三年間を振り返って



福徳学院に入学して私は、色々な経験をして多くの事を学びました。私は、ジュニアからテニスを初めていましたが、福徳テニス部に入って初めて「努力する」ということがどういうことかを知りました。与えられたことだけでなく、自分で積極的に取り組むことです。だけどなかなか結果が出なくて、自分に負けたこともありました。

でもそんな時、先生からのアドバイスや親からの言葉、そして仲間の存在が、私にとってとても大きな支えでした。だから3年間乗り越えてこれたのだと思います。私は、努力してたとえ結果が出なくても、どこかで自分のためになっていると思っています。1年生の時の「全国ベスト8」はとても大きな自信につながりました。緊張感のある毎日の厳しい練習。それをみんなで団結して、1つの目標に向かって支えあいながら取り組んできました。色々な場所へ遠征に連れていってくれた先生や大分県の先生方、サポートして下さったトレーナーや家族のみんな。たくさんの人の支えがあってからこその、「全国ベスト8」だと本当に思います。目標を達成できて、とても嬉しかったです。

それから私達が引っ張っていく立場になり、先輩という大変さを痛感しました。キャプテンを中心に、自分たちのカラーをつくろうと、みんなで力を合わせて頑張ってきました。たくさんぶつかり合ったし、みんな辛い思いをしてきました。それでも最後まで諦めずに、チームみんなで支え合って目標に向かって戦ってきました。思うような結果は出せなかったけど、福徳学院に入って、福徳仲間と一緒に練習をしてきたこと、嬉しかったり悔しかったり、きつかったり楽しかったり、色々な想いをみんなとできて本当に良かったです。

先生には、テニスの事だけでなく、学校生活や部活の厳しさなど、様々な事を教えてもらいました。テニスの楽しさや、団体行動という意味、そして「感謝」や「謙虚」な気持ち。始めの頃は部活は初めで、部活というのがどういうものなのか、全くわからなかったけど、色々な人に沢山、迷惑をかけたり、支えてもらったりして、それを感じることができました。こういう想いを出来たのは、1人では絶対に出来ないことです。親や先生、仲間がいたからこそ経験できたことだと思います。辛い事もたくさんあったけど、こういう経験をさせてくれたみんなに感謝して、この経験を絶対に無駄にしないように、これから進んで行きたいと思います。そして、福徳学院に入って出会えた方々の出会いに感謝して、その出会いをこれからも大切にしていきたいです。

3年間本当にありがとうございました。怪我を治して早く復帰出来るように、大学でもこの3年間の経験を生かして頑張りたいと思います。

最後に福徳学院に入って本当に良かったです。

牛尾 友理香


[Web全体に公開]
この記事の前後の記事(新着順)
・三年間を振り返って
2011年02月26日  [Web全体に公開]
・三年間を振り返って
2011年02月25日  [Web全体に公開]
【閲覧中】三年間を振り返って
2011年02月24日  [Web全体に公開]
・三年間を振り返って
2011年02月23日  [Web全体に公開]
・三年間を振り返って
2011年02月22日  [Web全体に公開]

0件のコメント

ゲスト さんとしてコメントする

お名前:
コメント:
パスワード:

※この記事へのコメントはWeb全体に公開されます。