県総体、九州総体を終えて

最後の県総体、九州総体が終わりました。
今大会は、県総体ではもちろん九州でも三冠を狙おうという、強い気持ちを持って挑みました。
県総体では、今まで上を目指してきた分、絶対に負けられないというプレッシャーと、インターハイに絶対いきたいという気持ちがぶつかり、不安ばかりでした。でも「自分の目標は県ではない。全国の舞台でどこまで勝ちあがれるか。」という思いで戦うことができ、無理のないプレーを徹底し、三冠を達成することができました。
九州総体では、ベスト4以上を目標にやってきました。今までの九州大会で、ベスト8止まりでなかなか4つに入ることができず、今度こそという思いでした。しかし、当日、痛みとの戦い。コンディションは良くない状態でコートに立ちました。もちろん簡単に勝てる相手ではない中で、自分の力を最大限に出せなかったことは悔しい思いとして残った部分でもありました。でも、コンディションも全て含めてそれが自分の今の実力です。ただ実力がそこまで及んでなかったということ。実際に、団体での沖尚との試合でも、全くやれてなかったわけでは無いということも事実です。だからこそ、自分のやるべきことは決まっています。
次は九州ジュニア、そしてインターハイです。
負けて泣くのは簡単だけれど、今までもそういう思いはたくさんしてきました。もう、そんな思いはしたくない。勝って、嬉し涙でこの3年間を終わりたいと思っています。集大成となる最後の大会も近づいてきました。もちろん不安ももっとでてくると思います。でも「No. 1としてのプレッシャーはある。しかしそれもNo. 1だからこそ味わえる楽しさ」という先生からの言葉を胸に、今までやってきたこと、そして、何よりもテニスが大好きと言えるようになった自分に自信を持ち、楽しくこの3年間の集大成となる大会を戦い抜きたいと思います。
誰になんと言われても、ブレることなく広い心を持ち、自分のやるべきことを最後までやり遂げようと思います。「謙虚」な心「感謝」をする気持ちを忘れず、1日1日を精一杯生きていこうと思います。
そして、今まで支え、応援してくださった方々に恩返しができるよう日々精進していこうと思います。
これからも福徳学院を応援よろしくお願いします。

3年 中島つぐみ
[Web全体に公開]
| この記事のURL

県大会・九州大会を終えて
自分の県大会の目標は、ベスト16でした。
けれど、結果は3回戦で上野丘高校の笠原さんに負け、ベスト16に入ることは出来ませんでした。正直、2回戦までとても調子が良く、自信をもって試合に臨みました。けれど、結果は0-6。自分の詰めの甘さが分かりました。1ゲームも取れず、ポイントを取ることすら難しかったです。試合が終わり、とても悔しくて、すごく落ち込みました。でも、こんなところで落ち込んでられない、この悔しさを生かしてもっと強くなりたい、と思いました。自分は少しずつつだけど成長出来ている。絶対に下手にはなっていない。と、思えた試合でもありました。
九州大会に応援にいき、改めて九州のレベルを知りました。自分はまだまだだと思いました。今の自分と比べて、自分と何が違うのか、何が足りないかを勉強しました。そして、ゲームの作り方や、その人の良いところを見て、学びました。九州で戦えるようになるには、このレベルは絶対にいかないといけないと思いました。
さらに、全国で戦えるようになるには、もっともっと上のレベルにいかないといけません。
入学して2ヶ月が経った今、改めて自分のレベルと、九州、全国のレベルを知りました。
自分の目標は、全国で戦える選手になることです。まだまだですが、この目標を、常に忘れずに日々練習に励んでいこうと思います。
応援よろしくお願いします。

1年 臺百華



[Web全体に公開]
| この記事のURL
【組合せ】


[Web全体に公開]
| この記事のURL
【福井国体 大分県選手選考会】

日程 

一次選考会
7月7日

最終選考会
7月23日


会場
大分市営駄ノ原テニスコート



出場者

中島つぐみ(最終選考会より)

臺涼華

河野海来

河合歩


[Web全体に公開]
| この記事のURL
県総体、九州総体を終えて
自分にとって2度目の県総体が終わりました。
自分はシングルスがベスト16、ダブルスが5位という悔しい結果に終わりました。
シングルスでは、練習でやってきたことがいつも以上に出せた試合でした。でも、自分のシードより上に行くことができず、悔しい結果に終わりました。内容は良かったのに勝てなかったのは、取れるポイントを確実に取ることができなかったことと、大事なポイントで攻めていけないメンタルの弱さが原因だと思います。こうやってプレッシャーに負けてしまうのは、日頃の練習からプレッシャーをかけれていないからだと思います。試合で実力を出すには、高い意識を持って、自分にプレッシャーをかけて練習しなければならないと思いました。ダブルスでは、ももかを引っ張っていくようなプレーをすることなっができませんでした。せっかく勝てるチャンスがあったのにそれを自分で壊してしまいました。

団体戦では、メンバーに入ることができず、とても悔しい思いでした。でも、それが実力だと割り切って、メンバーのサポートと応援を全力でしチームの一員として役割を果たすことができました。
県総体では、優勝することができ、チーム全員で勝ちを掴み取ることができたと思います。
九州総体では、2回戦で負けてしまい悔しさと、九州の凄さを感じました。応援だったけど長崎の会場に行くことができ、沢山のことを学ぶことができました。

この1年間福徳学院でやってきて周りはどんどん強くなっているのに、自分だけが取り残されているような気がして自信がどんどんなくなっていて、団体のメンバーにも選ばれず、悔しくてたまりませんでした。今までと同じやり方では強くなれないと思いました。だから、これからは気持ちを入れ替えて、どうやったら勝てるのかを考えて練習していきます。練習ができることや支えて下さる方に感謝して、これからの練習に励みたいと思います。

2年 河合 歩
[Web全体に公開]
| この記事のURL

3771件中 21~25件目を表示


<< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>