県総体を終えて

初めての県総体では、自分のメンタルの弱さと自信のなさを改めて感じました。
緊張で、自分のテニスをすることが出来ず縮こまってしまい、目標であったベスト8に入ることが出来ませんでした。
自分が、今までしてきた練習は自分から前につめていき展開をし、ポイントを取りにいくということをしてきました。
ですが、試合では放つ全てのボールに自信がなく振り切るという事もそこから展開をしていくということも出来ませんでした。
勝ちたいという気持ちに自分自身がついて行くことが出来ず攻めに行くということをせず受け身になってしまい、大切なポイントなどで自分から攻めにいかずにただ繋ぐだけでそこからミスを何回もしてしまうという悪循環でした。
これは日頃の練習でどれだけ緊張感を持ち基本を忠実にしているかという事が関わってくると思います。どんな練習でも試合を意識するだけで質も変わってくるし、試合の中でのプレーにも影響してくると思います。
今回の試合でメンタル面などにおいて自分の弱さがよくわかりました。これが今の実力ということがわかりました。
自分は何をしたいのか何をしに高校に来たのかを思い出し、日頃から緊張感を持って練習に取り組んで行き自信を持てるようにしていきたいです。
また、今テニスができているのはあたり前のことではないので、いつも支えてくれている親、指導してくださる先生方に感謝しながら、これからも努力してきいます。

1年 古長果歩
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・【県総体を終えて 秦芽生】
2020年08月16日  [Web全体に公開]
・【県総体を終えて 野口愛菜】
2020年08月15日  [Web全体に公開]
【閲覧中】【県総体を終えて 古長果歩】
2020年08月14日  [Web全体に公開]
・【県総体を終えて 上野彩心】
2020年08月13日  [Web全体に公開]