「県総体・九州総体を終えて」

自分たち3年生にとっては最後となる県総体、九州総体が終わりました。自分の県総体での目標は団体戦・個人戦ともに優勝してインターハイへ行くことでした。結果は団体戦は優勝出来ましたが個人戦は3位という結果でした。自分はこの結果を踏まえて「やってきて良かった」と胸を張って言えます。それは、ここに来るまでにたくさん悩み、沢山の苦しい思いや辛い思いもしてたくさんの人に迷惑をかけながらも支えてもらう中で自分が尽くせる精一杯を尽くせたと思うからです。ですが、優勝できるチャンスが無かった訳ではありません。準決勝の試合で最後2ポイントを取れば決勝に行けるという所で「絶対勝ってやる」という思いよりも「サーブが入らなかったらどうしよう」という不安な気持ちの方が上回ってしまいリードしていたのにも関わらずサーブから崩れていってしまい逆転されてしまいました。サーブや中に入って打っていくという、普段から先生に言われている細かい部分の差で最後の最後はインターハイを逃してしまいました。結果からいうと目標には届きませんでしたが、九州ジュニアの予選後からここまでの2ヶ月間は中に入って打つ事を練習の中から徹底してやってきて中に入って高い打点で打てるようになる事でポイントも取りやすくなり、そしてどんな状況でも相手を見る事、少し考え方を変えるだけで見え方も変わると毎日の練習の中でそう思えるようになりました。この県総体にかける思いは今までとは違いテニスだけではなく普段の生活面のあまりテニスに関係していないような部分を自分の中で意識して過ごしてきました。例えばゴミが落ちてたら絶対拾うとか、部屋を常に綺麗にしておくとか、家事を率先して行うとか、自分以外の周りに目を向ける事で自分の足りない所が見えてくる様になり試合の中でも自分の中に余裕が生まれるようになりました。九州総体では団体戦は2回戦、個人シングルスは3回戦で敗退してしまいましたがその中でも収穫は沢山あったと思います。自分がいつも相手を上に見ているだけで、自分よりも上の選手とやり合える力が自分に付いてきているという事、そしてそんな選手にも勝つチャンスが合ったという事です。"相手は強い"そんな自分の考えだけで相手を見て引くんじゃなくて一選手として対等に向き合う事で相手の事が見えて来ると思うので、団体戦は自分に回ってくる時は必ず1-1のプレッシャーのかかる場面なのでその中で皆が安心して「詩乃になら任せられる」と思ってもらえる様に、そして自分の役割をしっかり最後まで果たせる様に、しっかり視野を広くして戦います。上のレベルの選手との差を縮めるだけでは全国ベスト8の目標は達成する事は出来ません。縮めてそこから追い越す為にインターハイまでの残された少ない時間の中で練習をする上で限りなく無駄を無くして細かい所からしっかり試合を意識して最後まで自分の意思がぶれることなく突き進みます。目標を達成することはもちろんここまで頑張ってきた自分の為、そして支えてくれた地域の方々、そして先生、両親の「笑顔」を見れる様に精一杯頑張るので応援よろしくお願いします。

3年 内田 詩乃
[Web全体に公開]
| この記事のURL
【組合せ】
頑張れ!卒業生!

頑張れ!大分県!




[Web全体に公開]
| この記事のURL


県総体・九州大会を終えて

高校入って初めての全国に繋がる大会に出場しました。
緊張し、自分のテニスが出来るかとても不安な気持ちでした。目標であった、シングルス・ダブルス、ベスト4にはとどきませんでした。
シングルスでは、先輩と戦うことになり、少し怖い気持ちと自分の気持ちに負けてしまっている部分がプレーに出てしまいました。
先輩方は、最後の試合であり、今まで積み上げてきた努力や3年間頑張ってきた気持ちがプレーに出ており、自分より「勝ちたい」と言う気持ちが強かったです。
その気持ちの部分から自分は成長していかないといけないと思いました。
ダブルスでは、他校の3年生とあたり自分達の方が守るプレーになっておりシングルスと一緒で、気持ちの部分が負けていました。
九州総体では、県総体と雰囲気が違い、初めてこの空気を味わうことが出来ました。
先輩方がこれまで頑張ってきた事をプレーに発揮しており、自分が九州総体に出場した時、胸を張ってコートに立てるようになりたいと思いました。
また、今、テニスが出来ているのは親のおかげであり、先生や先輩、同級生のおかげだと思うので感謝の気持ちを忘れずにこれからも頑張っていきたいと思います。

1年 秦 芽生
[Web全体に公開]
| この記事のURL
【今後の日程】

6月26日(水)
第1回体験入学申込締切


6月27日(木)~7月2日(火)
期末考査


7月6日(土)
第1回体験入学


7月6日(土)
国民体育大会一次予選
会場 大分市営駄ノ原テニスコート


7月11日(木)~
九州ジュニアテニス選手権大会
会場 KIRISHIMAヤマザクラ県総合運動公園テニスコート



[Web全体に公開]
| この記事のURL

県総体・九州総体を終えて

県総体・九州総体を終えて、改めて自分の詰めの甘さを感じました。
団体戦では、8で鳳凰と戦い、デュースまではいくのにあとの2ポイントが取れず、最終的に3-8という結果でした。あと1ポイント、1球が足りないということをすごく感じました。普段の基本練、クロスラリーなど、最後雑になるところがあり、そこが試合に大きく出ました。そこで、雑になるのか丁寧に最後までするのか、試合を想定すると必ず丁寧になるはずです。インターハイまでに、その自分の詰めの甘さを改善していき、チームの為に、勝利をしていきたいです。
そして、今年は宮崎でインターハイがあるということで、チーム全員が応援にきてくれると思います。そこで、全員がどこまでまとまり良いチームになれるかもすごく重要になってくると思います。1人1人がチームの一員であることを常に考え、全員でまとまっていきたいです。
個人戦では、県総体で4に入れるチャンスはあったのに、そのチャンスを掴み取れませんでした。九州ジュニアのときも、4に入りましたがそこからは1勝も出来ず、県総体と似たような結果になっています。自分の目標は、県ではなく九州、全国で結果を残すことなので、もっと上を目標にしてこれから練習に取り組んでいきます。
そして、技術だけを磨いていくのではなく、私生活のなにかを変えていくことで自分は成長出来るのかなと思います。
例えば、自分が小学生のときから継続して出来ているものが、ストレッチです。これだけ継続出来ているものが1つあるので、もっと体幹を鍛えたりなど、少しずつ継続出来るものを増やして自信に変えていきたいです。
今ある環境は決して当たり前ではないこと。
自分は学校に行っているのではなく行かせてもらっている、親への感謝。日々自分を成長させてくださっているチーム、先生への感謝。いつも応援してくださっている周りの方々への感謝。その気持ちを常に忘れることなくインターハイに向けて無駄な時間を過ごさないようにしていきたいと思います。

2年 臺 百華
[Web全体に公開]
| この記事のURL

4184件中 26~30件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>