レギュラーシーズンが終了。今季限りでの引退を表明していたレイカーズのコービー・ブライアント(37)が、ホームのグリズリーズ戦で現役ラストマッチに臨み、60点を記録した。試合は101-96で劇的な逆転勝ちを収めた。

 20年間のキャリア最後となる試合は一進一退の攻防。コービーは現役ラストマッチと思えないほどスタートから飛ばし、前半は22点。試合が進むに従って得点感覚が冴え、25回目(史上3位)の50点オーバーを記録。勝利を決定づけるフリースローを2本決め、60点の大台に乗せた。歓声と拍手の中、残り4・1秒でベンチに下がった。現地メディアによれば60点を挙げた最高年齢記録だったという。

[Web全体に公開]
| この記事のURL
2004年アテネ五輪の体操男子団体総合で金メダルを獲得した日本代表メンバーの塚原直也(38)(朝日生命)が11日、現役を引退することを明らかにした。

 13年に豪州国籍を取得した塚原は、リオデジャネイロ五輪最終予選に出場する豪州代表選考会で落選し、リオ五輪出場を逃しており、「リオがダメだったし、指導にも興味があり、引退を決めた」と話した。

 塚原は1996年アトランタ大会から3大会連続で五輪に出場するなど、日本の体操を長年引っ張った。アテネでは76年モントリオール大会以来となる日本の団体金メダルに貢献。父の光男さん(68)も金メダルを獲得しており、親子二代で体操の五輪金メダリストとなった。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
阪神・藤浪晋太郎投手(21)が、2軍の開幕投手を務める可能性が2日、浮上した。4年目右腕は開幕2カード目の初戦、29日のヤクルト戦(神宮)で今 季初登板を迎えることが決定的。ここを逆算して行う3度の調整登板のひとつが、偶然にも掛布雅之2軍監督(60)の初陣となる15日のウエスタン・リーグ 開幕戦(中日戦=鳴尾浜)に重なりそうだ。

 藤浪はこの日、甲子園でキャッチボールやシートノックを行った後、室内に移動し打撃練習やウェートトレで汗を流した。2月28日の紅白戦(宜野座)で4 回を投げており、次回は中5日なら5日のロッテ戦(甲子園)、中6日なら6日の巨人戦(同)。しかし、この日は中6日以内で登板する際のルーチンであるラ ンニング系メニューを行わなかったため、登板間隔は中7日以上になるとみられる
[Web全体に公開]
| この記事のURL
[3日 ロイター] - 米プロバスケットボール協会(NBA)は3日、各地で試合を行い、スパーズはペリカンズに94─86で競り勝ち、7連勝とした。

スパーズはクワイ・レナードがスリーポイントシュート6本成功を含む30得点、11リバウンド、ラマーカス・オルドリッジが26得点。ペリカンズではアン ソニー・デービスが17得点、13リバウンド、エリック・ゴードンが23得点を挙げたが、終盤のリードを守りきれず3連敗となった。

ヒートはサンズを108─92で退け、キングスはマーベリックスを104─101で破った。
[Web全体に公開]
| この記事のURL
セレナはグランドスラムで21勝。昨年の9月中旬以来、1大会しかプレーしておらず、全米オープンの準決勝で敗れたあとの秋のシーズンは様々な故障からの回復に費やした。さらに、ここ2大会は病気で欠場していた。

 だが、世界ナンバーワンのセレナは、その1大会の全豪オープンでも決勝で第7シードのアンジェリック・ケルバー(ドイツ)にまさかの敗戦を喫するまでは圧倒的な力を見せつけていた。

「オーストラリアには準備を整えて臨んでいた」と、セレナは来週、ニューヨークのマディソン・スクエアガーデンで開催されるカロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)とのエキシビションマッチを前に電話インタビューに答えている。

「今日も、明日も準備はできている。そして、火曜日の試合にも準備ができているのは間違いないわ」とセレナは話している。

 セレナは自分の温度が「華氏120度(約摂氏48.8度)よ」とジョークで答えている。彼女はここ最近はインフルエンザに苦しんでいて練習もしばらくできない状態だったが、大した影響はないのだという。セレナは来週末のインディアンウェルズで公式戦に復帰する予定だ。

「これは自分のフィジカルがどこまでの状態かを感じる大きなチャンスだと思っている」とエキシビションマッチに向けて話したセレナ。「今のところはとてもいい調子よ」。

 今年の彼女はウィンブルドンと全米オープンの合間に開催されるリオデジャネイロ五輪に向けて、フレッシュな状態を保つためにスケジュールを絞っているの だという。セレナはさらに単複の金メダルの獲得数を増やす予定だ。「絶対に不可能だとは思わない」と話した彼女はミックスダブルスへのエントリーも考えて いるというが、パートナーはまだ決まっていないと話している。

 また、ブラジルで流行中のジカ熱についても「気をつけたいと思っている」としつつ、「もう少しよく知った状態で行きたい」と話している。

 エキシビションマッチでは、まずガエル・モンフィス(フランス)とスタン・ワウリンカ(スイス)が対戦し、火曜日の夜にセレナとウォズニアッキが登場する予定になっている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)
[Web全体に公開]
| この記事のURL

29件中 1~5件目を表示


1 2 3 4 5 6 >>