戦い、その上でそれを越えることこそが、自分の中のKAIENTAI DOJOイズム継承。

だから今度こそ代表に勝つ!

自分の中のKAIENTAI DOJOイズムで、代表のKAIENTAI DOJOイズムを越える!

後楽園ホールという最高の舞台で、代表越え、果たさせて貰います!
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・次は名古屋
2015年03月14日  [Web全体に公開]
・K-3000とNAGOYA
2015年03月13日  [Web全体に公開]
【閲覧中】TAKAみちのく戦
2015年03月12日  [Web全体に公開]
・サバイバー
2014年10月17日  [Web全体に公開]
・次期挑戦者
2014年10月16日  [Web全体に公開]

1件のコメント


  1. byはなちゃん on 2015年3月20日 @6時48分

    これは行かなきゃ!!
ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。