インターハイを終えて

自分は初めてのインターハイを終えて、いろんなことを感じ、学ぶことが出来ました。
やはり、インターハイは会場全体が県総体や九州総体とは違う雰囲気で、すごくピリピリしているように感じました。団体戦の決勝を見ていても、九州総体よりも試合のレベルが高くて応援している人もコートに立って試合をしている人も、とにかく「チームのために勝つ」という気持ちで戦っていて、その気持ちを声に出してコートの上で自分なりに表現していて、全員の本気さが伝わってきました。そして、もし自分がこの立場に立って試合をして自分にかかったらと考えると正直勝てる自信がなくて少し怖くなりました。だからこれからは、そういうメンタル面をしっかり鍛えてプレッシャーがある中で、自分の普段のプレーをできるようにしていきたいです。そして、来年は自分たちがこの立場に立って戦っていかないといけないと改めて思ったので先輩方を超えれるように普段の練習から試合の意識を高く持って取り組みたいです。
個人戦を見ていて感じたことは、どの選手も応援したくなるような試合をしているということです。だから自分も見ていて応援したいと思えるような試合ができるようになりたいと思いました。なので、今回のインターハイで学んだたくさんのことを頭の中に入れて練習していきます。
そして、支えて下さっているたくさんの人に感謝しながら来年のインターハイでメンバーに入って戦えるようにこれからも日々努力していきます。

1年 姫野 凜
[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・第34回大分県私立高等学校体育大会
2019年08月22日  [Web全体に公開]
【閲覧中】【インターハイを終えて 姫野凜】
2019年08月21日  [Web全体に公開]
・【インターハイを終えて 内田詩乃】
2019年08月20日  [Web全体に公開]
・【インターハイを終えて 臺百華】
2019年08月19日  [Web全体に公開]